cinema

人気モデルたちに宣戦布告!野村周平&真剣佑がTGCで“袴姿”を披露

chihaya_gw01

累計発行部数1600万部超。青春マンガの大本命がついに実写映画化『ちはやふる -上の句-』が3月19日(土)に公開!前編≪上の句≫、後編≪下の句≫の二部作連続公開と原作の世界観はそのままに、たっぷりと高校生達の友情・恋愛・成長が描かれています。

注目のキャストは、競技かるたに情熱を燃やす瑞沢高校1年生、主人公の綾瀬千早役を人気・実力ともに現在NO.1若手女優と呼び名の高い、映画初主演となる・広瀬すず。千早の幼なじみ。スポーツ万能、頭脳明晰、お金持ちでイケメン真島太一役を若手ながら数々の繊細な役をこなしてきた実力派俳優・野村周平。千早、太一の幼なじみ、競技かるたの永世名人である祖父の血をひき、非凡な才能を持つ綿谷新役には、俳優として現在メキメキと頭角を現す今後目が離せない真剣佑。ほか今最も旬なキャストが物語に息を吹きこみます。

chiha_01
そして今回はなんと『第22回 東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER(以下・TGC)』に『ちはやふる』スペシャルコラボステージが決定!どんなステージになるのか今から待ち遠しいですね。

そこで本作では幼なじみでライバル同士を演じた、野村周平さんと真剣佑さんを直撃!ついに今週末と迫ったステージに向けての意気込みを聞いちゃいました♪

■TGCのステージに『ちはやふる』代表として登場しますね!
野村(以下・N):もしかして、袴で歩くのか。
真剣佑(以下・M):袴ですね。『ちはやふる』はみんな本当に仲がいいので、当日は3人ですが楽しく歩けたらいいなと思います。
N:その日で1番、女の子たちを魅了するステージに俺達がしましょう!
M:おお!
N:そしたら次の日、会場にいた全員が映画館に殺到ですよ。(笑)
一同:笑!

記事:意気込みのメッセージをお願いします!

M:本作は普通の少女漫画を読まない人でも刺激を受けられるし、胸が熱くなるシーンもたくさん詰まっているので、共感して貰えたら嬉しいです。TGCのステージでその熱いものを予習して次の日にでも、是非劇場で観てください。
N:東京ガールズコレクションに遊びに来た人達が映画を観たくなるようなランウェイにします!まっけん(真剣佑)とすず(広瀬すず)と一緒に盛り上げますよ。他の出演するモデル、俳優たち以上の印象を残します!

chihaya_gw04 
多くの方が大注目している『ちはやふる』。文化系だと思いきや“競技かるた”は体力・精神・頭脳全てを使う、もはやスポーツ。そんな0,01秒を争う大迫力を劇中では完璧に再現!百人一首の繊細さも合わせ持つ競技かるたを通じて、太一と新を演じたお二人に作品に対する思いを語ってもらいました。

 

■競技かるたを実際にやるのは大変でしたか?
N:“かるた”と言葉で聞くだけではそこまで大変そうに聞こえませんが、すごく大変でしたよ。
M:ほんとに大変でしたよね。
N:大会のシーンが1番大変だったなぁ。同じシーンを何回もやりますしずっと袴を履いているので、動くのも大変でした。なので生半可な気持ちでは出来なかったです!
M:作品を観た時に、実際にかるたをやってる人には僕たちが見た目だけなのかちゃんと競技として出来ているのかわかってしまうので、その本物の見え方を意識して新を演じました。福井弁もそうですが、誰が聴いても観ても熱量がちゃんと伝わるように心掛けましたね。それに綿谷新が1番かるたが上手くないといけない存在だったので、なおさら意識してやっていました。

記者;ではかなり練習もされたんでしょうか?

N:そうですね、何回も繰り返し練習しました。
M:僕は福井に二週間行って、福井弁とかるたの名門である福井渚会で勉強させて頂きました。

 

■物語に受けた印象を教えて下さい。
N:原作は少女漫画ですが、絵のタッチも迫力がありますし、恋愛だけじゃなくコメディも入っていて。何よりかるたを好きな人達がしっかりと描かれています。このストーリーで好きなものを持つことはいいことなんだなって改めて感じました。まさに青春ですよね。
M:チームワークだったり幼なじみの愛だったりといろんな感情が湧いてくるので、普段刺激がない人や少女漫画を読まない人でもちゃんとみんなが共感出来ると思います。観ると元気になりますし、心が暖かくなって帰れると思います!

 

■ココを観て欲しい!というシーンはどこですか?
N:いやぁ、映画自体が素晴らしいから全部観て欲しいです!ココと限定するのがすごく難しいです。かるたのわかりやすい説明もあるし、上の句・下の句でそれぞれストーリーの展開がしっかりしているので、どこをとってもいいです!
M:下の句の千早・太一・新の3人が再会するシーンが僕は好きで、是非そこも注目して欲しいです。みんなの成長する姿が描かれていますが、僕は新の成長の物語だと思っているので、かるたのシーンも下の句は特に新にとって人生の大きな出来事となるので、観てもらえたら嬉しいです。

 

■現場でのチームワークはいかがでしたか?
N:チームワークは抜群でしたよ!
M:ほんとに!抜群でしたね。
N:瑞沢高校のみんなは本当に仲がよかったしすごくいい関係で気も使わないです。締める時は締めれるので、みんな自由にやっている感じがよかったなと思います。
M:とにかく仲が良くてそれがスクリーンから伝わってくるので僕も瑞沢高校の5人が羨ましいなと思いました。なので自分の撮影がない日でも、僕もみんなと一緒にいたくて現場に行っていました。(笑)その仲良しぶりは新としても嬉しかったですし、見ていてほっこりしました。