生理中はダイエットしても良い?気を付けることやおすすめの方法も解説 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 生理中はダイエットしても良い?気を付けることやおすすめの方法も解説

生理中はダイエットしても良い?気を付けることやおすすめの方法も解説

生理中は、ホルモンバランスが変化するので痩せにくい期間と言われています。そのため、生理中のダイエットは体重の増減を気にするよりも、生理後の痩せやすい期間に入るまで体重をキープすることを意識した方が良いでしょう。本記事では生理中のダイエットで気を付けることやおすすめの方法を解説します。

体重を測る女性の足元

生理中のダイエットについて疑問を解決!

生理中は体調不良や気持ちが落ち込みやすい期間なので、無理なダイエットをしてはいけません。人によっては体重が減りにくく焦ってしまいがちですが、自分の体調を見ながらゆるく頑張りましょう。ここでは生理中のダイエットにまつわる疑問を解決していきます。

生理中はダイエットしても良い?

生理中もダイエットをしても大丈夫ですが、無理は禁物です。生理期間中は体に溜まった老廃物や水分が排出されるため、無理なダイエットをすると体調不良になる可能性があります。生理中は体重を減らすことよりも、キープすることに意識を向けるようにしましょう。

生理中は太りやすい?

生理期間中に太りやすいと言われるのは、体が脂肪や水分を蓄えようとするからです。また、生理前から生理中にかけては、女性ホルモンである「プロゲストテロン」が分泌されるので普段よりも食欲が増します。むくみや便秘にもなりやすい時期なので注意が必要です。

生理中にネガティブになるのはなぜ?

生理期間中はホルモンバランスが大きく変化するため、自律神経も不調になりやすいです。そのため、精神状態が不安定になりやすく、ネガティブになったり、イライラしたりしやすくなります。生理で体がだるく、やる気が出ないのに仕事などをこなさなれけばいけない場合など、精神的にストレスが溜まりやすいでしょう。

生理周期(生理前後~生理中)とダイエットについて

生理周期によって痩せやすかったり、痩せにくかったりする期間があります。生理周期を味方につけてダイエットをすれば効率良く減量できるので、ダイエット中の人はぜひ参考にしてください。

生理前

生理前は痩せにくい時期になります。この時期は体が水分など必要なものを溜め込もうとするので、むくみや便秘が起こりやすくなっており注意が必要です。ダイエット効果が出にくい時期なので、暴飲暴食は避けてバランスの良い食事をするように心がけましょう。むくみがひどい時はマッサージをするのもおすすめです。

生理中

生理中は体重が落ちにくくなります。この時期は、生理痛や貧血などで体調不良になりやすいので気をつけて下さいね。体重が減らないことが気になるかもしれませんが、体に負担をかけないように過ごすのがおすすめ。また、生理が終わりかけてもいきなりハードなダイエットを始めてはいけません。軽いストレッチなどから徐々に体を慣らしていきましょう。

生理後

生理後から排卵期の2週間は痩せやすい時期です。ダイエット効果を狙うなら、この時期に食事制限や負荷をかけた筋トレなどを集中して行うのがおすすめです。生理が終わると、体に溜め込んでいた水分がスムーズに排出されるのでむくみも取れやすくなります。

生理中のダイエットで気を付けること

生理中は体調が変化しやすいので、普段どおりのダイエットをしていると貧血を起こしたり、便秘になったりすることも。ここでは、生理中のダイエットで気を付けることを解説します。

暴飲暴食を抑える

生理中は暴飲暴食に注意が必要です。体に脂肪を溜め込みやすいこの時期は、食べ過ぎると太ってしまいます。これまで頑張ってきたダイエットも、リバウンドしてしまっては意味がありません。また、生理中の間食には甘いものも避けた方が無難です。糖分を摂り過ぎると血流が悪くなり、生理痛が悪化するケースも。どうしても間食をしたくなった時は、カロリーの低いヨーグルトやナッツを食べるのがおすすめです。

 過度な食事制限をしない

生理中に過度な食事制限をすると、貧血など体調不良を引き起こす場合があります。1日のカロリーが少なすぎたり、栄養バランスが偏ったりすると生理不順になるリスクも。また、肌荒れや髪質が悪くなるなど美容にも良くありません。美しく痩せるためには、生理中は必要な栄養をしっかり摂ることが大切です。

