ジャンクフードも我慢しない!BENI流のスタイルキープ法【独占インタビュー】 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ビューティ
  3. ジャンクフードも我慢しない!BENI流のスタイルキープ法【独占インタビュー】

ジャンクフードも我慢しない!BENI流のスタイルキープ法【独占インタビュー】

アーティストのBENIさんが、女性ファン30名限定で行われたパーティー「Spotify New Music Place – Girls Tea Party with BENI」に出席。イベント終了後、girlswalker独占でインタビューをさせていただきました! 30代になって益々美しく、そして艶やかな女性になったBENIさんの美の秘訣に迫っていきます。イベントの様子も合わせてお届け♡

オーバーしない秘訣は、「本当に必要?」って問いかけること

――30代になってアップデートした美容法ってありますか?

「アップデートというより、年齢を重ねると自然と自分のことがわかってくるんだなってことに気がつきました。しっかり体と向き合っていれば『こういう食事の仕方をすると調子良くなるな』とか感じ取れるんです。お酒が好きなのですが、飲みに行く予定がある日は朝からいつもの倍くらい水を飲んだり、食べるものもむくみに効くようなフルーツを選んだり。あと、昔は飲まなかったサプリを摂取したり、そういった意識は高くなりました。スキンケアは意外と変えてないです」

――我慢していることもあまりないですか?

「あまりしませんね。だって、ジャンクフードはやめれない(笑)! ただ、食べたときは、次の日に頑張って調整しています。運動したり、野菜・フルーツを多めにしてビタミンをいっぱい摂取したり」

――おやつやお酒を断たなくていいんですね!

「完全には断たなくていいと思います! 『辞める』って決めてしまうと違うストレスが生まれてしまう。適度に満足するくらい食べるのがオススメです。あとは、1度自分に聞いてみること。『今本当に必要かな?それ』って。『本当にお腹空いてる? それとも今暇だからつまんでる?』ということを常にどこかで考えていれば、絶対にオーバーしないと思うんです」

――ながら食いってついしちゃいますもんね……。調整はどのくらい掛けて行いますか?

「ロングスパンじゃなくて、食べ過ぎた日、飲みすぎた日の翌日から2日間は気を付けるくらい」

イベント前は計画的に体重を減らしておく

――12月1月はイベントが盛りだくさんで調整する暇もなさそうですが……。

「そういう時期は、ちょっと逆算して12月の頭に頑張ってジム行ったりしています」

――すごい計画的!

「そういうときだけは!(笑) 例えば、旅行のときとかって暴飲暴食しがちじゃないですか。だからその前の期間をちょっと頑張るっていうようなバランスは常にとってます」

――運動はどんなことをしていますか?

「色々試すのが好きなのですが、がっつり鍛えたいときは週2回ジムへ行ったり、ストレッチできるようなヨガに行ったりします。激しい運動とほぐすしは常にセット。しなやかな体を作るためには2つとも必要です。ストレッチは苦手なので、先生に頼っています(笑)」

母親仕込みの紫外線対策で美白をキープ

――20代のときに実践しておいて良かった美容法は?

「うちのお母さんがすごい美容オタクで『日焼けだけは本当に気をつけなさい』っていうのを、小さい頃からずっと言われ続けてました。『面倒くさいな~』と思いながらも、渡された日焼け止めをつけてきたんですけど、多分そういうのをちょいちょい続けてなかったらきっと恐ろしいことになってたと思います。アウトドア派なので、海も好きだし、太陽を浴びることが多い。紫外線対策は本当にしておいてよかったです」

――2019年、年始ということでダイエットを頑張る読者も多いと思うのですが、BENIさんの楽曲の中で『この曲を聞けばモチベーションをキープできるはず!』という1曲があれば教えてください!

「『Got A Feeling』です。すごくキュンキュンする恋愛ソングなのですが、恋をしているときって緊張して食べられなくなったり、ちょっと変わるじゃないですか! テンションが。そういうモードにしてくれる曲なんです。そういうワクワクするような前向きになれる考え方をしてると、自然とダイエットも苦じゃなくなるはず。ネガティブに考え出すと、ストレスが溜まりやすくて、絶対良いダイエットにはならない! 達成したら、頑張った自分にしっかりご褒美をあげてくださいね。エステや買い物などご飯以外のものがオススメです♡」

マライア・キャリーの『Emotions』はハイテンションにしてくれる1曲

――続いて、Spotifyについても聞かせてください。普段、Spotifyのアプリって使っていますか?

「結構がっつり使っています。長年メンバーで、Spotifyで出会った曲もたくさんありますね。個人的に1番好きなポイントは、自分の好きな曲をプレイリストとしてまとめられたりできること。この場面で聞きたい曲とか、シーンに分けて作ったりするのも楽しいです」

――いつもハッピーなイメージのBENIさんが、少しネガティブになっているときに気持ちを盛り上げてくれる1曲は?

「ちょっと昔の曲ですが、マライア・キャリーの『Emotions』は、いつ聴いても踊りたくなります。気持ちが『フゥー!』って感じになれる1曲」

――最後に、BENIさんの楽曲でテンションが上がる曲も教えてください!

「イチオシは、最新アルバム『CINEMATIC』に入っている『READY25(レディーツーゴー)』です。嫌でもちょっとはノリたくなるようなリズム感と“壁をどんどん乗り越えていこう”っていうメッセージもありますし、力が湧くんじゃないかなと思います」

――ありがとうございました!

イベントでは、生歌に感涙するファンも!

今回行われた「Spotify New Music Place」とは、Spotifyが主催する “新しい音楽との出会い” と “新しい場所との出会い” を提唱する初開催のイベント。この日会場に訪れた30名のファンはSNSで当選したラッキーなBENIさんファンの方々です。

BENIさんがステージに現れると、その美しさに会場に居る全員がうっとり♡ ファンからの質問に答えるなど、イベント名「Spotify New Music Place – Girls Tea Party with BENI」の文字通り、“Girls Tea Party”のような近い距離感で行われていました。

イベントでは、最新アルバム『CINEMATIC』から3曲をアコースティックで披露。まずは、インタビュー時にモチベーションが上がる楽曲と答えた『Got A Feeling』からスタート。2曲目は、可愛らしいラブソング『S.U.K.I.』。この1曲に限り、スマートフォンでの撮影が許可され、会場は大盛り上がり! ラストソングは、愛する人への最後の手紙をイメージして書き上げたというバラード『Last Love Letter』。切ない歌詞に、涙するファンも。

最後に、BENIさんとファンの方30名で記念撮影も! 盛りだくさんの内容に皆さん夢見心地の表情でした。

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY