life

注目の同世代“ハンサム”俳優!渡部秀も気になる桜田通の放つオーラとは?

 

handsome_gw001

人気の若手俳優たちが歌って踊って芝居して!?アミューズに所属する“ハンサム”たちがパワーアップして帰ってくる!
2014年に10周年を迎え、10年間の集大成として華々しく幕を閉じた「SUPER ハンサム LIVE」。それから1年、ファンの強い要望によりついに『HANDSOME FESTIVAL 2016』が12月17日(土)12月18日(日)に開催決定!

そんな中、今回はなにやら公演に向けて準備を始めばかりの注目俳優である91年コンビ、(写真左より)渡部秀さん、桜田通さんをキャッチ!過去公演にも出演もしている彼らから、今年の意気込みをコソッと聞いちゃいました♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

■新たに開催が決定した『HANDSOME FESTIVAL 2016』はどんな公演になりそうですか?
桜田(以下・S):僕達も本番に向けてこれから準備していくので、どうなるのか楽しみです!
渡部(以下・W):そうなんです、どうなるんでしょうね〜。

記者:『SUPER ハンサム LIVE』を越える公演になりそうですか?

S:『SUPER ハンサム LIVE』を越えるというより、今回は“FESTIVAL”なので、新たなイベントだと思って楽しみにしてもらえたらいいです。
W:うん、そうだね!
S:内容も全然違うからね。
W:…そうなの?
S:まだなにも知らないけど(笑)。
W:確かに、もしかしたら“歌わない”かもしれないよね(笑)!
S:出演者も今までと違いますし、初参加の若い子もいます!全く別の新しい内容を期待してもらえたらいいです。そういえば、今までいたメンバーで今回出演しない人もいるよね。秀は聞いた?
W:聞いた!メンバーも入れ替わってほんと新鮮だよね。
S:でも、ていうことは僕達が引っ張っていくの?あぁ、終わった…(不安)。
W:そんなことないから!(笑)

記者:みなさん新生チームに期待しています!

S:見に来てくれる人いるのかな…。
W:隆くん(神木隆之介)もいるし、通くんのファンの方もいっぱい来てくれるでしょ!
S:そうだった、隆もいてくれてよかった。
W:隆くんは出演者の中でもマスコットキャラみたいな立ち位置だからね。
S:隆とこのクマちゃんは同じくらいのいい勝負だね。
W:確かに、五分五分くらいの闘いだな(笑)。
S:それくらい隆のマスコットキャラ的オーラは役割は大きいよね。

handsome_gw002

記者:今までも歌やダンスを披露していますが、皆さんとても上手いですね。

W:通くんはどっちもすごく上手くて、パフォーマー気質です!
S:全然上手くないから、そんなことないです。上手い人はもっと他にもたくさんいます!なので歌手ではない分、お客さんに気持ちが伝わるパフォーマンスが出来たらいいなと思ってやっています。

記者:渡部さんも素敵な歌声ですよね。

W:僕は本当にダンスが苦手で、ハンサムメンバーには元々ダンスが上手い人がたくさんいます。なので練習の時は喰らい尽くのでやっとです。
S:みんなで教え合いながら練習しているよね。
W:でもたまに、ダンスが上手い人でさらに歌も上手い人っているよね、ほんと敵わないなぁ。
S:確かに敵わないね。でもだからこそ、鳥肌が立つくらい歌が上手とかすごく揃ったダンスとかは本物のアーティストの方がやること。僕達が一生懸命練習をして積み重ねるのは、全てお客さんの為だけなんです。それがステージから伝わればいいよね?
W:うん。役者の僕達が歌とダンスにチャレンジすることに面白味があるんだと思います。なので質以上にそういった気持ちを大切にしていこうと思います。「頑張って練習したんだろうな」って思って貰えれば嬉しいです。なので頑張って喰らい尽いていく姿を見てください!

記者:気持ちがこもったステージになりそうですね!

S:届いたら嬉しいです。そんな事を思って毎年やっていましたが、3年前からCROSS GENEが参加するようになって、
W:本物の歌手が来ちゃったね(笑)!
S:差を見せつけられてしまいました。クオリティが違う…(笑)。
W:逆に彼らが演技に挑戦するってなった時に、ファンはどんな演技をするのか楽しみだよね。普段見ることが出来ない表情をそれぞれが見せられる場に出来たらいいね。
S:確かに、秀が歌って踊ってると「わ~ハンサムライブだな」って感じるよね。
W:やっぱりいじってるし(笑)。

記者:お客さんのボードって実際ステージから見えていますか?

S:見えますね。
W:もちろん!見えます!いつも舞台の時は演技に集中しているので客席は見えませんが、ハンサムライブってお客さん全員の顔を見ることが出来ますよ!なのでお客さんの反応が逆に僕達のパワーになっています。
S:不思議と視力が良くなります!
W:視力(笑)。今回は東京ドームシティホールだっけ?
S:おお、好き!視界が良くていい会場だよね。

記者:せっかくなので「こんなことしてみたい!」ってことはありますか?

S:モノを投げたい!!
W:モノ?何投げるの?
S:タオルとか!
W:通くん、Tシャツも投げちゃいそうだね(笑)。
S:僕がお客さんだったら出演者がタオル投げてくれたら嬉しいから。投げたい!!水も掛けたい!
W:嬉しいよね。僕は、お客さんにダイブしたい!
S:(笑)!やってみよう!
W:ロックバンドとかのライブではよくあるじゃないですか、ワーってやってみたい!でも女性の中に飛び込むのは危ないですね(笑)。でもいいな!
S:じゃあ、とりあえず秀はやってみよう。
W:そしたら体重が軽いから先に隆くんで試してみよう(笑)。
S:でも隆だと軽いし、もみくちゃで戻ってこれなそうだね。