ライザップでリバウンドした人が続出?原因や理由&簡単な対策でバッチリキープ!

8 min
ライザップでリバウンドした人が続出?その原因や理由と対策を説明

一昔前までは過度の食事制限が当たり前だったダイエットですが、最近ではボディメイクにおすすめのパーソナルジムに通い、引き締まった筋肉をつけることが主流となっています。

編集部

編集部

なかでも『ライザップ』は、短期でダイエット&ボディメイクが可能なことで有名で、入会を検討している人も多い人気ジムです。

でも結構きついからこそ、「やめた途端リバウンドした」って口コミ結構見かける気がする…。

「本当にライザップでダイエットできるのか?」

「ダイエット後のリバウンドを防ぐにはどうしたらいいのか?」

特にこの2点は、入会を検討中の人にとっては大きな懸念材料となります。

そこでこの記事では、ライザップでのダイエット方法とリバウンドの原因についてご説明していきます。

編集部

編集部

さらにリバウンドを防ぐ簡単なストレッチもご紹介!リバウンドのメカニズムをしっかり理解して、美ボディを長期維持していきましょう♡

【超重要】リバウンドのメカニズム

リバウンドのメカニズム

ライザップに限らず、ボディメイクジムでダイエットを行った後リバウンド経験がある方は、多いのが現実です。

がむしゃらにダイエットした分、反動がきちゃうのかなぁ?でもお金かけるわけだし、ちゃんとキープしたい!!

リバウンドは短期間だけでなく、時間をかけてじわじわと増えることも。

一体何故リバウンドしてしまうのか?

適切に対処するためには、その原因や理由と共に、そもそもリバウンドする(=太る)メカニズムを知らなければなりません。

人間が太るのはオーバーカロリーの時

人間が太るのはオーバーカロリーの時

人間は日々カロリーを摂取し、それを消費しながら活動しています。

太るという現象は、この摂取カロリーが消費カロリーを上回ったとき(オーバーカロリー)に起こるものです。

  • 摂取カロリーが多すぎる
  • 消費カロリーが少なすぎる
  • 上記二つの両方

オーバーカロリーはこれらのいずれかが原因であり、リバウンドするのも同じ理由です。

オ…オーバーカロリー!!やっぱ暴食しちゃダメってことですね。

編集部

編集部

オーバーカロリーは大原則ですが、体がそれなりに出来上がっていれば1回の暴食=チートデーぐらいでは完全にリバウンドすることはまれですよ!

リバウンドしたくない方は、まずは『摂取カロリー』と『消費カロリー』についてしっかり理解していきましょう。

摂取カロリーとは

摂取カロリーとは

摂取カロリーとは、主に食事によって体内に取り込まれたカロリーのこと。

ほとんどの食材に大なり小なりカロリーが含まれており、1日に摂取した分の合算が消費カロリーを上回れば、その上回った分だけ脂肪として体に蓄積されます。

ただし、摂取カロリーが少なすぎるのも問題です。

え!?ダイエットと言えば低カロリーだよね!?

消費カロリーよりも摂取カロリーが少ないとき(アンダーカロリー)、人間は蓄えている脂肪や筋肉を分解してエネルギーに換えながら活動します。

ここからが重要で、脂肪よりも筋肉の方が優先的に分解されてしまうため、過度のアンダーカロリー状態が続くと、日常生活に必要な筋肉まで失ってしまう可能性があるのです。

編集部

編集部

最近のダイエット傾向である、ただ痩せるだけでなく、ある程度の筋肉美も求めている方には、このメカニズムをしっかり覚えておきましょう。

消費カロリーとは

消費カロリーとは

消費カロリーは、基礎代謝と活動代謝の2つからなります。

  • 基礎代謝
    …生命維持に必要な行動(呼吸など)に伴うカロリー消費のこと。
  • 活動代謝
    …労働やスポーツなどによるカロリー消費のこと。

一般的に”筋肉をつけると瘦せやすい”といわれることから、筋肉の増加によって基礎代謝が増えると思わがちですが、これは間違いです。

筋肉量が増えても基礎代謝はほとんど変わらず、変えられるのは活動代謝となります。

編集部

編集部

つまり、筋肉量を増やしても、運動をしなければ瘦せる効果は得られないということです!

