entertainment

北野武フランス映画の魅力を語る

6月22日、映画監督の北野武が都内の映画館で行われた「フランス映画祭2017」(6月25日まで開催)のオープニングセレモニーに出席しました。

フランス映画を紹介する映画祭で、来日中のフランス人女優カトリーヌ・ドヌーヴさんもステージに登場しています。

カトリーヌ・ドヌーヴさんの前で北野さんは「どうも、安倍晋三です」とあいさつ。

「僕にとってフランス映画はジャン・ギャバンから始まってセルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンのガラスの墓標。それからカトリーヌさんが出演した「昼顔」「シェルブールの雨傘」などから影響を受けています」とコメント。

さらに北野さんは「親子で楽しめる映画もいいのですが、映画は観終わった後に恋人同士や友達同士で語り合ってお互いの見方を語り合う役目もある」と言うと、「フランスの映画は一番語りやすいし映画だと思います」としっかりとフランス映画の魅力についてもコメントしていました。

ガルタメ芸能学園:yuco