career

意外と知らない?ショップ店員の仕事

twc01

ストア、セレクトショップ、デパートなどで見かけるアパレルショップの店員さん。最近はお客様ごとに個別のコーディネートを総合アドバイスしてくれる「ショップスタイリスト(パーソナルスタイリスト)」などの専門職も確立されてきて、より魅力的な業界に見えます。
しかし私たちの目に見えない部分では、ショップ店員はどのような働き方をしているのでしょうか? また、どのような業務を経験してマネージャー職などの上級職に昇進していくのでしょうか。

 

■ 接客・販売・ご提案

お店の業種・業態にもよりますが、多くのアパレルショップ店員の仕事は接客・販売に始まります。朝はお店の清掃、商品チェック、ディスプレイ(商品陳列)チェックなどを済ませてショップをオープン。お客様からの質問にお答えしたり、コーデに関するアドバイスをしたり。中にはお客様のトータルコーディネートを任せられるショップスタイリストとして働く人もいますし、そうした肩書がなくても、お客様からのご指名を受けて実質的なショップスタイリストとなっている人もいます。
ただし、いくら昇進しても、必要に応じてレジのヘルプに入ったり、お客様が手にとった商品を陳列し直したりという地道な作業は欠かせません。こうしてショップやブランドのイメージを守る意識が高められ、ショップ全体に目配りができるような人材に鍛えられていきます。
 

■ 商品管理・売上管理

接客・販売の仕事をこなせるようになってきたら商品管理や売上管理といった管理系の仕事にも携わるようになります。最初は「どのアイテム・どのカラーがどれだけ売れたか」といった簡単なチェックからですが、ある程度の経験を積んでくると、競合店の売れ筋や売上のチェックなどのリサーチも重要な仕事になってきます。
 

■ ディスプレイ

ショップ店員の仕事のうち、もっとも楽しそうに見えるディスプレイの仕事。ショップの閉店後、商品をもっとも魅力的に見せるため、マネキンのコーデやショップ内のデコレーション、ショーウインドウの飾り付け、商品陳列などを行います。もちろん施工が必要なものなどは業者の手を借りますが、ショップによってはスタッフの「手作りPOP」などが活躍していることも少なくありません。
 

■ 経営支援

ショップ店員の上級職は「管理職」から「経営職」へと続きます。管理職では上記のような商品管理、売上管理、そしてスタッフ管理など「ヒト・モノ・カネ」の管理に携わるわけですが、経営職となると、これらの管理能力に加えて商品の売上予測や仕入れ計画にも携わります。
「今季はこのアイテムがこれくらい売れそうだから、これくらい仕入れよう」「来季の売上予測はこれくらいになりそう」といった経営上の重要な数値に習熟していくことでショップの幹部・店長候補として育ち、将来はより責任あるポジションを任せられることになるでしょう。また、手腕によっては将来自分のショップを持つオーナーへの道が拓けるかもしれません。

 

この記事も合わせてチェック

 
緊張をほぐす3つの方法
必見!販売員は人見知り克服の近道!?
カリスマ店員になるための3つのポイント
販売員にとってのやりがいは?
レディース定番アイテム紹介

▼もっとみる
girlswalker.com/tags/job_column/

 

INFORMATION

 

TOKYO WORKS COLLECTION(東京ワークスコレクション)

史上最大級の採用祝い金がもらえるTGC公式のファッション専門求人サイト。
ショップ販売や店長候補・デザイナーなどの職種からはもちろん、国内人気ブランドからインポートブランド、セレクトショップ、ジュエリー、コスメなどカテゴリ別や、全国のファッションビル別など様々な形で豊富な求人情報から自分にあったお仕事を見つけることができます。

業界ナンバーワンを誇る高い採用祝い金も魅力の一つ!
働き始めるときって何かとお金が掛かるもの。新しい洋服をかったり美容院にいったり。そんなオシャレを応援するために採用祝い金がもらえます。

あなたも憧れのブランド・ショップで働いてみませんか?

▼公式サイト
http://www.t-w-c.net/

東京ワークスコレクションでは、専任の担当者が直接お会いして、豊富な求人の中からあなたにピッタリのお仕事を紹介し、採用がきまるまでをサポートする転職支援サービスを提供。

▼TWC転職支援
http://www.t-w-c.net/follow