池田エライザ オーディションに受からなかった日々回顧「言い訳を探して逃げ続けてた」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 池田エライザ オーディションに受からなかった日々回顧「言い訳を探して逃げ続けてた」

池田エライザ オーディションに受からなかった日々回顧「言い訳を探して逃げ続けてた」

女が一生のうちに経験する仕事や友情、そして恋愛に結婚。そのどれもが愛おしく手放しがたい。ただ、すべてを手にいれるために忘れてはいけないことがある——。
女性はもちろん男性たちにも壮大なメッセージを投げかける、Netflixオリジナルの蜷川実花監督作品『FOLLOWERS』が、ついに2月27日(木)より全話一挙公開されます。

女優を目指しながらもオーディションに受からず、自己表現できる場所を獲得できない百田なつめ(池田エライザ)。ところが、人気写真家リミ(中谷美紀)のSNSに一枚の写真がポストされたことで、その人生は転がりはじめます。
ゆうたろう、コムアイなどの若手が起用され、カメオ出演を始めとした豪華ゲストたちの出演も見どころの一つ。SNSを通して描かれる登場人物の葛藤など、まるでドキュメンタリーのようなリアルさに引き込まれ、つい一気見してしまうこと間違いナシです。

FOLLOWERS_池田エライザ_02_エレガント_美脚_かわいい

girlswalkerは、強烈に悩める女優志望のなつめ役を演じた池田エライザさんにインタビュー。この作品にどのような自分を重ねたのでしょうか?

SPECIAL INTERVIEW

オーディションに受からない時期も……自身と重ねた「なつめ」

——「TOKYO」に生きる人たちのリアルが描かれた作品ですね。若者特有の怒りを持ち、悩みながら時には転落する、なつめの生き方を見てどう思いましたか?

「まだ守るものがないというか、身一つで戦う若さみたいなものは、私自身も高校生くらいの時に感じていたことです。混沌としている状態のなかで勢いだけはある。経験が少ないなかで表現しないといけないから、根拠のない自信みたいなものがあってムキになるんですけど、それが手持ち無沙汰というか。でも結局、誰かに選ばれなければ、それを表現することすらできない苦しみも感じていたので、それがすごくリアルだなって思いました。ボーッとしていても生きてはいられるので、そもそも表現したいことがなんだったかわからなくなったりして。それは芸能界に限らず、どんなお仕事でもあるような気がします」

――印象的だったセリフはありますか?

「自分が素直になるためにいい影響を与えてくれているセリフなんですけど、本当に言いたくないなと思ったのが『咲かなきゃ散ることもできない』っていうセリフです。自分の下積み時代にすごく感じていたことで、現場でお芝居をして悔しい思いができる人がすごくうらやましかったんです。なかなか現場に行くこともできなかったから、散ることもできなくて。でもあのセリフがあったからこそ、コムアイちゃんが演じたサニーと心が近くなって素敵なお芝居ができたのかなと思います」

——言いたくないと思ったのは、そんな自分自身の体験を思い出してしまうから?

「そうですね。自分にもなつめのようにオーディションに受からない時期があって、その時はやっぱり、『役が自分にあってなかった』とか『ハーフだから』とか、いろんな言い訳を探して心地がいいところに逃げ続けていたんです。でも現実は、選ばれないってことは、自分の表現する場所を獲得できなかったってことで。『咲かなきゃ散ることもできない』っていうセリフと向き合うのは勇気のいることだったし、その言葉と向き合ってからが戦いだなとも思いました。自分があんまり人に見せたくない部分が出てくるので恥ずかしくて、でも個人的な感情を持ち込むべきじゃないから、常に自分の負けず嫌いが刺激されてましたね。これを言ったら崩れちゃうなあって」

——じゃあ、けっこう心をえぐられながら演じていた?

「胸はすごく痛かったです。すごく。でも実花ちゃんが見てくれているし、すごく敏感に同じ気持ちを共有してくれているから、拠り所があるということに救われました」

——なつめは負けず続けても、がむしゃらに前に出ていって。その姿を演じる時に爽快感はあった?

「爽快感もありましたし、今の自分にすごく近いので、10代と20代の私を同時に演じている感覚でした。鈍感に生きていたところから、何かをきっかけにして視界が開けた経験は誰にでもあると思うんです。奮い立たされる瞬間。生きていたら起こりうる……というか、起こるべき瞬間だと思います」

——今は傷ついたりすることもドンと来いという感じ?

「めちゃくちゃイヤですよ(笑)。生身を見てもらって、その中でもがいていかないといけないのが表現する者の宿命だとは思いますが、傷つきすぎて心がなくなっちゃったら生きていけないとも思うので、妥協もしたくない。でも、その都度やだな〜と思ってます(笑)」

FOLLOWERS_池田エライザ_03_美脚_美女_かわいい_モデル

『FOLLOWERS』で自分と向き合い…「自分をちょっと許せるようになった」

——この作品では「あきらめたくない女たち」が描かれていますね。今の池田さんがあきらめたくないものは?

