entertainment

高橋メアリージュン芸能界のきっかけ

13日、モデルで女優の高橋メアリージュン(29)が都内で行われた「国宝・彦根城築城410年祭」(18日から12月10日まで)の宣伝イベントに出席しました。

滋賀県彦根市にある彦根城の築城410年を記念したイベントで、メアリージュンさんは滋賀県出身のため呼ばれたよう。

ご当地キャラクターのひこにゃんも登場し、ホワイトデーなのでメアリージュンさんにクッキーをプレゼントしました。

大喜びのメアリージュンさんですが、ホワイトデーの予定はナシ。

バレンタインデーに弟さんにチョコをあげたそうですが、「お返しは絶対くれないですから」と残念な感じです。

 

また会見では滋賀県時代の思い出を聞かれ、メアリージュンさんは「家族会議をしたことがあって」と言うと、「父は牛乳屋さんの社長だったんですけど、ある日父からみんな琵琶湖に行こうってなって、小学校6年生くらいの時だったんですけど、そこでお父さんの会社がアカンので今までのようにはいかないけど、みんなで頑張ってくれるか、っていう家族会議をしたんです」と告白しました。

牛乳を飲まない人や牛乳配達もほぼ無くなってしまったので、牛乳関係のお仕事は厳しいでしょうね。

ただ、このときメアリージュンさんは「これからは、うちらが親を支えていかなきゃ!親のために頑張ろう決心して、そのときくらいからこの世界を目指すことを決めました」と話していました。

そんなことがあって、今のメアリージュンさんがいるんだですね。

まさにピンチをチャンスに転換!

ガルタメ芸能学園:yuco