ライザップは失敗する?失敗体験からわかる成功のポイント

7 min
ライザップは失敗する?失敗体験からわかる成功のポイント

ライザップで失敗しないか不安に感じていませんか?

この記事では「ライザップで失敗しないためのポイント」について解説します。

結論、ポイントさえ守れば、失敗する心配はありません。

失敗している声は多くありますが、ほとんどはライザップ後の生活に原因があります。

その他にも「ライザップで失敗した口コミ」や「ライザップで失敗した芸能人」も紹介します。

ぜひ今回の記事を参考に、ライザップで成功させてください!

また「ライザップの痩せない口コミ」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

ライザップの料金が気になる方は0円カウンセリングから

ライザップで失敗したくない方は、まず無料カウンセリングを受けてみましょう。

トレーニングを受ける前にさまざまなアドバイスをもらえるので、通う前の参考として、一度相談してみてください。

ライザップは失敗する可能性も高い

ライザップは失敗する可能性も高い

ライザップでのダイエットは100パーセント成功すると限らず、失敗する可能性もあります。

2015年にライザップでは、減量が目的でのライザッププログラムを完了した利用者に、アンケートを送付しました。

その結果として、7%もの人が入会時よりも体重が増加していると判明したのです。

プログラム開始時以上の体重になっている原因は、リバウンドにあります。

もちろん「93パーセントの利用者は体重が増加していない」とも言えるでしょう。

しかし、リバウンドする人がいるのも事実です。

せっかく体重を落としてもリバウンドしてしまうなら、失敗と言えるでしょう。

そのため、ライザップを利用するなら、失敗しないよう万全の態勢で臨まなければいけません。

ライザップで失敗した口コミ

ライザップで失敗した口コミ

「ライザップに失敗した」との口コミを、パターン別に紹介していきます。

ダイエットの失敗として考えられるのは、大きく分けて2種類です。

  • そもそも痩せなかった
  • 痩せたがリバウンドした

2種類の失敗についてそれぞれ、どのような口コミがあるかを紹介します。

また、口コミから分かる失敗の原因についても考えていきましょう。

ライザップで痩せなかった口コミ

「知人がライザップで失敗した」という口コミは、多く見受けられました。

本人の体験ではないものの、複数人が失敗しています。

ライザップでの調査にある通り、全員が開始時より体重が落ちたというわけでありません。

しかし「失敗した」というだけでは、ライザップに問題があるとは言えないでしょう。

ライザップでの減量に成功して美しい肉体美を披露しながらも、リバウンドが見られる芸能人もいます。

痩せたあとに運動をやめて暴飲暴食したら、体重が戻るのも無理はありません。

利用後にどのような生活を送るのかも、失敗と成功を分ける大きな要素です。

ライザップでリバウンドした口コミ

ライザップでリバウンドした口コミ

自分自身がライザップに挑戦し、リバウンドしたという口コミもあります。

リバウンドした人の口コミでは、体重の推移が記載されているものがありました。

ライザップを利用して結果を出したとしても、2つめの口コミにある通り、ダイエットしたままの状態を維持するのは大変だと考えられます。

ライザップで得た知識を、その後の生活にも生かせなければ維持は難しいでしょう。

これはライザップに限らず、どんなダイエット方法でも同じです。

ライザップで失敗する理由5選

ライザップで失敗する理由5選

ライザップでのダイエット失敗で考えられる理由を、5つ紹介していきます。

そもそも痩せない、痩せたがリバウンドする、どちらのパターンでも考えられる失敗です。

  • 継続的にトレーニングに通えていない
  • トレーナー指示を守れていない
  • 目標が曖昧
  • 退会後に運動をしなくなった
  • 退会後に食事制限をやめてしまった

