cinema

山本美月と伊野尾慧が驚愕!和やかな撮影現場で起きた事件とは

pg_001
累計発行部数1,300万部を超える上田美和の大人気コミックを待望の映画化した『ピーチガール』が現在公開中!
ギャルっぽいけど中身は超ピュアな女子高生・もも(山本美月)、チャラくてお調子者な学校イチのモテ王子・カイリ(伊野尾慧)、真面目で硬派なさわやか男子・とーじ(真剣佑)、見た目は天使だけど中身は悪魔な沙絵(永野芽郁)、が繰り広げるノンストップ・ラブストーリー。
そんな女子中高生を中心に絶大な人気を誇る少女漫画の実写映画化に、山本美月と伊野尾慧のW主演、さらには真剣佑、永野芽郁といった現在注目の若手俳優たちの共演が実現した。
今回は、山本美月さんと「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんに直撃!引っ張りだこの旬の俳優が揃う和気あいあいとした仲のいい現場の様子や、まるで漫画!?のようなエピソードも飛び出しました♪

 

pg_002

女子高生・安達ももは、純粋でマジメな性格にもかかわらず、ギャル風な外見のせいで、周囲から誤解されて悩んでいた。そんなももの欲しがるものを手に入れるためには手段を選ばない友達の柏木沙絵は、ももが一途に思いを寄せる硬派で真面目なとーじを横取りすべく、ももにさまざまな罠をかけていく。そんなもものピンチを救った学校一のモテ男・カイリは、ももの一番の理解者として、次第にももに好意を寄せはじめるーー

 

■どんな撮影現場でしたか?
山本(以下・Y):恋愛って楽しかったり悲しかったり体力をたくさん使うんだなと実感しました。ももちゃんは特に喜怒哀楽が激しいので、全ての表現がMAXになるんです、すごく大変でした!
伊野尾(以下・I): 僕は映画出演が初めてということもあって、緊張していました。現場では美月ちゃんにすごく引っ張ってもらったなと感じます。
Y:監督も今回映画を撮るのが初めてで、伊野尾くんも初めてだし、私が頑張らないと行けないなって身も引き締まりました。

記者:W主演ということで、お二人とも座長としての気持ちはいかがでしたか?

Y:第一に、自分が弱気になっているところは見せちゃいけないなと思っていました。振る舞いだとかお芝居にすごく気を付けました。
I:僕はカイリがどういう人なのか、原作を読んだりして撮影に向けて準備をしました。特別主演だからと何かやったわけではなかったです。初めてだったので、そういったところはW主演ということで、美月ちゃんの存在にすごく助けられたなと思っています。

記者:逆に自分が支えてあげられた!というところは?

I:えっと…ないかも…(笑)
一同:笑!
I:精一杯取り組むことに、いっぱいいっぱいでした!

 

pg_002
■劇中では、5分に一度恋の事件が起きますが、撮影現場では事件は起きましたか?
I:美月ちゃんが現場に可愛いクレープを差し入れしてくれた日があったんです。
Y:あったね!
I:天気もよくて、桜もちょうどキレイな季節だったので、みんなで外でクレープを食べようって話していたら、カラスがすごい勢いで飛んできて!そのままクレープを一個持っていっちゃったんです(笑)。
Y:追いかけたんだっけ?
I:まっけん(真剣佑)がすごく紳士で「伊野尾さん!取り返してきます!」と言ってずっとカラスを追いかけてました(笑)。
一同:笑!
Y:すごい人柄がでるね。怖がる人と、興味津々な人と!
I:僕はカラスが怖くて、ビビっちゃったんですけど。まっけんが10分くらいしたら帰ってきて「すみません。取り返せませんでした…。」と言ってくれて、すごい真面目で優しい子だなと思いました。なかなかカラスに食べ物を取られることもないですよね!
Y:隣にあるのを持って行っちゃったもんね、びっくりしました!

 

■演じる上で、難しかったところはありますか?
Y:全部です!もちろん感情を出すのは、難しかったのですが、やっぱり高校生のテンションでいるのは、難しさを通り越してよりナチュラルに演じなきゃと考えていました。監督さんと温度感を細かく相談しながら、丁寧に作り上げていった部分です。
I:確かに高校生の独特のテンションを保つのは、難しいところでもありましたね。

記者:制服もすごくお似合いでしたが、衣装も気持ちのスイッチに繋がりなりましたか?

Y:それもありましたし、現役の高校生の芽郁ちゃん(永野芽郁)のいつも明るい元気な高校生らしさとかを見ていると、自然とすごく元気になりました。
I:そうですね!あとは、やっぱり学校っていう場所にもすごく助けられました。