cinema

ダントツで1番?池松壮亮、東出昌大の素性解析に自信あり

DEATHNOTE_gw001

製作が発表されてから今か今かとファンが待ちわびる中、ついに映画『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)より公開!

その始まりは誰もが知る伝説的コミック「デスノート」からだった。衝撃的にスリリングな設定と観るものを魅了するキャラクターたち。この物語は実写ドラマ、映画、舞台など様々なメディアで展開し、唯一無二な人気を博した。そしてこの秋、映画『デスノート』誕生から10年目となる記念すべき年に“正統な続編”として再び歴史が動き出す。

デスノートの数は“6冊”。事件解決の為、ノート封印へと向かうデスノート対策本部捜査官の三島(東出昌大)、世界的名探偵Lの遺伝子を継ぎ、Lを越えることを誓う竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者でサイバーテロリストの紫苑優輝(菅田将暉)らが、それぞれの正義を懸けデスノート争奪戦に挑む。

今回はそんな注目作より、デスノートに翻弄される刑事・三島を演じた東出昌大さんとLの後継者とされる世界的名探偵・竜崎を演じた池松壮亮さんに直撃!

deathnote_gw02
一冊のノートで、世界を変えようとしたあの衝撃から10年。再び狂い始めた世界で宿命を背負う者たちによるデスノート争奪戦が始まる!

 

■オファーが来た時の率直な気持ちを教えてください。
池松(以下・I):まさかと驚きました。10年後にオリジナルで続編をやることも、そこで自分に声を掛けて下さったことも。それに演じるのがLの遺伝子を受け継ぐ者として存在する竜崎。オファーはどの作品も全部嬉しいですし、役をすんなり受け入れられます。でも今回はあまりにも想像して無かったので少し動揺しました。
東出(以下・H):最初お話しを頂いた時、僕も動揺しました。よく「ファンの方の反応は気にされますか?」と聞かれますが、僕もデスノート世代ですしいちファンなので気持ちはすごくよくわかります。「いま続編を作る意味ってなんだろう」という思いを強く持っていました。でも台本を読んで、今回の設定やストーリーの筋を知っていくうちに“これは!”と確信しました。「デスノート」というタイトルだけでも、たくさんのお客さんが観てくれることは本作に携わってなくてもわかること。でもそれだけじゃ映画を撮る意味が無いんです。情熱だったり筋の面白さが今回詰まっていたので、10年越しに作る意味がちゃんとあると感じたので現場に挑むことが出来ました。

 

deathnote_gw03

■自身が演じた役へのアプローチはどのようにしましたか?
I:竜崎はLの遺伝子を受け継いでいるのですが育ててもらったわけでは無いので、本質だけ似ているなと思いました。「Lを越える」ただそれだけの為にひとりで生きてきたので、かなり壊れてるなと思ったりもしましたがそういった事を手がかりに竜崎という人物を膨らましていきました。

記者:目の色だとか外見からして謎めいていて…。竜崎自身かなり特殊な役に見えました。

I:演じるとなった時に「デスノート」の魅力ってなんなのかをより考えました。一つ大きくあるのは藤原さんと松山さんの持つ演技の力でもあり、死神に負けないキャラクターを綿密に作っているところ。でもキャラクターにより過ぎても現実味から離れてしまうので、絶妙なところにとどまっています。それが今回は男が3人。新たに物語が動き出す中で、続編と言えど「その世界観を借りてやりました。」とだけになるのはダメなんです。なのでいつも以上にキャラクター性を出そうと意識しました。カラコンもどう映るのか勇気がいりましたけど、そんなキャラクター性と実在感のどっちも持てればいいなと思い演じました。

H:三島はデスノート対策本部の人間なので特に変わったビジュアルではありません。その三島にキャラクター性と実態を持たしてくれたのは、やっぱり池松くんと菅田くんの存在です。ふたりの形姿やお芝居はトリッキーだけどリアルなものであることが「デスノート」を印していますし魅力を引き出してくれました。

 

■どんな撮影現場でしたか?
I:現場はすごく仲良かったです。
H:最初からみんな遠慮が無かったよね。
I:無かったですね。
H:クランクインした日から壁が無くて、人としてこういう時どうするかやデスノートのこと、モラルなど思うままに率直に話し合いました。やっているうちにお互い思うことを言い合えたので良い関係性で最初から最後までいれたと思います。

記者:撮影が進む中現場で意識していたことは?

I:どんなお客さんが観ても、僕達が先頭に立って物語に巻き込んでいかなきゃいけない。その為には「デスノート」の魅力でもあるレベルの高い闘いは忘れてはいけないと思っていて、あまりにも三島と竜崎が2人で睨み合っていたら低能な争いで、つまらなくなってしまいます。だから絶対に本音は言わないギリギリという闘いで「我慢するのかどうするのか?」というヒリヒリするところを東出さんとはやっていたなと感じています。

DEATHNOTE_gw002

■たくさんの個性ある人物が登場する中で1番共感するキャラクターは?
H:僕は三島かな、紫苑ほど闇も深くないと思う。やっぱり池松くんは竜崎なの?
I:そうですね、やっぱり自分が演じると竜崎と思いたくなります。それに役の中で竜崎は1番まともだなと思っていたのですが、東出さん菅田くんと比べて僕が1番真っ当なのでそれも含めて(笑)。
H:うっそ(笑)!
一同:爆笑!

記者:素顔でも読み合いですね!

H:いや、そんな池松くんが1番まともなんて間違えた答えです!
I:割りと東出さんは変わってるんですよね…。
H:ちょっと(笑)!
I:なんか変なんですよね。笑いどころとか人とズレていますし、お酒飲むともっと変なんです。菅田くんは菅田くんでやっぱり変です。
H:菅田くんは変だよね。
I:でも僕からすると東出さんの方が菅田くんより変ですよ!
H:(笑)。じゃあ自分自身は変だと思わない?
I:自分は変じゃないです。真っ当ですね。
一同:笑!!
H:うそだぁ。(スタッフに聞くも、スタッフも同感。)
I:ほら!なので記事にした時「東出が1番やばかった!」っていう見出しでお願いします。

記者:ちなみに1番頭脳派なのは誰ですか?

I:僕は置いといて、お二人とも頭をよく使ってると思います右脳派なのかな。でも菅田くんは…、あんまり右脳を持ってないと思います(笑)。
H:(笑)!菅田くんは完全に右脳派じゃない?
I:いや、すごく理屈っぽいなって思う時もあります。
H:じゃあ池松くんは?
I:僕は真っ当なので、両方バランス良くです。
一同:笑!