野村周平&東出昌大『ビブリア古書堂の事件手帖』の貴重な新場面カットを独占公開! - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 野村周平&東出昌大『ビブリア古書堂の事件手帖』の貴重な新場面カットを独占公開!

野村周平&東出昌大『ビブリア古書堂の事件手帖』の貴重な新場面カットを独占公開!

現在、公開中の映画『ビブリア古書堂の事件手帖』から、同作品に出演する俳優・野村周平と東出昌大の新場面カットがgirlswalkerに到着!

今回、girlswalker独占公開となる場面カットは、現代パートと過去パートに分かれてストーリーが進行していく映画の中で、それぞれキーマンとなる2代イケメンを演じる野村と東出のカット。野村はコミュ力高めな年下男子を演じ、東出は知的な雰囲気が漂う年上男性を演じている。

現代パートに出演する野村の場面カットには、古書堂の中でパーカーを羽織ったカジュアルスタイルの野村が写っている。キョトンとした表情を浮かべており、視線の先にいる人物と話している中で、何か意表を突いたような会話が繰り広げられているようだ。

一方、過去パートに出演している東出のカットには、シャツにベストという知的な印象を与えるスタイルながらも、カメラを手に、優しげな笑顔を浮かべている東出が写っている。穏やかなシーンであることが伝わってくる1枚だ。

「年下可愛い男子」と「知的な年上男性」、あなたはどっち派!?

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、シリーズ累計680万部を突破する国民的大ベストセラー小説が原作。極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子を黒木華が、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔を野村周平が演じている。さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣に成田凌、大輔の祖母・五浦絹子の若き日に夏帆、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄に東出昌大と、日本映画界を牽引する豪華実力派キャスト陣が競演を果たし話題になっている。

現代パートで野村が演じる大輔は、人懐っこい性格でコミュニケーション能力に長けており、人との関係性を築くのが得意な人物。演じる野村のストレートで明るく愛らしさのある雰囲気も相まって、人付き合いの苦手な栞子のパートナーとしてこれ以上ないキャラクターとなっている。大輔はケガをしている栞子を背負って坂を上がったりと栞子のために一生懸命だが、一方で自分の苦手分野では栞子を頼ってくるなど、年下男子ならではの可愛さも見せている。恋愛に関しては一歩踏み込めない感じもいじらしい。

過去パートに登場する東出演じる嘉雄は、太宰治に憧れる小説家志望の知的な青年。演じる東出の端正な顔立ちと、芸能界きっての読書家である彼自身の雰囲気も合わさって、嘉雄というキャラクターに確かな存在感とリアリティがもたらされている。自分の好きな太宰治のこととなると話が止まらなくなったり、絹子に見とれるあまり梁に頭をぶつけるなど、少年の様な抜けた部分もあり、決して完璧でない部分が、嘉雄という男性をより魅力的にしている。

「年下可愛い男子」と「知的な年上男性」、見る人によって「どっち派!?」と、好みが分かれそうな野村と東出の役どころ。彼らが繰り広げる繊細な恋愛ドラマと、古本を巡るミステリーが織りなす極上の人間ドラマは必見だ。映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は現在公開中、ぜひ劇場で自分は”どっち派”か確かめてみては?

Information

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』
《原作》三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
《出演》黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大
《監督》三島有紀子
《脚本》渡部亮平、松井香奈
《配給》20世紀フォックス映画、KADOKAWA

《ストーリー》
すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。
鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―。

©2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN