NEWS
ニュース

超深煎りブレンド!老舗「丸福珈琲店」の味を缶コーヒーで

ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)

働くビジネスマン、ビジネスウーマンにとって、缶コーヒーは手放せないアイテムの1つではないだろうか。缶コーヒーでありながら、味に徹底してこだわった新商品が登場。
老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修の缶コーヒー「ワンダ 極」シリーズから、今回登場したのは、コーヒーの強さ、コク深さが際立つ味わいの缶コーヒー「ワンダ 極 超深煎りブレンド」。
コーヒーの強さや質を求める40~50代の男性ファンの声から、コーヒー豆量を150%使用し、深煎りを超える超深煎り豆をブレンドすることで、ミルクの甘さの中にもコーヒーの風味が際立つ凝縮した味わいに仕立てた。パッケージは濃い青色を基調にすることで「超深煎り」という焙煎度合の深さと味わいの深さを表現しているという。
価格は115円(税抜)。1月10日(火)より、全国で購入可能。
「丸福珈琲店」は1934年(昭和9年)に創業の老舗珈琲店。「深煎りの極み」と呼ばれる焙煎方法と独自で開発した抽出器具を使用し、“濃厚でコク深い味わいだが後味のさっぱりした珈琲”を提供し続けている。
その「丸福珈琲店」監修の人気シリーズだけあって、これはもう飲まずにはいられない。