entertainment

ピコ太郎の学生時代の失恋

14日、アーティストのピコ太郎(53)と歌手の大原櫻子(21)が都内で行われた「ソフトバンク」のYouTubeでのCM「学割ってる?フェス~みんなで踊って公開収録!~」に出演しました。

2人は、一般募集で集まった学生約120人と「学割ってるダンス」を披露。

踊り終えたピコ太郎さんは「みんな上手!大原さんは若いから汗が4すじでしたけど、私は2リットルもかきました」とヘトヘトの様子です。

 

このCMは学生をテーマにしていることから、学生時代の思い出を聞かれたピコ太郎さんは「教室の隅っこで10円玉を数えたり、地学部でジュラ紀のアンモナイトを調べたりしていました」と言うのです。

ピコ太郎さんは、バレンタインデーの日に女子から「○○君に渡して」とチョコを託されることが多かったよう。

そのでいで、「あだ名は宅配便だった」と告白していました。

 

ただ、高校の卒業式の日に、青森県から上京するときはクラス全員が駅に見送りにきてくれたそう。

「駅のホームでずっと好きだった女の子が目の前に来て、ずっと古坂君が私のことを好きって知っていたけど、ごめんなさいと、告白もしてないのにふられました」と話しました。

その様子を見ていた大原さんは爆笑。

ピコ太郎さんは「そんなに人の不幸が好き!?」とつっこんでいましたよ。

今となってはいい思い出ですね。

ガルタメ芸能学園:yuco