cinema

「誰にも取られたくない!」次世代“塩顔”イケメン俳優・杉野遥亮の恋愛観

連載開始早々に話題となり、現在まで女子中高生を中心に絶大な支持を得る、同名の少女漫画が待望の実写映画化!『兄に愛されすぎて困ってます』がついに6月30日(金)に公開!

本作で繰り広げられるのは、いつも自分のことを想ってくれて、守ってくれるオトナな年上イケメン=“兄系イケメンズ”たちとの甘く切なくちょっぴりキケンな、憧れシチュエーション満載の今までに見たことない究極ラブストーリー。
突然訪れた“人生初のモテ期”状態に困惑する、究極の愛されヒロイン・橘せとかを演じるのは男女問わず人気を誇る女優・土屋太鳳。そんなせとかを想う兄・はるかを演じるのは、映画初出演となる片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。ほか千葉雄大、草川拓弥(超特急)と豪華な顔ぶれが脇を固める。

そして今回、せとかの同級生で癒し系ヘタレ男子・芹川国光を演じた杉野遥亮さんへ直撃!凛としたルックスに愛嬌抜群の笑顔を見せる彼は、現在ネクストブレイク間違いなし大注目の存在!そんな杉野さんの素顔を国光を通して覗き見♪

■最初に感じた作品の印象を教えてください。
杉野(以下・S):まずタイトルのインパクトで一気に興味が湧きました。ストーリーを知ると思った以上に純粋でピュアで主人公のせとかの気持ちになると切なくもあって、演じてみてさらにこんなに魅力的な作品なんだなと感じました。スピード感があるので面白い!と思った瞬間、作品にのめり込むくらい切なく、終始ジェットコースターのような展開です。いい意味で感情を追いつかせるのが大変でした。

■国光を演じてみていかがでしたか。
S:役を演じるというのが本作で2作目だったので、役と自分との切り替えが難しかったです。リハーサルでは演じるうちに国光というよりも自分に寄ってきてしまって、撮影までにリハーサルを重ねて挑んだのですが正直不安でした。でも撮影を進めるうちに、現場の雰囲気のおかげでちゃんと国光になれたと思うので良かったです。

記者:撮影現場で“国光らしさ”を掴んだんですね。

S:監督のアドバイスだったり、何と言ってもとても自由に演じることができる現場だったので、安心して演じられました。気負っていたものもなくなり本当に楽しかったです!