ふむふむ・・・って、つい顎を触る仕草をしてしまうときの心理とは? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. ふむふむ・・・って、つい顎を触る仕草をしてしまうときの心理とは?

ふむふむ・・・って、つい顎を触る仕草をしてしまうときの心理とは?

癖なのか無意識なのかわかりませんが、会話中などによく顎を触っている人いますよね。実は、顎を触ってしまう人の特徴として、特定の性格にあてはまっていたり、とある心理状況に陥ってる人に多いことが、ほとんどなのです。

顎をよく触っている人の性格や心理状況を知ることができれば、顎を触っている人を見たときに「こういう性格の人なんだな」「今こんな風に思っているんだな」となんとなく把握することができますよね。

どんな性格の人なのか、どんな心理状況なのかがわかれば、今後、相手とどのように付き合っていけばいいかの目安にもなると思います。

そこで!人はなぜ顎を触るのか?顎を触る人の心理状況などを詳しくみていきましょう。

 

ふむふむ・・・って、つい顎を触る仕草をしてしまうときの心理とは?

ふむふむ・・・顎を触る仕草をするのはなぜ!?

なぜ、会話中や日常的に顎を触る仕草をしてしまうのでしょうか?人は何かを思ったときや感じたときなどに、無意識に行動に起こしてしまうことがあります。意図的ではなく無意識な行動なので、心理状況がとても表れやすいのが特徴です。

また性格上、ついつい顎を触ってしまうことが多いという人もいるでしょう。顎をよく触っている人は、基本的に気が強く、プライドが高かったりすることが多いようです。自分に自信があり、周りよりも自分が優れている、優位に立っているという余裕から、自然と顎を触ってしまうのかもしれませんね。

では、性格ではなく、会話の最中などに顎を触っている人の心理ってどんな状況なのでしょうか?会話中の相手の心理って気になりますよね。

次からは、無意識に顎を触ってしまう心理について、ご紹介していきますね。

人が顎を触るときの心理

顎を触るときの心理状況は、いくつか考えられます。なので、顎を触っている仕草だけでなく、相手の表情なども確認してみるといいかもしれません。そうすることにより、相手の心理をよりいっそう詳しく知ることができますよね。

では、どんな心理の時に顎を触ってしまうことが多いのでしょうか?いくつかその心理状況を見ていきましょう。

落ち着いて考えをまとめたい

顎を触ってしまう理由のひとつに、落ち着きたいという心理が働いていることがあります。顎を触ることで、自然と安心し落ち着くことができるので、考えをまとめたい時などに、触る人も多いのではないでしょうか。不思議と顎を触ると、考えがすんなりとまとまることがありますよね。神経を落ち着かせることができるので、じっくりと物事をまとめることができるのかもしれませんね。

また、顎を触りながら悩んでいると、いかにも考え事をしているポーズですし、かなり集中しているように見えますよね。周りの人から声をかけられる確率も低くなるでしょう。そんなこともあり、ひとりで落ち着いてゆっくりと考えをまとめたいときに、多くの人が顎を触ってしまうのかもしれません。

顎を触りながら黙っていたり、ぶつぶつと呟いてる場合は、「何か考え事をしてるんだな」と思っていいのではないでしょうか。

緊張・動揺を落ち着けたい

緊張していたり、動揺をしているときは、とっさに顎を触ってしまう人も多いのではないでしょうか。動揺しているときは、落ち着くために自分の身を守りたいと本能的に感じるものです。そのため、急所である首の周辺。つまり、顎を触ってしまうことがあるんですね。急所周辺を隠すことによって、緊張や動揺している自分を落ち着かせることができるのかもしれませんね。

また、自分が緊張したり動揺している姿を、周りに悟られないようにするために、顎を触っている可能性もあります。周りに緊張や動揺していることがバレてしまうと、余計に動揺してしまいますよね。顎に触るということは、カモフラージュという意味を兼ねていることもあるのです。

焦りを感じている

焦りを感じているときは、気持ちを落ち着けるために、顎を触って気を紛らわせようとする人もいます。焦っている時って、気が動転してしまって冷静な判断ができなくなってしまいますよね!「どうすればいいか」と、焦りながらも考え事をしている可能性もあるので、顎を触りながら考えをまとめているのかもしれません。

また、焦っている姿を周りに見せるわけにもいかないので、比較的落ち着いてるように見える、顎を触るというポーズを意図的に取っているのかもしれませんね。

自分を優位に感じている

顎を触っている人を見ると、どことなく余裕があるように感じませんか?会話の最中に顎を触るということは、自分に余裕があることや、自信があることを表していることが多いです。相手よりも自分の立場が優位であることを、感じていたり、アピールしているのかもしれません。

たとえば、自分の話を聞いてもらってる時に、相手が顎を触っていたら、どのような印象を持ちますか?どこか頼りがいがあるように感じませんか?自分を優位に感じているので余裕があり、更に、その顎を触る仕草と表情が合わさり、頼りがいのある人という印象になることが多いです。

また、自分が優位に立ちたいからと、わざと顎に触る仕草をする人もいるのではないでしょうか。相手に緊張感を与え、自分が優位に立てるように仕向けている可能性もあります。こういう人はプライドが高めなので、下手に刺激せずに相手の意見を尊重してあげると、話がまとまりやすいかもしれませんね。

つまらなくて手持ち無沙汰

話がつまらなかったりしたときに、つい顎を触ってしまう人も多いのではないでしょうか。顎を触ることで、話を聞いていなくても聞いてるような印象を与えますし、真面目な人柄をアピールすることもできますよね。

また、手持ち無沙汰なので、顎を触って気を紛らわしているのかもしれません。もし相手が、あまり話に集中していないような無表情だったり、つまらなさそうにしていたら、話を変えるなどしてあげた方がいいかもしれませんね。

 

ふむふむ・・・って、つい顎を触る仕草をしてしまうときの心理とは?

おわりに

いかがでしたか?顎を触ってしまう心理って、けっこうたくさんありますよね。顎を触っている相手が何を思っているのか、いまいちわからない時は、表情も気にしてみるといいかもしれません。そうすることで、相手の考えがよりいっそう分かりやすくなるでしょう。ぜひ表情や現状などから、相手の心理を考えてみてくださいね!

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN