entertainment

深津絵里の頭が割れる

俳優の染谷将太(22)が主演する映画、寄生獣のイベントが30日都内で行われた。
宇宙からの未確認生物が人間にのり移ってしまうという物語りで人気マンガが原作。
ただこの実写化はかなり難しいと言われてきたのだが…主演に抜擢されたのは染谷だ。
映画では染谷の右手だけがのっとられてしまい、その右手を「ミギー」と呼んでいる。
完成した映画を初めて観た染谷は「ミギーさんを初めてお見かけしたのでそこは涙が出そうになりました」と言う。
そして「現場ではミギーを想像しながら芝居をしていました。あるときミギーさんがいたような気がして監督にミギーさんが見えたと言ったら頭は大丈夫かと言われました」と告白し笑いを誘っていた。

また共演の深津絵里(41)は寄生獣にのっとられ頭がパックリ割れてしまう役。
自分の頭が割れている姿を見た深津は「けっこう似合っていると思う」と意外な発言を残している。

この映画の権利はハリウッドが持っていたのだが、その期限がきれ日本での制作になった。
頭がパックリ割れグロテスクなシーン満載の映画だが大ヒットすれば染谷の出世作品となるだろう。
映画、寄生獣は11月29日から公開。

ガルタメ芸能学園:会長中島