痩せるためにも運動は必要だけど、リバウンド防止にもやっぱりある程度の運動は必須ってことだね!

この「運動して筋肉をバッチリつけたから基礎代謝も上がっている=太りにくい」と誤解していることが、リバウンドしてしまう原因の一つであることも要チェックです。(詳細は後述)

1日の消費カロリーの目安

1日の消費カロリーの目安

リバウンドする可能性が摂取カロリーと消費カロリーにあることは分かったけど、ずっとキツイ運動をし続けないとだめなのかな?

どの程度の運動量が必要なのか、人間が1日に消費するカロリー(基礎代謝+活動代謝)は性別や年齢によって異なります。

そのため、まずは自分の消費カロリーを把握し、そこから摂取できるカロリーの上限を決めていくことが体重維持の基本となります。

【消費カロリーの目安:女性の場合】

年齢活動量(少ない)活動量(普通)活動量(多い)
18〜29歳1,7002,0002,300
30〜49歳1,7502,0502,350
50〜64歳1,6501,9502,250
65〜74歳1,5501,8502,100
75歳以上1,4001,650
単位:kcal

【消費カロリーの目安:男性の場合】

年齢活動量(少ない)活動量(普通)活動量(多い)
18〜29歳2,3002,6003,050
30〜49歳2,3002,7003,050
50〜64歳2,2002,6002,950
65〜74歳2,0502,4002,750
75歳以上1,8002,100
単位:kcal

引用元:lotte Medi Palette

(例)
活動量の少ない30代中盤の女性
◆1日の消費カロリーは約1,750キロカロリー
◇コンビニなどで販売されているチキン南蛮弁当のカロリー約1,100キロカロリー

こうみると、1食だけで1日に必要なカロリーの約63%も摂取したことになります。

編集部

編集部

数字化すると、多くの人が日常的にオーバーカロリーになっていることに気付けますね!

ライザップに行けばダイエットができる?

ライザップ

ここまで、人間が太るも瘦せるも、要は摂取カロリーと消費カロリーのバランス次第ということを説明してきました。

編集部

編集部

ダイエットしたい方も、その後のリバウンドが心配な方も、このバランスを考えれば良いということになります。

でも実際、素人が適切なバランスを見つけ出すのは難しいかも…。栄養素とか細かいことは分からないし。

運動+食事管理の徹底。

これらのサポートが受けられ、かつ短期ダイエットが可能なのが、ボディメイクジムの『ライザップ』です。

ライザップで短期ダイエットできる2つの理由

ライザップでダイエットできる理由

ライザップがダイエットに効果的なのには主に二つの理由があります。

  • 脂肪燃焼に効果的なトレーニングができる
  • 食事管理について指導してくれる

①脂肪燃焼に効果的なトレーニングができる

脂肪燃焼に効果的なトレーニングができる

一口にトレーニングといってもその種類は様々です。

  • 血流を上げるための基礎的な運動
  • 筋肉を作るためのハードな運動
  • 脂肪を燃やすのに適した有酸素運動

これらを効率よくメニューを組み立てることは、ダイエットに本気になった素人でも難しい所があります。

さらに、トレーニングを行うための設備や器具といった”環境”によって、効果はまったく変わってくることも。

その点、ライザップは利用者の目的に合わせて適切なトレーニングを提案。

  • 必要な運動量
  • 筋肉への適切な負荷
  • トレーニング中の姿勢や呼吸

こういったポイントをトレーナーの指導をもとにトレーニングできるので、短時間で最大限の効果を得られるのです。

確かにYouTubeのトレーニング動画と同じことしてるつもりなのに、前太ももとか変なところが太くなったことがある…近道しっかりできるのは嬉しい!