「絶対あきらめたくないことって、自分の本質の部分なのかなって思います。自分が何を好きと思って、何をイヤだと思ったか。なつめがかっこいいなと思ったのは、丸腰で戦うってすごくリスキーなのに、すごく強いこと。自分の本質を大きな力によってねじまげられそうになった時に『それは違う』って言う勇気があった。私は、なつめのように『それは違う』って言えなかったとしても、自分がそう思った事実だけは忘れたくないです。自分の知らない自分にならないように、自分でちゃんと立っていたいなと思います」

——百田なつめを演じることで得られたものは?

「本当にたくさんあって、やっぱり浅い気持ちじゃ仕事は続かないなっていうのがまずありましたね。どこに対して自分の何を表現したいのか、それが明確であればあるほど素敵な仲間が増えて、それを受け止めてくれるファンの方も増えるんだなって。なつめがまだフワフワしていた時、それはそれで荒削りのたくましさがあったけれど、表現したいものをつかんだ瞬間のなつめの素晴らしさは本当に、私の人生のモデルになっているというか。私はやりたいことがたくさんあっても、あっちは一旦置いておこうとか合理的に考えることが多いので、なつめのように猪突猛進にやりたいことに向き合うっていうのをもっとやっていけたらいいなと思いました」

——この作品で自分と向き合うことができた?

「できましたね。なつめは、私がなれなかった自分。プライドが邪魔して、全力で情けなくなれなかったし、全力で怒ることもできなかったから。なつめを演じたことで、今まで全部自分のせいにしていたのを『これは自分のせいでもないかもな。意外とタイミングのせいだったりするのかもな』って、自分をちょっと許すこともできるようになったと思います」

FOLLOWERS_池田エライザ_04_FOLLOWERS_池田エライザ_03_美脚_美女_かわいい_モデル

——蜷川実花監督とタッグを組んだのは、2016年のTGC公式ラブソングコレクション『TGC presents LOVE ME MUSIC』が最初。今では「実花ちゃん」と呼んでいるそうですが、監督と女優として向き合った今回の現場はどうでしたか。

「私、ひとつ不思議に思っていたのが、実花ちゃんっていわゆるミューズとなる女性を撮っているイメージがあったんです、昔から。私は彼女にとってのミューズって感じじゃないなあってどこかで感じていて、じゃあなんだろうって思ったことを実花ちゃんに伝えたら、『相棒とかパートナーに近いかな』っておっしゃってくださって。実花ちゃんとのお仕事は、ともに話し合いながら作っていく感覚。というのも、20代の池田エライザと話すために、自分が同じ頃に抱えていた怒りや感情や喜びを思い出しながら同じところまで降りてきて対等に話をしてくださるんです」

——とてもいい関係性のなかで撮影できたのですね。なつめは劇中ではモデルとしても活躍していて、実際のTGCでも撮影が敢行されましたね。

「山田優さんと共演させていただけました。CanCam時代の大先輩でもありますし、いつもTGCのバックヤードでお見かけしてやっぱり華やかで美しいなっていう印象があったので、TGCでお話するシーンがあることにすごく感動しました。緊張して横目で見ることしかできなった山田優さんに、なつめ役として『なっつでしょ。応援してるよ』って言ってもらえたことが、なんだかパラレルワールドみたいで不思議な経験でした。このシーンでじつは、『LOVE ME MUSIC』のジャケットがTGCのパンフレットとして出てくるんですよ。すごく不思議な感じ。ランウェイも百田なつめとして歩いて撮影してもらいました。名前のテロップも『百田なつめ』に変えたサプライズだったから、歩きながら会場のどよめいた空気を感じていました(笑)」

「無様でいいんだよ」くすぶっていた「なつめ」に掛けてあげたい言葉

——なつめはSNSとの距離感に悩まされているけど、池田さんはSNSとうまく付き合っている感じがします。

「じつは最近ちょっと頑張っていて、今ちゃんとやろう週間なんです(笑)。よくわかんなくなって書かなかった時期があって。風景とかをアップしてたんですけど、親友に相談したら『どういう人かわかんなくてこわい』って言われて(笑)。やっぱり自分を知ってほしくてSNSをやってるんだから、もう少し自分のことをあげるようにしようって。自撮りなんてよくわからないから、親友やマネージャーさんに撮ってもらって、いっぱいあげるようにしました。でも、今でもうまくできているのかわかんないです。特に文章が難しくて、いつもいっぱい書き直してます」

——自分を表現できずに怒りながらくすぶっていたなつめに、今だったらどんな言葉をかけてあげたい?

「みんなに言えることだと思いますけど、なつめには特に『無様が美しくないと思ったら大間違いだよ』って伝えてあげたい。無様って、漢字だけを見るとパッとしないかもしれないけど、すっごく美しいんだよ、今はまだサナギなんだよ、無様でいいんだよって、言ってあげたいです」

FOLLOWERS_池田エライザ_01_美脚_美女_かわいい_モデル

ヘアメイク:豊田千恵
スタイリスト:Shino Suganuma

INFORMAITON

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』
2020年2月27日(木)より、Netflixにて全9話世界190ヵ国へ独占配信

《出演》中谷美紀 池田エライザ 夏木マリ 板谷由夏 コムアイ 中島美嘉 / 浅野忠信 上杉柊平 金子ノブアキ 眞島秀和 / 笠松将 ゆうたろう
《監督》蜷川実花

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE タロット占い