恋愛コラム

【女の生態:解説】

女子として生まれてきた以上、やっぱりモテたい!と思う人??
「ハイ!」
とっても正直でいいですね(笑)

girlswalker.comに訪れてくれるみなさんも思っているように、女の子として、おしゃれがしたい。キレイになりたい。モテたい。カワイイものがほしい。できれば高価なプレゼントも……。そんな健全なる!?「女子的欲求」を見事に叶えている、普通の女性たちがこの世の中にはたくさんいるのです。

彼女たちの生態は、実は努力のたまもの。一朝一夕に、その地位を築き上げたわけではないんです。このヒミツ、知りたくありませんか?

この連載は、「仕事ができる」とか、「ライフスタイルがカッコいい」とか、「エコである」とか、そういったことは、この際一切無視。あえて、男性を惹きつける術に特化し、実際に成功している女性たちを例に紹介していきます。

さて、見回してみてください。あなたの周りに、決して美人ではないのに妙にものすごく男性にモテている。という女性はいませんか?モテの必須科目をいわば主席で習得している種類の女性……。

中途半端な生態を持つ、イタい女性たちとは違う、“モテ”の格が違う女性たち。
彼女たちは、とにかく誰よりもモテるんです。そして、女友だちへの態度も見事……。
はっきり言いますが、男女で態度をわけるような人はモテのレベルが低い!

女性を成長させてくれるような、ステキな男性陣にモテる女の子たちは、結果的に老若男女問わずみんなにモテる人格を有することになるのだから不思議です。

“本当の意味”での「女子力アップ」につながれば。という思いから、女子代表として、ここにそれを報告していきたいと思います!

ではまず、FILE NO.1るり子(仮名)の場合から、探っていきましょう。

FILE.No1 るり子(仮名)38歳。職業:ときどき司会業。その他収入源:不明

彼女は、決して「美人さん」というタイプではありません。しいて言えば、雰囲気美人! 世に言うわがままなタイプで、ドタキャンは日常茶飯事。超高級レストランで以外の食事会の誘いは、容赦なく「いかない」と切り捨て。各所のお手入れは完璧で、TPOに応じて高級ブランドからプチ高級ブランドのバッグを使いこなしている。彼女がその場に表れると、女性たちでもみな、彼女の一挙手一投足には、じーっと目を奪われてしまうのです。彼女の何がそうさせるのでしょうか……?

【るり子の法則】