beauty

内側からキレイを!体幹トレ

Trademark TARZAN owned by EDGAR RICE BURROUGHS, INC. and used by permission.

むくみ、冷え、生理痛、便秘、ポッコリお腹。女性のカラダには、何かと悩みがつきもの。その原因は、男女のカラダの違いにあった。特に、体幹を語るうえで最も重要といえる骨盤は、その形が一目瞭然。

下の図を見てほしい。骨盤を真上から見たときに、男性の骨盤は高く狭いのに対し、女性の骨盤は丸みを帯びて大きな空洞になっている。これは、出産時に胎児を通すため。普段はこの空洞の上に、重い臓器や子宮などの女性内性器が乗っている。お腹まわりには臓器を支える骨格はない。よって、骨盤の底に位置するか弱い筋肉が最後の砦として頑張っているのだ。
この骨盤底筋群が緩んだ状態でトレーニングを行えば、重みに耐えきれない臓器たちがだんだんと下に落ちてゆき、尿もれや頻尿、下腹の膨らみの原因に繋がる。そこで、骨盤底筋群と腹筋群のインナーマッスルを意識した体幹トレーニングが必要となる。腹圧を高めることで、臓器が元ある位置へと戻り、骨盤への負荷も減り歪みも整う。土台が安定すれば、さまざまな不調を解消してくれるというわけ。

女性は丸く、男性は鋭角。これが男女の骨盤の違いだ。
左が女性、右が男性の骨盤。正面から見たときに、逆三角形の一番下、座骨の幅が女性の方がはるかに広い。女性の骨盤は丸みのある楕円形に対し、男性のは小ぶりになっている。

>> 1. 体幹トレ むくみ・冷え
>> 2. 体幹トレ 生理痛・便秘

取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央
スタイリスト/山内省吾、高島聖子(トレイシー・マレット)
ヘア&メイク/天野誠吾 イラストレーション/今井由実
取材協力/大塚ひとみ、対馬ルリ子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)

■おしゃれな体型 記事一覧へ

 

magazine

大塚ひとみ●おおつか・ひとみ ピラティスインストラクター。マタニティピラティスや産後のエクササイズなど、ママ向けのクラスも開講中。

magazine

『ターザン(604号)』は、「体幹トレーニング 重要キーワード ベスト10」特集です。2012年6/14号(5/24発売)マガジンハウス 特別定価550円