ベイビーレイズJAPAN、結成6周年ライブで“限界を超えた”  2,500人の観客を魅了 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. ベイビーレイズJAPAN、結成6周年ライブで“限界を超えた”  2,500人の観客を魅了

ベイビーレイズJAPAN、結成6周年ライブで“限界を超えた”  2,500人の観客を魅了

5人組アイドルユニット「ベイビーレイズJAPAN」が、2018年5月6日(日)に日比谷野外大音楽堂にて『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』を開催し、集まった2,500人の観客を前に、ライブタイトルにふさわしく”限界を超えた”パフォーマンスを繰り広げた。

同グループのワンマンライブは、昨年12月28日(木)に新木場STUDIO COASTにて開催した『EMOTIONAL IDOROCK FES.2017~僕らはここにいる!~<THE BRJ SUPER LIVE>』ぶりのことで、2018年は初開催となった。また、日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを開催するのは、2014年、2017年に続いて3回目。

快晴に恵まれた中、初披露の白い衣装で登場したメンバーは、林愛夏の「日比谷行くぞ!」という掛け声から『ベイビーレイズ』が流れ出すと、「待ってました!」とばかりに客席のテンションが急上昇し、デビュー当時の自己紹介ソング『Level1』に、コールアンドレスポンスが白熱。

オープニングから40分MCなしで駆け抜けた後、大矢梨華子が「暑さの限界を超えてますが、皆さん大丈夫でしょうか?」と観客に問いかけ、当日はベビレの結成日であることにも触れると、林が「今日は最高の1日にしたいです!」と意気込んだ。

今回が3度目の日比谷野音ということで、過去2回のライブの思い出を語り合う場面も見られた。「昨年の日比谷で衣装を取り違えてしまった」という傳谷英里香と渡邊璃生、高見奈央は「昨年のリハーサル中に春雨スープをこぼして、太ももに大火傷を追ってしまった」というエピソードを明かした。

終盤、アンセム曲として人気の『僕らはここにいる』で完全燃焼しても鳴り止まないアンコールに応えて再び登場した5人は、『栄光サンライズ』を熱唱した。傳谷が「楽しい時間ってあっという間だけど、ここにいる皆さんの心に灯り続けますように」と語りかけた後、『スパイラル』で会場全体をあたたかく包み、最後は『FOREVER MY FRIEND』で“限界”の向こう側の景色を見せてくれた。

結成6年を迎えた彼女たちの勢いはとどまることを知らないようだ。

Information

『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』
《開催日時》2018年5月6日(日)16:00開場、17:00開演
《会場》日比谷野外大音楽堂

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM