cinema

【独占先行解禁】生田斗真も気になる注目俳優・健太郎が“幻”の初出演?運命を予期する巡り合わせ

少女漫画を代表する純愛名作コミックとして広く親しまれ、7年間に渡って別冊マーガレット(集英社)で長期連載した、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化。
『僕等がいた』以来5年ぶりとなる“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真と、映画界にひっぱりだこの女優、広瀬すずが初共演を果たした『先生! 、、、好きになってもいいですか?』が10月28日(土)より全国公開する。

本作は、ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田斗真)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする純粋でまっすぐな高校生・響(広瀬すず)のラブストーリー。
初恋に葛藤しながらも自分の想いに真っ直ぐ向き合おうとする響。教師と生徒の立場から響の想いを頑なに拒んでいた伊藤だったが、まっすぐに想いをぶつけてくる彼女の姿に次第に心が揺れ動いていく。切なくも加速する2人の想いが交錯する中、ある出来事がきっかけで、伊藤が教師を続けられなくなるかもしれない事態になってしまい―。

そんな本作で、原作でも根強いファンを抱えるキャラクター・藤岡勇輔役を演じるのが、映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」「サクラダリセット(前編/後編)」などの話題作に立て続けで出演し、今冬には初主演映画『デメキン』の公開を控える、若手注目株の俳優・健太郎。

彼が本作で扮する北高校の弓道部部長・藤岡は、部活動を通し出会った響に対して最初はそっけない態度を見せつつも、自分自身も思いもよらなかった相手、“先生”への初恋に戸惑い思い悩む彼女を支える、心優しいキャラクター。少々ぶっきらぼうながら、そっと寄り添うように話を聞いてあげる藤岡の<さり気ない優しさ>は、どこか伊藤先生と似た一面を持ち、響にとっても徐々に大きな存在となっていく…。

そんな次世代を担う健太郎へクランクアップを迎えた瞬間に率直な想いを直撃。ホットな心境と未解禁の場面シーンをgirlswalkerで先行解禁!

■藤岡を演じてみていかがでしたか?
健太郎:今回初めて弓道をやったのですが、最初は全く矢が的に当たらず、色々なところに飛んでいってしまい…すごく難しかったです。でも、何度も練習をして、徐々に的に当てることが出来るようになると、他のスポーツとは違った魅力を感じることが出来ました。

記者:今日の撮影でも何度か的の中心に当たっていましたね!
健太郎:練習の時もそうですが、最初はまだ元気があるので的に当たるのですが、終わりに近づくにつれて、当たらなくなってきちゃいますね(笑)集中力をいじするのが中々難しいです。

記者:客観的に見て、藤岡はどのようなキャラクターでしたか?
健太郎:藤岡は、どこか伊藤先生と似たところもあるのですが、響に対して「好き」という想いから、自分よりも響のことを一番に考えていて…。そうした部分は、「男らしさ」とはまた少し違う気もするのですが、すごく「男っぽい」なと感じました。自分よりも好きな女性のことを一番に考えられるのはとても素敵なことだなと。

記者:健太郎さん自身、藤岡とは友達になれるタイプですか?
健太郎:友達だったら仲良くなれるかなぁ…(笑)。でも僕は藤岡のこと好きです!自分が藤岡の立場だったら、好きな人が別の人のもとへ行くと言ったらどうしても止めたくなってしまいますが、藤岡は自分には無いものを持っているので、人として好きです。

■共演された広瀬すずさんの印象はいかがでしたか?
健太郎:広瀬さんとは、(「学校のカイダン」「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」に続き)3回目の共演になるのですが、現場で色々話すこともできましたし、楽しんで共演させていただきました。

記者:広瀬さんは王道の恋愛映画に挑戦するのは初となりますが、健太郎さんから見ていかがでしたか?
健太郎:「恋愛映画だから」と気負うわけでもなく、いつも通りの広瀬さんのままで、変わらず演じていらっしゃっていたように感じます。

■大先輩の生田斗真さんとの共演はいかがでしたか?
健太郎:生田さんは、自分が今まで観てきた作品にもたくさん出ていらっしゃるので、ご一緒できることが素直に嬉しかったです。同じシーンが1シーンしか無かったのですが、その時も、気さくに話してくださり、色々と勉強させていただけて、すごく楽しかったです。

記者:何か生田さんからアドバイスなどはありましたか?
健太郎:具体的なアドバイスは特に無かったのですが、「どうやって芸能界入ったの?」みたいな話から、どんどん広がっていって、色々な話をさせていただきました。

■三木監督についてはいかがですか?
健太郎:三木監督の描く、独特の世界感がとても好きです。エキストラに近い役で、しかもカットになってしまったのでそのシーンは存在しないのですが、実は初めて参加させていただいた映画が、三木監督の作品でした。なので、今回こうして三木監督とご一緒させていただけることはとても嬉しかったです。今回も撮影に入る前に役柄について書いたお手紙をくださったり、ベースから現場まで走ってきてアドバイスをしてくださったりと、三木監督は演者一人一人に対して近い距離で接してくれて、すごく有り難かったです。

■本作の見所は?
キャラクターがそれぞれ誰かを想い合っていて、僕はすごく面白い作品に出来上がるんじゃないかなって思います。生徒と教師であったり、生徒同士であったり、教師同士であったり…、関係性もそれぞれ違う「好き」があるので、面白い化学反応が起きるんじゃないかなと思います。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

これまでと一味違う大人びたキャラクターを熱演し、本作で新たな魅力を開花させた健太郎。伊藤と響の恋の行方はもちろん、藤岡と響、切ない恋の予感も感じさせる、じわじわと近づくふたりの距離感にも注目が欠かせない。教師と生徒の恋愛を描きながら、ヘビーなスキャンダラス視点は皆無。どこか文学的で少しビターな要素のある正統派ラブストーリーをぜひ劇場で。

 

Information

 

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
10月28日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。
今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年)
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP: http://sensei-movie.jp

©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会