cinema

「完璧はつまらない!」Sexy Zone・佐藤勝利が語る“未完成”の魅力

haruchika_gw03
青春小説の大ヒットシリーズが待望の実写映画化。映画『ハルチカ』が3月4日(土)に公開!

主演には佐藤勝利(Sexy Zone)と橋本環奈といった本作に相応しく現在最も旬で爽やかなふたりの共演が実現。眩しくもセンセーショナルに全く新しい感覚の映像と音楽で想いをつなぐ、“吹キュン”純愛ストーリーは必見♪

心優しいが気弱なハルタ(佐藤勝利)と強気で天真爛漫なチカ(橋本環奈)、恋じゃないけど友達よりもトクベツで、自分にとって大切な人。その人がもしも前を向けなくなったとき、自分は何をしてあげられるだろうか。

そんな今回は、主演を務めた佐藤勝利さんへ直撃!映画初出演で初主演と大役を担った本作に対する思いや、撮影で感じた“ハルチカ”ワールドを教えて!

haruchika_gw06
廃部寸前の吹奏楽部を存続させようと奔走する女子高生の穂村千夏(チカ)と、その幼なじみの上条春太(ハルタ)。二人の熱意が実ってどうにか清水北高吹奏楽部は復活を遂げコンクール出場に向けて走り出すが、そこからハルタの葛藤、チカの挫折、そして相手を受け入れることの難しさを知る、部にとっても二人にとってもさらに大きな試練に直面してゆくーー

 

■映画初出演にして初主演!完成した作品を観た感想を教えてください。
佐藤(以下・S):初めての映画出演でこの作品に巡り合えたことなど、いろんな嬉しさを噛み締めていました。撮影してきたものがどのように映っていて、どうひとつの作品として出来上がっているのかすごく興味深かったです。

記者:ご自身のお芝居はいかがでしたか?

S:ハルタはセリフが少ないので、その分空気感を重視して演じました。先生(小出恵介)とのやり取りだったり部員との関係性など、すごく丁寧に映像に出ていると思います。言葉で喋らなくても、観ている方がこんな気持ちなんだろうなって想像出来たり伝われば嬉しいです。

記者:佐藤さん自身は作品のどういうところに惹かれますか?

S:青春を感じられるところです!学生同士の恋愛だったり微妙な距離感、空気感だったり、僕は学生生活でハルタとチカの様な経験が無かったので、こんな学生自時代もいいなと作品を通じて感じました。

 

■お気に入りのシーンはどこですか?
S:僕が特にお気に入りなのは造船所でのシーン。チカちゃんが落ち込んでいてそこにハルタが来てハグをするところです。クレーンがバックにあって映像がとても綺麗なんですよ。そのシーンだけでなく、本作は全体的に映像が綺麗です!

記者:そのシーンの撮影は大変でしたか?

S:長めのシーンだったので結構時間がかかったのですが大変なことといえば…寒かったことぐらいです(笑)。

一同:笑!

S:あとは2人の関係が恋愛と友達の間のトクベツなものなので、その微妙な距離感が大変でした。それにハルタがすごくヘタレだったのでハグがものすごくぎこちなくて(笑)、現場で細かく“ぎこちないハグ”を調整しながら演じました。

記者:ハグのぎこちなさはわざとなんですね!

S:はい、僕もやっていて「こんなに?」と思いました(笑)。それくらい言葉以外の距離感を大切に作り上げていきました。