永岡拓真、お芝居を通して変化した恋愛観「ガラッと考え方が変わりました」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 永岡拓真、お芝居を通して変化した恋愛観「ガラッと考え方が変わりました」

永岡拓真、お芝居を通して変化した恋愛観「ガラッと考え方が変わりました」

『ABEMA』で“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか”を描くオリジナルシリーズ『恋愛ドラマな恋がしたい』(以下、『ドラ恋』)の最新作『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』がいよいよ後半戦に突入!

永岡拓真

若手俳優が約1カ月の共同生活をしながら、キスシーンのある恋愛ドラマに挑戦する本作。2021年10月から放送が始まった今シリーズも、ドラマの主演を争うなかで芽生えていく恋愛模様から目が離せません。

今回girlswalkerでは “たくま”こと永岡拓真さんにインタビューを敢行。女性2人から告白された心境など、気になるところをたっぷりと語ってもらいました!

SPECIAL INTERVIEW

「お芝居も恋愛も、全部やってやるぞ!」と燃えていました

——まずは『ドラ恋』への出演が決まったとき、そして実際に出演してみての気持ちから教えてください。

永岡拓真(以下、永岡)「『ドラ恋』のオーディションのお話をいただいたのが、モデル活動だけではなく、お芝居にも挑戦していきたいとマネージャーさんと話をしているときだったので、すごくタイミングが良かったです。何の根拠もなかったんですけど『絶対受かる』という気持ちでした(笑)。出演が決まってからも『お芝居も恋愛も、全部やってやるぞ!』と燃えていましたね。

でも、実際に撮影が始まったら、そんな気持ちはどこかに行ってしまって(笑)。ほんの少し前に会ったばかりの人との共同生活や常にカメラのある日常という慣れない環境に、かなり苦戦しました。主演を取れないプレッシャーもありましたし。意外かもしれないんですけど、本当にずっと緊張していました」

永岡拓真

——その緊張は、どのくらい続いたんでしょうか。

永岡「意外と長かったですね。ドラマ5話くらいまで続いたかなぁ。実は、これあんまり誰にも言ってないんですけど、ドラマ5話のオーディション前日に僕、階段から転げ落ちたんです。ただ滑っただけなので怪我は全くなかったんですけど、そこでふっと緊張が取れたんですよね。一気に気持ちが楽になったというか。それをきっかけに、少しリラックスできるようになりました。

共同生活では、みんなにすごく助けてもらったなと思います。自分は1人の時間が欲しいタイプなんですけど、リビングのソファに僕がごろんと寝ていても、意外とみんな放っておいてくれていて。気を遣ってくれたのか、いい距離感を保ってくれていたのがありがたかったです」

永岡拓真

中間告白からガラッと考え方が変わりました

——中間告白では、かやの(中村加弥乃)だけでなく、今までペアを組んだことのなかったナナ(織田奈那)からも告白されるという予想外の展開もありました。正直、告白の予感はありましたか。

永岡「かやのは何度もペアを組んでいたので、『来てほしい!』という希望もありました。でも、中間告白の前に少し話せる時間があったんですけど、かやのが僕じゃないっぽい雰囲気のことを言ってて。自分じゃないのかもしれない……と思ったりもしていました。

ナナに関しては、本当に想定外。びっくりしすぎて、動揺しちゃって。台本では最後、告白を受け入れてハグとなっているから、そこまで持っていかなくちゃいけないし。でも、ペアも組んだことがなかったからどうしようと。めちゃくちゃ難しかったですね。頭のなかでいろんなことがぐるぐる回って、気付いたらおかわりハグをしていました(笑)」

永岡拓真

——そんな中間告白を経て、気持ちに変化などはありましたか。

永岡「お芝居や恋愛に対して、自分のなかでかなり意識が変わりました。中間告白で、ルイ(川合ルイ)に圧倒的に負けたことで男として魅力がないのかなって、すごく落ち込んだんです。

でも、そのあとにけん(島津見)とのぶなが(大地伸永)と3人でお酒を飲みながらの悩み相談会をして、けんが『お前はいい演技するし、空っぽじゃない。その良さは俺が分かってる』って。その言葉で気持ちが取り戻せたし、ルイに負けたことにも向き合えたんですよね。

ルイと自分の差は“相手とちゃんと向き合っているのかどうか”という部分。ルイが主演を取れる理由はそこにあると思ったし、改めてもっと正直に向き合おうと。ガラッと考え方が変わりました」

——放送を観て、改めて感じることはありますか。

永岡「男同士でも本当は誰が好きなのかは話していなかったので、のぶながとけんが気になる相手にこんなこと話していたのか、あんなにガツガツ行ってたのか!とか。毎回驚いています。意外と皆さんと同じように放送で知ることが多いです(笑)」

永岡拓真

最後まで楽しんでもらえると思います!

——『ドラ恋』への出演を通して、自分が一番成長した部分はどこだと思いますか。

永岡「一番は、お芝居に対しての思いですね。お芝居にちゃんと向き合えたことで、その楽しさを実感することもできたし、これからもっと挑戦したいという気持ちが強くなりました。

恋愛面では、素直に気持ちを伝えることの大切さを改めて学びました。今までは性格的に気持ちを隠してしまったり、言わなことが多かったんです。恥ずかしいというよりも、口に出すなら100%『こうだろう』と心が決まったときだなと思っていたので、迷っているときは言わなかったんですけど、ちゃんと言葉にするのが大事なんだなと思いました」

永岡拓真

——たしかに恋の矢印がどこに向かっているのか、たくまさんの気持ちはなかなか見えないですよね。

永岡「そこは、今後も最後までじっくりと観てもらわないと分からないかもしれないです(笑)。自分の気持ちに迷っていたのもあったし、好きっていう気持ちに関しては中途半端なことを言うのは失礼だと思っていたので。最後の最後まで、謎かもしれないですね。

実は、自分の第一印象はアユリ(吉永アユリ)だったんです。一緒に初主演を取ったかやのは雰囲気的に合うか分からなくて。でも、かやのとお芝居をするなかで距離感がどんどん近くなって仲良くなっていたんですよね。その関係性がこのあと、どうなっていくのか。最後まで楽しんでもらえると思います!」

——お芝居を通して感情が動いていくというのは、このシリーズのテーマそのものですね。最後まで予想できない展開が続きそうですが、改めて後半戦の見どころをお願いします。

永岡「まずは、かやのと僕が主演するドラマ5話!ぜひ期待してください。同棲ハウスにも、ドラマのキスシーンにも『ドラ恋』史上初のサプライズがあります!

あと、自分が髪を切る場面もあるんですけど、これまで中途半端だった自分の気持ちに決別しようという決意表明と、初主演なのでしっかり役と向き合おうと思って自分から申し出て切ることになりました。そこも見どころになっていると思います。今のところ、僕の心の内は放送上で一度も話していないので、僕の気持ちがどこに着地するのかも楽しみにしていてください!」

永岡拓真

INFORMATION

ABEMAオリジナルシリーズ『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』
2021年10月31日(日)22時~ ABEMA SPCIALチャンネルにて放送中
《公式サイト》https://abema.tv/video/title/90-1588
(C)AbemaTV, Inc.

文:吉田光枝
写真:有田純也

この記事を気に入ったらシェア!

関連記事

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGG TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM