entertainment

関ジャニ大倉に武井咲が注意したこと

関ジャニ∞の大倉忠義ちゃんがドSキャラを演じている話題の映画「クローバー」の宣伝イベントが27日都内で行われ、大倉ちゃんはヒロイン役の武井咲と登場しました。
今回のイベントは「ドS女子会」…とはいっても女子がドSなんじゃくて、ドSの大倉ちゃんが大好きな女子高生、女子大生の集まりね。
そこで大倉ちゃんはアンケートで募集した映画で出て来るドSなセリフを強制的に言わされるハメになっちゃったのよ。
大倉ちゃんが言わされたのは「気持ちが入っていなければキスとは言わない」「バカ手を離すな」「沙耶…愛してる」の3つ。
ステージでやるのはとっても恥ずかしいようで、大倉ちゃんは「え~どうしよ…もうええやん」と困りまくり。
真面目な大倉ちゃんを武井は「なんでそんなに嫌がるの!?」って注意しちゃってさ~あ~これは本当は武井がSね。

映画では大倉ちゃんが武井の頭をポンポンとたたく場面があるんだけど、大倉ちゃんはそんなことやったことがないようで武井に「頭ポンポンってどうやってやるの?何回?」って質問したんだって。
それを武井がここで暴露しちゃったのよ。

最近は「壁ドン」が流行ってるけど大倉ちゃんは「壁ドンして告白したりせずに普通に言えよって思いますよ」と指摘。
その通りよ!
壁ドンなんてやるのはドSっていうよりナルシスト。
このイベントの司会をやっていた陣内智則は病的なナルシストで有名だから陣内だったら壁ドンやってるんじゃない。

なお映画「クローバー」は11月1日から公開よ!

ガルタメ芸能学園:ぷりりん