NEWS
ニュース

ピエール瀧&川栄李奈、親子関係から敵対関係へ?「絆って怖いよね」

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
米アカデミー賞に2部門ノミネートされた話題のアニメーション『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』映画公開記念舞台挨拶が11月21日(火)、新宿バルト9にて行われ、日本語吹き替え版ボイスキャストを務めたピエール瀧、川栄李奈が登壇した。平日昼間の上映とあり、客席にはチラホラと空席も目立った。気にしたピエールさんは「もうちょっと、お客さん入ったほうがいいですよね?(笑) 人に紹介したくなる作品じゃないですか?」と観客に問うと、大きな拍手が沸き起こった。「“観ておかなくて大丈夫!?”という感じで広めてほしいです。仕事さぼってでも来るべき!」と、作品を強く推していたピエールさんだった。



■ピエール瀧「人の手と意志が入っている贅沢さがある」
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は古き日本を舞台に贈る、圧巻のストップモーションアニメ。三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、サムライだった父親を闇の魔力に奪われ、さらに闇の刺客によって母親さえも亡くしてしまったクボが、両親の仇を討つ旅に出る。


ピエールさんは、クボが道中で仲間になる弓の名手クワガタ役として声の出演を果たした。作品のすごい点について、ピエールさんは「何がいいかって、全部に人の手が入っているというところですよね。人の手と意志が入っている贅沢さがある」と、職人がひとコマ、ひとコマを動かして1週間で3秒ちょっとかかるというストップモーションの精密さに舌を巻いていた。

■川栄李奈「ひたすら練習しました」
一方、川栄さんは恐ろしい風貌と迫力で、クボたちを追ってくる闇の姉妹というヒール役に挑戦した。川栄さんは「ひたすら練習しました。戦うときの効果音がすごく難しくて、“うっ”とか“あ”を10パターンくらいやりました」と、ひそかに練習を重ねていたと告白した。すると、ピエールさんが「ばっちり仕上がっていた。吹き替え、これ(川栄さんの役)が出てきて子どもが泣いたらしいですからね。大成功だよ!」と優しく声をかけると、川栄さんもうれしそうに「ありがとうございます」と微笑んだ。


ピエールさんと川栄さんは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」以来の再共演となる。ピエールさんは「前は親子役で、おとうちゃんと娘だったんですよね。絆は深いほうだと思うんですけど、絆が深すぎると敵対することもあるんだなって(笑)。絆って怖いよね」と、作品の内容にかけてダブル・ミーニングの発言。そんなピエールさんの素顔について、川栄さんは「お茶目です。瀧さんはすごく明るいです。共演したときも“お疲れさまでした”と通りすがりに(衣装を)脱いでいたり」と暴露し、仲の良い様子で話し込んでいた。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は全国にて公開中。

(cinamacafe.net)

■関連記事:
世界が驚愕!『KUBO』職人技光る制作現場のメイキング公開
“ヒール”川栄李奈&お茶目なピエール瀧!『KUBO』吹替映像公開
“サル役”シャーリーズ・セロン、声だけで魅せるアクションシーン解禁! 『KUBO』
川栄李奈、『KUBO』吹替で悪役に!「テンションがあがりました(笑)」
マシュー・マコノヒー、クワガタ役は“もってこいな役”『KUBO』アフレコ映像公開