②ライザップは食事管理についても指導してくれる

ライザップは食事管理についても指導してくれる

ダイエットと食事は密接な関係にあることは、事前に知っている方が大半でしょう。

いくら脂肪燃焼に効果的なトレーニングを行っても、摂取カロリーが過多であればダイエットは成功しません。

そういや10代の頃、暴食したり、逆に断食したり繰り返してたらお肌ボロボロになったな…

体に必要な栄養素が不足するダイエットは、肌荒れや頭痛、集中力の低下、生理不順など悪影響しかありません。

ですが、その制御が難しいからこそ悩んでいる!、そんな方も多いはずです。

こうしたトラブルが起きないように、ライザップでは食事管理についてもしっかり指導してくれます。

食事管理のメリット

・運動量に対して過食か、不足かの判断がしてもらえる
・トレーナーの監視の目から、暴飲暴食を防げる
・一度得た知識は、ライザップを退会しても生き続ける

特に1度得た知識や成功体験は、仮にリバウンドをしても、落ち着いて自力で調整する手助けになることも。

そういった点でも、ライザップで食事管理をしてもらえることは大きなメリットとなります。

編集部

編集部

ライザップの入会は16歳からOK!成長ホルモンが安定していない時期の過食や拒食は大きく影響がでます。不安な方はぜひパーソナルジムを頼ってみましょう。

ライザップではどんなトレーニングがあるの?

ライザップでできるダイエットに適したトレーニング

ライザップでダイエットしてみたいかも!!心の準備としてリアルなメニューが知りたいな。

ライザップはパーソナルジムですので、ある程度のメニューはかぶる事はあっても、効かせたい場所や増やしたい筋肉量などによってメニューは大きく変わってきます。

今回は減量に合わせたメニューが書かれた口コミを調査しましたので、参考にされてください。

皆さん上記に上げたメニュー以外にも、毎度メニューが違ったり、比較的流動的な印象があります。

編集部

編集部

担当トレーナーさんとの日々のやり取りの中で”しっかり利かせに行っている”のが分かりますね!

ライザップの食事管理について

ライザップの食事管理について

ご紹介した通り、ライザップでは食事管理もしっかりサポートがしてもらえます。

  • 日々の食事内容をトレーナーに報告
  • オリジナルの食事ガイドブックを会員に進呈
  • 専用アプリで摂取カロリーや栄養をチェック
  • 低糖質レシピの紹介
  • オリジナルサプリメント

とはいえ、これらのサポートは受けられますが、食事管理の基本は”自炊”です。

ダイエット中の食事と言えば、ささ身食べるかサラダぐらいしか思い浮かばない…。

美味しく食事をとりながらダイエットは、モチベーションを上げる上でも大事なポイントです。

ライザップではガイドブックや低糖質レシピがあるので、難しさもなく、その通りに調理するだけで調理が完了しますよ!

ライザップのCMは本当?

ライザップのCMは本当?

実のところ、TVCMの芸能人達は撮影用に特別な短期間ダイエットを行っています。

これはライザップ側が株主総会において認めたことであり、一般のライザップ会員が行うトレーニングやダイエットとはまったく別の方法なのです。

実際のダイエットはリバウンド防止のために、もっと時間をかけてゆっくりと進めるものなので、TVCMはあくまでもイメージに過ぎないと考えておきましょう。

ライザップでもリバウンドするの?簡単な対策

ライザップでもリバウンドするの?

ライザップでは、ダイエットに効果的な指導を行いますが、当然、瘦せた後にリバウンドしないよう体型維持の方法も教えてくれます。

しかしながら、それを実践するかどうかは利用者の意思次第。

いくらライザップとはいえ、利用者の意思が弱ければ簡単にリバウンドします。

CMに出演した芸能人のなかにもリバウンドした人がいますから、瘦せたからといって安心せずに高い自己管理意識を持ち続けることが肝心です。

編集部

編集部

とはいえ、リバウンドを恐れていてはそれがストレスになりかねません。なにより、体が引き締まって理想ボディになったことを十分に楽しんで欲しいですね!

