entertainment

向井理が号泣させた

俳優の向井理ちゃんが、6月24日、都内の映画館で行われた映画「いつまた、君と ~何日君再来~」の上映初日舞台あいさつに登場しました。

戦争を生き抜いた、向井ちゃんのおばあちゃんの手記が原作で、向井ちゃんが企画したの。

向井ちゃんはおじいちゃん役で、主演のおばあちゃんの若いころを演じたのは女優の尾野真千子。

そして肺腺ガンで亡くなった女優の野際陽子さんが、現代のおばあちゃんを演じたことで話題になっているわね。

映画が終わり舞台あいさつが始まると、観客はスタンディングで拍手し出演者を迎えたの。

欧米ではよくある風景だけど、日本では滅多にない光景。

観客はかなり感動したようで、その様子を見た主演の尾野は「こんなの初めて。もう座って下さい」と号泣したのよ。

その様子を見た向井ちゃんは「隣で号泣されると冷静になるもので」と言うものの、「僕もこういう経験が初めてなのでビックリしています。たくさんの人の気持ちに届いたんだなと思います」と成功したことを実感していたようね。

これは大ヒットする可能性があるんじゃない?

 

そして向井ちゃんは、妻を演じた尾野に花束を手渡したのよ。

すると尾野は「やめろよぉ~」と言いながら、また号泣しちゃったわ。

ガルタメ芸能学園:ぷりりん