life

メンバーには非公開?Da-iCE・工藤大輝が見せた"わがまま"な芯の強さ

kudo01

 

5人組ダンス&ボーカルグループ『Da-iCE』のリーダー・工藤大輝が、30歳の誕生日である6月28日にすべて私服の写真集『工藤大輝写真集 -極光-』を発売する。自身のInstagramにて写真集の発売が発表されるとファンからは歓喜の声で溢れ、大きな反響があった。以前からファッションセンスに定評があり、ファン待望の写真集を発売することになった工藤大輝に今の心境をインタビュー!また、写真集からアナザーショットをgirlswalker独占公開♡

■写真集『-極光-』を出すこととなったきっかけは?
工藤(以下・K):僕自身で企画書を書きました。企画構想は1年半前からあり、30歳の誕生日に出したくて、そのためには何をしたらいいのかを考え、内容やアイデアを企画書にまとめて送ったところから始まりました。

記者:完成していかがですか?
K:今のところ、いいものが出来たと思っています。でも基本ネガティブなので、半年くらいしたら「あの時もう少しこうしたら良かったな」とか思うかもしれないです。(笑)

記者:ご自身で企画から行われたということですが、中でもこだわった部分は?
K:表紙で顔が見えていないところです。"写真集"って聞くと、表紙は顔が全面に出ているものが多くて、僕自身がアイドル好きなので写真集をよく買うんですが、書店で手にとってからレジに持っていく恥ずかしさをうまく隠せたらと思い、作品集やカルチャー雑誌みたいな表紙が今の時代にも合っているのかなと感じて、かたちにしました。もちろん書店に並んでいて、この人の顔が好きと思って購入する人もいると思いますが、その人達よりも欲しいけど書店では恥ずかしくて買えないと言う人のほうが実は多いかもと感じて、スタッフさんからは反対されましたが、今回はわがままを言ってお願いしました。『-極光-』というタイトルや、中のページの詞も然り、写真以外の部分でも色々と挑戦しています。

記者:『-極光-』というタイトルの意味は?
K:"極光"はオーロラの日本語訳なのですが、実はオーロラは肉眼だと殆どが白色らしく、カメラを通して初めてきれいな色になるらしいんです。僕も少し当てはまる部分があって、僕自身は自ら輝いているわけでなく、ファンの方というフィルターを通して"Da-iCEの工藤大輝"がいいと思ってくれているというところや、常に不安定で一定の色じゃないところも一緒だと思ったので、今回はこの言葉をタイトルにつけました。後はタイトルを漢字にしたかったんです。写真集というより、ページの中に写真集の為に描き下ろした詞も入れて、小説のような作品集のような写真集をイメージしました。

■お気に入りのカットはありますか?
K:個人的に表紙が好きです。今回、撮影期間が3日間しかなかったのですが、1日目と2日目の東京で雨と桜、3日目に北海道で雪という色々なシチュエーションで撮影できたのは、運良く、奇跡が重なりました。僕が昔から信頼しているカメラマンさんに撮影してもらったので、普段の僕に近いです。どちらかと言うとと"ハッピー"というよりは、"しっとり"する感じのイメージの写真が多くなっています。

記者:北海道では出身校を訪ねられたそうですね!
K:学生の頃、授業中はほとんど寝ていて(苦笑)、放課後にダンスボーカルスクールへ通う少し変わった生活をしていました。学校の友達とはあまり喋らず、ダンススクールの友達と仲良くしていていました。学校の友達と仲良くなったのは高校を卒業した後になります。久しぶりに訪れたら懐かしさは感じました。

■写真集を出すことに、メンバーからの反応は?
K:自分の写真を見せるのは恥ずかしいので、一切見せないままにしたいですね(笑)僕の写真集を見せるくらいだったらおすすめのアイドルの写真集を渡したいです。でも、Instagramのカウントダウンについては「あれなに?」って聞かれましたね。写真集の発表をするのに面白いカウントダウンをしたくて、携帯を触っていた時にパスワード画面に目がついて「コレ使えるな!」とひらめきました。Instagramの画像表示が横3つだったりキーパットと合って、変わったカウントダウンが出来たんじゃないかと思っています。もしよかったら僕のInstagramを覗いてみてください(笑)

t02

 

■ファッションを好きになったきっかけは?
K:母親が服飾系の学校出身で小学校低学年の時は、親が組んだコーディネートが置いてあり、それを着て学校に行っていました。でも、小学校半ばにもなると「なんでこれ着なくちゃならないんだよ」と思い始めて、自分で買いに行くようなりました。洋服に興味をもったのはこの頃からですね。

記者:今は毎日どのようにコーディネートを組んでますか?
K:前日の夜に次の日の天気とスケジュールでコーディネートを組んでいます。例えば、色んな人に会う日だったらきちんとした格好で、リハだけだったら動きやすいゆるい服を着ています。洋服は多くなくて、クローゼットの中は写真集に写っている程度です。好みは変わりやすくて、色々なファッションを楽しんでいます。

■ファッションのこだわりは?
K:ブランドサイトを見たり、SNSを見たり、海外のショッピングサイトをよく見て情報を得ています。関税がかからないものを探したり、ネットサーフィンもしますが、サイトで買うことは少ないです。僕にとって、サイジングが重要でなるべく店舗に行って試着するようにしています。後は、誰でも着れそうな服をどううまく着るかを考えています。