リバウンドしないための簡単な対策

リバウンドを防ぐには自己管理意識の他に、具体的な知識や技術も必要になります。

知っているものも中にはあるかもしれませんが、情報を精査していきましょう。

  1. ダイエットに関する誤った知識を正す
  2. ダイエット後も食事管理を続ける
  3. トレーニングを継続する

ダイエットに関する誤った知識を正す

残念なことに、インターネットや雑誌、TV番組などではダイエットに関する誤った知識が、あたかも事実であるかのように発信されています。

えぇっ!?でも番組上専門家の人の観衆が入ってるんじゃないの?

編集部

編集部

もちろん中には正しい知識も存在しますよ!以下に主な誤った知識をあげるので、リバウンドを防ぐためにもしっかり覚えてください。

部分瘦せできる特定の箇所だけ瘦せることはない
特定の食品を飲む・食べるだけで痩せる運動を伴わないので筋肉を失いたるんだ体になる
トレーニングは筋肉太りするしなやかな筋肉をつけるトレーニングなら筋肉太りしない
ダイエット中にお肉を食べてはいけない肉類はタンパク質が豊富なのでむしろ必要
1か月でマイナス10㎏不可能ではないが大幅に筋肉を失うのでリバウンドしやすい
筋肉がつけば痩せる筋肉をつけても適度な運動をしなければ瘦せることはない
ウォーキングで瘦せるよほどの早歩きじゃなければ脂肪燃焼効果は得られない
生姜やお茶で脂肪燃焼脂肪燃焼の促進に過ぎず、運動しなければ効果なし

ご覧のとおり、何かの番組や雑誌でみたようなダイエット方法がずらりと並んでいます。

記載したように、そのどれもが間違い。

瘦せる効果がないということはリバウンド防止にもならないということなので、誤って取り組まないようにしてください。

ダイエット後も食事管理を続ける

食事管理はダイエット後も続けなければなりません。

食事管理という表現を使うので、ダイエット期間中の一時的なものだと思わがちですが、そうではないのです。

編集部

編集部

ダイエットする必要があった=太ったということは、従来の食生活が大幅にカロリーオーバーだったということ。

  • ある程度の自炊は続ける
  • 外食などチートデーは作る
  • ダイエット後のリバウンド防止に向けて、自分に必要な消費カロリーなど基礎的な栄養素を学ぶ

消費カロリーについては「1日の消費カロリーの目安」でお伝えした通りです。

無理にリバウンド用の食事管理を考えるよりも、ダイエット中の食事の習慣化を目指すと楽に続けられますよ!

トレーニングを継続する

人間の体は年齢とともに筋肉を失っていきます。

運動しない人はそのスピードがはやいので、リバウンド以外にも健康維持のためにトレーニングは継続すべきです。

  • ライザップを継続して利用する
  • 個別で安いジムに通う
  • 自宅で動画を見ながら行う
  • 自宅で簡単なマシンを使って継続する

これらがライザップ終了後の進路ですが、特にマシンの使い方は重要です。

ライザップ利用時に姿勢などしっかり学んでおきましょう!

また、脂肪と筋肉の量に応じてトレーニングの内容は変えることが必要です。

(例)
ダイエットによって脂肪を大幅に減らした後⇒エアロバイクなどの有酸素運動よりも、ダンベルなどを使った低負荷の筋力トレーニングが最適。

(例)
ある程度筋肉もついている⇒物足りないお尻や二の腕の高負荷の筋力トレーニングによって、より一層メリハリボディを目指す

目標が変わると思えば楽しくトレーニングできそう!毎日した方が良いのかな?

編集部

編集部

いいえ!週2回程度のトレーニングで十分ですので、食事管理同様、さぼることなく定期的にこなす習慣を身につけてくださいね。

ライザップでダイエットしてもリバウンドは本人次第

この記事ではライザップでのダイエットとその後のリバウンドについてご説明しました。

ライザップにはダイエットを成功させるメソッドがあり、それに従ってトレーニングと食事管理を行えば誰でも瘦せることができます。

ただし、その結果を出すのも、継続させることも強い意志が必要。

意思が弱いと短期的にダイエットできても、その後においてリバウンドしてしまいます。

編集部

編集部

食事管理と自宅トレーニング方法を、ライザップでしっかり会得し、長い健康のためにも活かしていきましょう!

関連記事