直木“佐藤健”を殺した犯人とは?事件に新展開《100万回 言えばよかった 第7話あらすじ》 - girlswalker
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 直木“佐藤健”を殺した犯人とは?事件に新展開《100万回 言えばよかった 第7話あらすじ》

直木“佐藤健”を殺した犯人とは?事件に新展開《100万回 言えばよかった 第7話あらすじ》

女優の井上真央、俳優の佐藤健らが出演するドラマ『100万回 言えばよかった』(TBS系)の第7話が、2023年2月24日(金)22:00〜放送された。

100万回言えばよかった

第7話場面写真(C)TBS

本作は、愛する人を突然失ってしまった主人公が、事件に巻き込まれて亡くなった時の記憶が無いまま魂となって現世をさまよう幽霊となった恋人を探すファンタジーラブストーリー。そして、亡くなった男と唯一意思の疎通ができる刑事が現れ、数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を中心に描く切なくて温かい物語だ。

ドラマ『100万回 言えばよかった』第7話あらすじ

莉桜(香里奈)を車に乗せた人物が直木(佐藤健)を殺した犯人なのではと、悠依(井上真央)は憤りをあらわにしていた。一方、突然倒れた譲(松山ケンイチ)は病院で受けた検査の結果、偽性脳腫瘍の可能性があると告げられていた。ただの頭痛だと楽観視していた譲だが、叶恵(平岩紙)から、幽霊である直木(佐藤)とこれ以上一緒にいるなと忠告される。

そんな中、莉桜の行方を追っていた直木は、莉桜が連れ去られた場所やそこで見聞きしたことを譲に伝える。譲は直木の証言をもとに単独で捜査に乗りだし…。さらに、幽霊の原田弥生(菊地凛子)があらわれ、譲にある頼み事をするのだった。

ドラマ『100万回 言えばよかった』概要

第7話 放送 2月24日(金)22:00〜(TBS系)

《出演》井上真央、佐藤健、シム・ウンギョン、板倉俊之(インパルス)、少路勇介、穂志もえか、近藤千尋、桜 一花、平岩 紙、春風亭昇太、荒川良々、松山ケンイチ
《脚本》安達奈緒子
《主題歌》マカロニえんぴつ『リンジュー・ラヴ』(TOY’S FACTORY)
《制作著作》TBSスパークル、TBS
《公式サイト》https://www.tbs.co.jp/100ie_tbs/

【ストーリー】
幼馴染だった相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信するが、運命のいたずらなのか…悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ突然悠依の前から姿を消してしまう。悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むのだが…。

この記事を気に入ったらシェア!

関連記事

カテゴリ

連載・特集

江戸川区特集サイト

都心からアクセスも良く、自然がいっぱい!「江戸川区」の魅力を発信!

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

新着

TGC2024aw TGCmatsuyama2024 TGC Premium TGC CARD matchingwalker