cinema

神木隆之介もズタボロに?ヒントは“ワイルドさ”、有村架純の新境地

3lion_gw3

■お気に入りのシーンを教えて下さい!
A::零が寝込んだ時に、川本家の3姉妹(倉科カナ・清原果耶・新津ちせ)が押しかけてきて「病院行こう!!」っていうシーンは胸キュンでした!
K:印象的なのは香子の「すべて将棋に奪われた」というシーンです。
A:なんで(照)!
K:香子の全部を物語っているシーンだと思います。零と一緒のシーンでは強がっている姿しか見えなかったので、涙を流すような香子は初めて見ました。香子もこんなに苦しんでいたんだ、と言うのが見えた瞬間で、すごく印象に残っています。迫力や叫びが伝わりました。

記者:そのシーンはどんな気持ちで演じましたか。

A:香子はもっと親に愛情をかけて貰いたかったのですが、その愛情が零に向いてしまいました。その寂しさから感情がいろいろとこじれてしまったと思います。あんまりお父さんとも向き合わずに生きてきて、お酒で酔った勢いもあって初めてお父さんに感情をぶつける場面では、言いたいことがたくさんあるけど、あのセリフに香子の思いのすべてが集約されています。

 

3lion_03
■印象深いキャラクターを教えてください!
K:宗谷さん(加瀬亮)はすごいです。後藤さんには見える圧力があって、零はその圧力に負けないように一生懸命立ち向かって行くのですが、宗谷さんの圧力は見えないんです。しかし、圧力がどこからかかっているのかわからないのがまた怖いんです。後藤さんはパワーで、宗谷さんは静寂。宗谷さんと向き合った時は「何もないのかな。でも怖い、確実にこの人には勝てない。」という不確かで矛盾した圧に、圧倒的な強さがあります。加瀬さんがそのオーラを出せるということも、本当にすごかったです!
A:私も宗谷さんです。
K:被っちゃってすみません(笑)。
一同:笑!
A:でも本当に全部その通りで、宗谷さんの存在は足し引きを間違えると、ただただ空気の様な存在になってしまいます。宗谷さんを演じる加瀬さんが一体何を考えてそこに立っているんだろうと、すごく興味がありました。加瀬さんだからこそ演じられるんだろうなと感じました。
K:見るからに普通なのに、ゾクッとする覇気を持っていました。
A:すごかったですね。

 

3lion_gw2
■最後に今後、お互いがやって欲しい役柄を教えてください!
K:有村さんには、もっと狂気的な役を演じて欲しいです。
A:怖いじゃないですか。
K:香子も今までのイメージとは違う役柄でしたが、狂気的な役を演じる時、どんな表情をするのか気になります。イメージにないからこそ新たな一面を観てみたいです。どれだけ狂気的な部分を開放するのか気になります!
A:自分でも想像出来ないけど…、挑戦してみたいですね!

記者:では神木さんには?

A:あまり見たことないなって思うのは“ラブストーリー”!
K:やったことないです!
A:中でも、ヒューマンラブストーリー!ちょっと枷があるような、真っ直ぐには進まない雰囲気の作品がいいですね。壁ドンはやってほしくないなぁ(笑)。
K:(笑)!なかなか難しいですね。恋愛がメインになるとどんな演技をするか、自分でも興味深いです。

        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
3lion_gw5
共に役者として第一線で活躍する中、まだまだ確実に進化を遂げる姿に、今後もどんな表情を見せてくれるか楽しみで仕方ありません!
圧巻の対局シーンに、日常の中交差するそれぞれの思い。一時も目が離せない展開に、思わず息をするのも忘れてしまうくらいのめり込んでしまうこと間違い無し!ヒリヒリと心に問いかける本作は是非劇場の大きなスクリーンで!

 

Information

3lion_gw

『3月のライオン』
【前編】 絶賛上映中! / 【後編】 4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー

闘う、愛したい、生きる――17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山零。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む3姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく――。
http://www.3lion-movie.com/index.php
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明/豊川悦司
監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
前編主題歌:ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」(コネクトーン)
後編主題歌:藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会