5つのうち2つは、退会後の話です。

失敗する理由をチェックして、自分に合っているダイエット方法なのか判断する材料にしてください。

継続的にトレーニングに通えていない

ライザップでは効果を出すために、最低でも週に2回のトレーニングが重要だとしています。

ダイエットの結果を出すためには、ライザップが指定する回数を守るのは大切です。

「仕事やプライベートが忙しく通えない」という状況では、失敗する可能性が高くなってしまうでしょう。

もしライザップを利用するなら、継続的にトレーニングができるよう、意識しなくてはなりません。

トレーナーの指示を守れていない

トレーナーの指示を守れていない

トレーナーの指示を守れないのも、ライザップでのダイエットに失敗する原因です。

ライザップでは、毎日の食事内容を報告するというルールがあります。

報告をしない、トレーナーのアドバイスを守らない、などの状態では失敗してしまうのも仕方ありません。

トレーナーの指示を守らず自己流を貫くなら、ライザップを選ぶ必要はないです。

ライザップに限りませんが、ダイエットを目的としてジムに通うなら、プロの指示は受け入れましょう。

目標が曖昧

せっかくライザップを使っても、目標が曖昧だとダイエットに失敗する可能性があります。

トレーニングと食事制限でのダイエットは、決して楽ではありません。

そこでダイエットのモチベーションを維持するためには、明確な目標が必要です。

ライザップでのダイエットを始めるなら、まずはしっかり目標を設定しましょう。

退会後に運動をしなくなった

退会後に運動をしなくなった

ライザップでの失敗には、退会後に運動をしなくなったパターンも見受けられます。

通っている間は体重や体脂肪が落ちても、運動をしなくなれば元に戻るでしょう。

利用前に戻ってしまうのならリバウンドとなり、ダイエットは失敗だと言えます。

体重や体脂肪が落ちたからと気を抜かず、退会しても可能な限り運動を続けていくことが大切です。

退会後に食事制限をやめてしまった

ライザップでは、退会後に食事制限をやめてしまいリバウンドするケースもあります。

芸能人に良く見られるのが、食事制限をやめてしまうパターンです。

もちろん芸能人は、仕事の関係上、長期間の食事制限は難しいかもしれません。

それでも体重や体脂肪が落ちた状態を維持したいと思うのなら、可能な限り食事制限を続けていく必要があるでしょう。

ライザップに失敗した5人の芸能人

ライザップに失敗した5人の芸能人

実際にライザップに挑戦して肉体改造して、リバウンドしたとされている芸能人を5人紹介します。

5人はいずれもCMで挑戦後の状態を披露しているため、ダイエット自体には成功した人物です。

ライザップに挑戦してリバウンドが指摘されている芸能人は、その後の体重を公表していません。

ただしリバウンドが指摘されており、その後ライザップのフォローを受けている芸能人もいます。

リバウンド後の体重が公表されていなくても、容姿に変化が出ているなら失敗だと考えられるでしょう。

「失敗した」と言われている芸能人の経緯についてまとめたので、参考としてご確認ください。

香取慎吾

元SMAPの香取慎吾さんは、ライザップを利用したダイエット体験者の1人です。

身長183センチの香取さんは、2015年4月のCMで魅力的な筋肉を披露しました。

体重の推移は非公開ですが、ライザップにより10キロ以上の減量に成功したとされています。

ただし2015年のCM公開直後と比較すると体型が変化しているため、失敗だとの声があるようです。

香取さんは、過去に他のダイエットにも挑戦した経歴を持っています。

比較的体重の推移が大きいタイプであるため、食事量・運動量の変化があったのでしょう。

岡村隆史

ナインティナインの岡村隆史さんも、ライザップで大幅な減量に成功した1人です。

もともと小柄で痩せ気味だった岡村さんですが、2010年に体調不良により5ヶ月休業しました。その後に体重の増加が見られ、2017年にライザップでの減量に挑戦しています。

実施期間は2ヶ月ですが、体重・体脂肪・ウエストともに大きく減少しました。

  • 挑戦前:体重59.0キロ 体脂肪率26.8% ウエスト83.5センチ
  • 挑戦後:体重53.6キロ 体脂肪率20.0% ウエスト73.8センチ

失敗だとの声もありますが、ライザップ挑戦前よりは痩せている状態に見受けられます。

出演している番組では食事を取り扱う内容もあるため、完璧に食事をコントロールするのは難しいのかもしれません。

峯岸みなみ

AKB48の元メンバーである峯岸みなみさんは、2015年にライザップでの肉体改造に挑戦しました。

身長は158センチであるため、体重は挑戦前も問題ありません。

それでも2ヶ月間のトレーニングで肉体改造に成功し、引き締まった体をCMで披露したのです。

挑戦前と挑戦後のデータは、以下の通りです。

  • 挑戦前:体重48.6キロ 体脂肪22.6% ウエスト62.1センチ
  • 挑戦後:体重43.7キロ 体脂肪17% ウエスト57.7センチ

リバウンドを指摘する声が特に多かったのは、峯岸みなみさんです。

担当したトレーナーが峯岸さんの食生活に言及したことでも話題になりました。

ただし峯岸さんはリバウンド後に再び体重が減っている様子も見られています。

森本卓郎

ライザップに挑戦する前は1日5食、重度の糖尿病を患っていたのが経済評論家の森本毅郎さんです。

森本さんは身長が168センチであるのに対し、ライザップ挑戦前の体重が89.4キロでした。

しかしライザップに4か月挑戦したことにより、体重は約20キロ減少しています。

皮下脂肪・内臓脂肪ともに半分まで減少しました。

  • 挑戦前:体重89.4キロ 内臓脂肪243.35平方センチメートル 皮下脂肪270.19平方センチメートル
  • 挑戦後:体重69.5キロ 内臓脂肪113.12平方センチメートル 皮下脂肪114.25平方センチメートル

森本さんは、テレビ番組の企画でライザップに挑戦しました。

ところが企画終了後に「食事制限をせず自由に食事をしたためリバウンドした」と公言しています。

その後は「ゆるサポライザップ」で、週1回のリバウンド対策を実施しています。

徳井義実

チュートリアルの徳井義実さんも、ライザップを利用して大幅な減量に成功した1人です。

公開されたCMで披露されている引き締まった体は、SNSなどでも大きな話題になりました。

徳井さんの挑戦前と挑戦後の推移は、以下の通りです。

  • 挑戦前:体重75.8キロ 体脂肪率27.8% ウエスト91.7センチ
  • 挑戦後:体重65.0キロ 体脂肪率13.0% ウエスト73.9センチ

徳井さんがライザップに挑戦したのは2013年のことで、だいぶ年月も経過しています。

詳細なリバウンドの数値は出ていませんが、輪郭がふっくらしてきたているため、徳井さんもリバウンドが指摘されている1人です。

ライザップで失敗しないためのポイント

ライザップで失敗しないためのポイント

費用を掛けて減量に挑戦するなら、ライザップでの失敗は避けたいでしょう。

そこでライザップで失敗しないためのポイントを紹介します。

  • スケジュール管理を徹底する
  • ライザップをきっかけに生活を改める
  • トレーナーと仲を深めておく

3つのポイントについて解説するので、ライザップを利用する際の参考にしてください。

スケジュール管理を徹底する

ライザップでのダイエットに失敗しないために、自分自身のスケジュール管理を徹底しましょう。

最低でも週に2回はトレーニングができるように調整してください。

自分自身でもトレーニングを続ける必要もあります。

ライザップの期間は、2ヶ月・3か月・4ヶ月から選択可能です。

自身に合うコースを選んで、ライザップに通っている期間内は、しっかり通えるようにスケジュール調整しましょう。

ライザップをきっかけに生活を改める

ライザップをきっかけに生活を改める

失敗やリバウンドを防ぐためにも、ライザップをきっかけに生活を改めるようにしましょう。

ライザップの期間終了後にリバウンドしたのでは、せっかく通った意味がなくなってしまいます。

  • 運動を継続する
  • 食事制限を徹底する

ライザップに通って終わりではなく、通ったのをきっかけに生活を改めると、リバウンドを防げるでしょう。

甘いものへの誘惑に負けやすいタイプなら、とくに生活を改めるよう意識する必要があります。

トレーナーと仲を深めておく

ライザップで失敗しないためには、トレーナーとの仲を深めておくのも大切なポイントです。

ダイエットを続けるなら、モチベーションを維持し続けなくてはなりません。

そのためにはトレーナーとの信頼関係も大切になるでしょう。

ライザップでの成功体験談では、芸能人・一般人どちらも「トレーナーの存在が大きかった」との感想が見受けられます。

トレーナーとしてではなく、パートナーとして、仲を深めておきましょう。

ポイントを守ればライザップで失敗しない!

ライザップ(RIZAP)

ライザップでの失敗経験は多くみられますが、ポイントさえ守れば失敗しません。

失敗するの多くの人は、なにかしらの原因があります。

自身でも生活改善を心がければ、失敗の可能性はほとんどありません。

ぜひ今回の記事を参考に、ライザップを利用する際は、自身を改める気持ちでのぞみましょう。

ライザップの料金が気になる方は0円カウンセリングから

ライザップで失敗したくない方は、まず無料カウンセリングを受けてみましょう。

トレーニングを受ける前にさまざまなアドバイスをもらえるので、通う前の参考として、一度相談してみてください。

関連記事