 ハードな運動をしない

生理中にハードな運動をすると体に負担がかかります。生理痛で腰やお腹の調子が悪いのに、無理をしてしまうと悪化するケースも。生理中はジムでの本格的な運動は控えて、自宅でストレッチをするなど軽い運動をするのがおすすめです。ウォーキングなどの有酸素運動は血流が良くなるので、生理中も体調を見ながら取り入れてみると良いでしょう。

生理中のおすすめダイエット法【食事編】

ダイエットをしていると、栄養が偏りやすくなるので注意が必要です。とくに生理中は便秘や貧血を起こしやすいので、食事内容を意識することが大切。ここでは、食事に関する、生理中のおすすめダイエット法について紹介します。

食物繊維や鉄分を摂取する

食物繊維は体内の老廃物を排出してくれるので、便秘の予防効果も期待できます。ひじきやアーモンドなど、食物繊維が豊富な食べ物を積極的に摂取するのがおすすめ。また、鉄分は貧血防止効果が期待できます。鉄分が不足すると、貧血によるめまいやダルさなど体調不良を引き起こすことがあるので、生理中の経血量が多い人は、レバーやほうれん草などの鉄分を多く含む食べ物を摂取することを心がけると良いでしょう。

生姜スープやハーブドリンクで体を温める

生姜には体を温める効果があるため、冷えによる生理痛の悪化を防ぐことができます。生姜を細かく刻んで入れたスープがおすすめです。カモミールティーやサフランティーなどのハーブティーも同様の効果があります。ハーブティーは香りによるリラックス効果も期待できるので、試してみてはいかがでしょうか。

生理中のおすすめダイエット法【運動編】

生理中のダイエットではハードな運動はNGですが、軽い運動であれば体調を見ながら行えます。運動をすると血行改善やストレス解消だけでなく、脂肪燃焼効果も期待できます。ここでは、運動に関する生理中のおすすめダイエット法を解説します。

ストレッチやヨガで体をほぐす

生理中は筋肉が固まりやすいので、ストレッチで体をほぐして血行を良くすることで、生理痛も緩和されやすくなります。体調を見ながら気持ち良いと感じるくらいのストレッチがおすすめです。また、ヨガをすると全身がほぐれ、リラックス効果も。しっかりと呼吸をしながら行うと、脂肪燃焼効果も期待できます。ただし、ホットヨガは体に負担をかけるので生理中は避けるようにしましょう。

ウォーキングなどの有酸素運動で血行を改善

生理中にウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることも、生理痛の緩和にもつながるのでおすすめです。また、日中に太陽の光を浴びながらウォーキングすると、幸せホルモンであるセロトニンの分泌量が増えるので、ストレス解消にもなります。ただし、生理中は体調が変化しやすいので、無理して長時間しないようにしましょう。

生理中のおすすめの過ごし方

生理中は体調不良や憂鬱な気分になりやすい時期。無理してダイエットをすると症状がひどくなる場合もあるので、自分の体調に合わせた行動をしましょう。ここでは、生理中におすすめの過ごし方を紹介します。

できるだけリラックスする

生理中は、生理痛や体のダルさを感じやすい時期。無理をせず、リラックスして過ごすのがおすすめです。自宅で好きな音楽を聞いたり、好きな香りのアロマを焚いたりしてリラックスしながら過ごしましょう。

体を冷やさないようにする

生理中は体温が下がりやすいので、体を温めるように心がけると良いです。体が温まると血行が良くなり、生理痛の緩和にもつながります。例えば、暑い時期でもなるべく冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物にするのがおすすめ。お風呂もシャワーのみではなく、湯船にしっかり浸かって体を温めましょう。ただし、長風呂をすると貧血を起こす可能性もあるので注意が必要です。

生理中のダイエットは、無理せず続けよう!

ストレッチする女性

生理中のダイエットは、体重が停滞するのでモチベーションが下がりやすくなってしまいます。だからと言って無理してしまうと、リバウンドしてしまい逆効果になることも。挫折しないためにも、生理中は痩せにくいことを理解して無理のない範囲で行うようにしましょう。

「この先、恋する人はどんな人?」「彼はわたしのことをどう思ってる?」「私のモテ期はいつくるの……!?」 さまざまな恋のお悩みを本格的なタロット占いで占ってみましょう。

    この記事を気に入ったらシェア!

    カテゴリ

    連載・特集

    タロット占い

    気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

    birthday

    誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

    gw-souken

    読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

    ピックアップ

    人気キーワード

    新着

    TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM