まるでマリア様。人を優しさで包み込む“慈悲深い人”の特徴とは? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. まるでマリア様。人を優しさで包み込む“慈悲深い人”の特徴とは?

まるでマリア様。人を優しさで包み込む“慈悲深い人”の特徴とは?

よく「あの人は慈悲深い人だ」という言い方をすることがありますよね。優しい感じの人に使うことが多いでしょうが、慈悲深いってどういう意味?と聞かれるとちょっと困りませんか?何となくわかるものの、いざ言葉で説明するとなると言葉に詰まってしまいます。

そこで今回は、慈悲深いという言葉の意味と、慈悲深い人の特徴についてもまとめましたので、参考にしてみてください。

 

まるでマリア様。人を優しさで包み込む“慈悲深い人”の特徴とは?

慈悲深いの意味は

慈悲深いとは、文字通り慈悲が深いということです。そこで慈悲がどういう意味なのかということが重要になってきます。慈悲とは仏教の用語で、菩薩が人を憐れみ、楽しみを与えて苦しみを取り除くことを示しています。日常では、情けをかけると似たようなニュアンスで使われることが多いでしょう。

つまり慈悲深い人とは、他人を憐れみ苦しみを取り除くなど他人を思いやることができるような人のことを指すわけです。なのでもしも周りで慈悲深い人だと言われる人がいたら、他人の痛みがわかり気持ちを思いやることができる人だなどと思われているということになります。

慈悲深い人の特徴

ここでは、慈悲深い人の特徴をまとめています。周りから慈悲深い人と言われるような人になりたいと思っている方や、もう少し慈悲深い自分になりたいという方は参考にしてみてください。自分に足りないところがわかったら、すぐに改善しちゃいましょう!

困った人を放っておけない

慈悲深い人は、困った人がいると、放っておけません。相手の話を聞いて、自分に何かできないか真剣に考えることができます。見て見ぬ振りができないタイプなんですね。

ゴミが落ちていたら拾うように、慈悲深い人は、困っている人がいたら声をかけないとムズムズしてしまうわけです。相手に良く思われたいと思ってやっているのではなく、自然と困った人に声をかけたくなってしまうのが慈悲深い人の特徴であると言えます。

露骨な贔屓をしない

慈悲深い人は、露骨に誰かを贔屓するということがありません。基本的に誰にでも平等に接しようとします。見た目で判断するということもなく、分け隔てなくコミュニケーションを取ることができます。

慈悲深い人も人間ですから、どうしても好意的に思っている相手や、身内に甘くなることはありますが、それでも露骨な贔屓はしませんし、他の人を差別して貶めるということはしません。基本的に公平な態度を取ることができるので、周りにも信頼されていきます。

笑顔で穏やかな雰囲気がある

慈悲深い人は、行動が立派なだけではなく、醸し出す雰囲気も素晴らしいものがあります。いつもニコニコとしていて、とても穏やかな表情をしているんですね。この人なら自分の悩みを話してもいいかも、怒らずにきちんと聞いてくれるかも・・・と他人に思わせる雰囲気があります。一種の癒しのような効果もあるため、慈悲深い人を心の拠り所にしてしまう人が増えるんですね。

相手の話をじっくりと聞く

慈悲深い人は、相手の話をじっくりと聞くことができます。つまらない話だとバッサリ切り捨てるということがありません。相手が何を言いたいのか理解しつつ、相手の気持ちをとことん受け止めることができます。その上で、相手のためになることを言うことができるのが慈悲深い人です。

ちょっとしたカウンセラーのようなスキルがあるのが慈悲深い人なんだということがよくわかりますね。

相手を許すことが多い

慈悲深い人は相手の立場で物事を考えることができるので、相手に何かされても、相手を許すことが多いです。相手の気持ちも理解できると思ってしまうので、許すことができるのです。ただし、相手が悪人の場合、その心を利用していい思いをするということがありえます。他人に上手く利用されて損をすることもあるのが、慈悲深い人であると言えるでしょう。

献身的

慈悲深い人は、とても献身的です。自分が全く得にならないどころか、少し損になるようなことでも、人のためにやってしまいます。相手が喜び、みんなが幸せな気分になるということが、とても嬉しいんですね。自分がやりたいことよりも、他人がやりたいことを優先してしまうので、どうしても自分のことは後回しになってしまいます。

悪口を言わない

慈悲深い人は、普段人の悪口を言うことがありません。そもそも悪口を言いたいという気持ちになりませんし、悪口は良くないもので言っても意味がないとわかっているので、悪口を言おうとしません。周りは少しくらい悪口を言ってもいいのに・・・とも思うかもしれませんが、慈悲深い人は、はなから悪口を言う気がないのです。

慈悲深い人になるには?

もしもあなたが慈悲深い人になりたいなら、慈悲深い人の特徴を参考にするといいでしょう。それ以外では、他人のいいところに目を向けるようにして、すぐに悪いところをとがめるようなことを言わないようにすることをおすすめします。

他人のいいところに目を向けることができれば、自然と相手を好意的に見ることができるようになります。相手を好意的に見ることができれば、相手に優しくすることができるようなり、慈悲深い態度をとれるようになるでしょう。

些細なことの心構えを変えるだけで、慈悲深い人に近づくことができます。自分に足りないことをよく考えて、行動を変えてみましょう。

 

まるでマリア様。人を優しさで包み込む“慈悲深い人”の特徴とは?

おわりに

慈悲深い人とは、他人を憐れみ苦しみを取り除くなど他人を思いやることができるような人のことを指します。慈悲深い人は、困った人を放っておけず、献身的に相手の話を聞くことができます。さらにいつも笑顔で穏やかな雰囲気がある、相手を許す、悪口を言わないなどの特徴があるため、周りに信頼、尊敬されていることが多いです。ただしその性格から、悪人に利用されて損をしてしまうことがしばしばあります。

慈悲深い人になりたいという方は、この記事に書いてある内容を参考にして、自分なりに意識改革をしてみましょう。きっと段々と周りから慈悲深い人だと言われるような人になることができますよ!

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN