横浜流星主演!水墨画をテーマにした『線は僕を描く』待望の実写映画化 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 横浜流星主演!水墨画をテーマにした『線は僕を描く』待望の実写映画化

横浜流星主演!水墨画をテーマにした『線は僕を描く』待望の実写映画化

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した青春芸術小説『線は、僕を描く』が実写映画化!公開日も 10月21日(金)に決定した。

実力・人気共に若手トップの横浜流星が【水墨画】に初チャレンジ

僕線

主演は、第43回アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手トップクラスの実力を持つ横浜流星。とあるきっかけで水墨画と出会い、学ぶことでその世界に魅了されていく主人公、青山霜介役に臨む。

『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集、【かるた】の次は【水墨画】に挑戦。役作りのため、撮影前には水墨画家の小林東雲のもとで1年以上もの時間をかけて【水墨画】の練習を繰り返した。

「その日、その時の感情によって、描く線が変わる水墨画の無限の可能性に驚かされた。」と語る横浜は、霜介として瑞々しい演技を魅せる一方で、見事な筆さばきを披露している。

横浜流星(青山霜介役)コメント

原作を読んで、まず僕自身も霜介と共に水墨画の魅力に引きこまれ、喪失を抱えた霜介が水墨画と出会い、温かい人々と出逢い、自分の止まっていた時間を動かし、再生していく様を繊細に演じられればと思いました。霜介は、暗い過去を背負う中で、水墨画と温かい人と出会う青年です。水墨画に対する真っ直ぐな想いや大切な人たちの言葉をしっかり受け止める事が大事だと思い、霜介として生きました。水墨画は、真っ白な紙に一本の筆と墨だけで描かれる絵です。その日、その時の感情によって、描く線が変わってくるので、繊細で、毎回不思議だな、奥深いなと感じながら、その無限の可能性に驚かされていました。この作品をきっかけに水墨画の魅力がたくさんの人に伝わればいいなと思っています。

Information

『線は、僕を描く』
《公開日》2022年10月21日
《主演》横浜流星
《監督》小泉徳宏
《映画公式サイト》senboku-movie.jp (3/23AM7:00オープン)
《コピーライト》©砥上裕將/講談社 ©2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGG TGC PREMIUM