■誰かをスタイリングするなら…
K:難しいなぁ。後輩のグループとかですかね?全体的なビジュアルプロデュースをしてみたいです。最近は6/14発売シングルの『トニカクHEY』の衣装を振り切った曲のイメージから派手で各自バラバラなスタイリングにしたいとメンバー、スタッフさんと話し合いました。後は、次回のツアーの衣装のスタイリングやグッズの制作に携わっていて、スタイリストさんへアイデアを出していくスタイルですが楽しいです。

t03

■異性の好きなファッションは?
K:あまり露出が高くなくて、わりと地味で、TPOに合わせた服装がいいですね。遊園地にヒールを履いてきたり、高級レストランなのにスニーカーを履いてきたりする人はあまり良い印象ではないかもしれません。TPOをわきまえているならジャンルは問わないです。

記者:写真集の中では、海でのシーンもありましたが、海のデートはいかがですか?
K:海いいですね。地元は海が近いので、そうなったら実家に連れていきます(笑)

■最近ハマっていることは?
K:3ヶ月前からグルテンフリー生活をしています。意外としんどくなく、たまたまやってみたら周りの評判がよくて、僕は実感ないんですけど「痩せたね」って言われ始めました。パンやケーキが好きな子は少しきついかもしれません。あとはビール!僕はビールが好きなので、月1程度のご褒美にしています。

■30歳の心境は?
K:焦っています。全然なすべきことをなせていない感覚に陥っていて、こんなでペラペラでいいのかだったり、こういう曲を作れたらよかったなどの細かいところで全然追いつけていなくて、30歳はそれを埋めて行くことが目標です。

記者:野望はありますか?
K:全く僕と関係のない方の楽曲をつくって歌ってもらいたいです。Nissyさんへ「ハプニング」という曲の作詞・作曲に携われたことは嬉しかったですね。

記者:西島さんとはプライベートでも仲が良いんですね
K:そうですね、もう13年程の付き合いです。長いと考え方なども似てきますね。

■誕生日の思い出は?
K:盛大に誕生日パーティーをやらないタイプなので全然ないです(笑)去年、誕生日にひとりでご飯を食べていたら偶然先輩に会いました。恥ずかしくて今日が誕生日だと言えなくて後日「あの日、誕生日だったの?なんで言ってくれなかったの」って言われて、とても恥ずかしい気持ちになりましたね。その時に会った先輩は伊藤千晃さんです。

t04

 

■今後、挑戦してみたいことは?
K:アイドルグループの楽曲からビジュアル含め、トータルプロデュースです。今は、アイデアと企画をためています。これは、Da-iCEに入ったときから考えていました。自身がプレイヤーで、同時進行で誰かをプロデュースしている人は少ないので、両方に挑戦してみたいと思っています。

記者:壮大なプロジェクトですね。
K:行動するのは早いかも!何かをしたいから、そのためにどうしたらいいかというところのスピードは早いです。だめって言われたら違うやり方を考えるし、切り替えも早いです。行動力で言ったら、ひとりでも旅行にいけます。アクティブではないけど、ずっと同じところにいることが苦手なので勝手にほいほいどこでも行っちゃうタイプ。最近は行けていないけど、京都が好きなので、ひとり旅に行きたいです。海外だったら、スウェーデン・北欧に行きたいです。北欧のブランドが好きで、実際に洋服を見に行きたいですね。

■"アーティスト""アイドルオタク"として新境地となりましたか?
K:アーティストが写真集を出すときに「どうやったら面白いのか」ということを考えて、詞を載せたり、特典のDVDの曲を自分で作ったりして、なるべく音楽が身近に感じられるようにしました。僕の肌感覚なんですが、アイドルのイベントでも最近は世間が思っているより変わってきていて、おしゃれな大学生とかたくさんいるんです。今回の表紙は、男の子もファッション誌みたいにレジに持っていきやすい状況をつくりたいということも考えていたのでぜひ手にとっていただきたいです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「"ダンスボーカルグループ"って、僕のイメージなんですけど、ストリートで屈強な感じじゃないですか。人によっては近付きにくいと感じる人もいると思うので、僕は違うところから入ってきてくれる子の入り口になれたらいいなと思っています。」と自身の揺るぎない確立したスタイルを語った。「写真集は、また3年後とか5年後とかにテーマを変えて出せたら嬉しいです。」と次作に向けての意気込みも!今まで着々と吸収してきた経験やイマジネーションを放ち、新しい道を切り拓いていく彼の今後の活躍にますます目が離せない。

発売をお楽しみに!

Information
 news_thumbnail_image_1049494
「工藤大輝写真集『-極光-』」6月28日発売!

ダンスボーカルグループDa-iCEのリーダー、工藤大輝のソロ写真集が30歳の誕生日に発売決定!本人が完全プロデュースした一冊。発売記念イベントも決定。詳細はこちら!
http://da-ice.jp/

Profile

工藤大輝
1987年6月28日生まれ。北海道出身。アパレルの経験もあり、ファッション関連にも精通している傍ら、アニメやアイドルオタクの一面を持ち、コラム連載や他アーティストへの楽曲提供などソングライターやクリエイターとして多方面で活躍中。

・HP:http://da-ice.jp/
・Twitter:@Da_iCE_TAIKI
・Instagram:@da_ice_taiki