NEWS
ニュース

この秋“バディ映画”に胸アツ&胸キュン!旬な男たちに大注目

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
男性同士の親密な友情“ブロマンス”(ブラザー+ロマンス)が注目されるなど、男たちの熱い絆が話題になる昨今。実はこの秋は、井浦新&瑛太の『光』をはじめ、旬な人気俳優たちが贈る“バディもの”作品の公開が目白押しとなっている。映画好きなら必見の4作品をご紹介!

■井浦新×瑛太『光』 11月25日公開

『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
25年前、消滅したはずの「罪」を携えて、やってきた男の目的とは……。三浦しをん原作×大森立嗣監督、心に潜む闇を徹底的に描いた、苛烈なる人間ドラマ。

東京の離島、美浜島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。信之を慕う幼なじみの輔は、父親から激しい虐待を受けている。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は、美花を救うために男を殺す。その夜、島に津波が襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔と、ろくでもない大人たちだけ。それから25年後、島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる――。大人になった信之を井浦さん、輔を瑛太さんが演じている。


■菅田将暉×ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』 前篇10月7日公開 後篇10月21日公開

(C) 2017『あゝ、荒野』フィルムパートナース
いまもなおカルチャーアイコンとして注目され続けている寺山修司が唯一遺した長編小説を、『二重生活』で高い評価を得た岸善幸監督が舞台を近未来に置きかえて映画化。

ふとしたきっかけで出会った新次(菅田将暉)とバリカン(ヤン・イクチュン)。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な2人は、ジムのトレーナー・片目(ユースケ・サンタマリア)とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち…。2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる2人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

■菅田将暉×桐谷健太『火花』 11月23日公開

『火花』(C)2017『火花』製作委員会
又吉直樹(ピース)が第153回芥川龍之介賞を受賞した同名小説を、ドラマ化に続いて映画化。芸人、俳優、映画監督として多岐に活躍する板尾創路がメガホンをとった。

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了された徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出、神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作って欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。2年後、徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会する。2人は毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わし、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める――。

■大泉洋×松田龍平『探偵はBARにいる3』 12月1日公開

『探偵はBARにいる3』(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会
北海道生まれの作家・東直己のハードボイルド小説「ススキノ探偵」シリーズの実写化第3弾。北海道・札幌にあるアジア最北の歓楽街ススキノを拠点とする探偵(大泉洋)と相棒・高田(松田龍平)の予測不能なコンビが人気を博している。

ススキノの街の裏も表も知り尽くす探偵のもとに、相棒である高田が行方不明になった大学生の麗子(前田敦子)の捜索話を持ってくる。調査を進めていくと、彼らはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)にたどり着く。探偵と高田はミステリアスなマリに振り回されるうちに、やがて大きな事件に巻き込まれていく――。ヤクザの不気味な用心棒・波留を演じる志尊淳と松田さん演じる高田の対決シーンなども見どころだ。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
井浦新、「暴力で返すしかないんだよ」狂気感じる特報映像公開!『光』
井浦新×瑛太、狂気の化学反応…『光』劇中写真公開
菅田将暉「ヤン・イクチュンって、あぶねぇな」『あゝ、荒野』メイキング公開!釜山映画祭に出品も
菅田将暉×桐谷健太、理想と現実の狭間で…映画『火花』予告
大泉洋、松田龍平にクビ宣告!?『探偵はBARにいる3』初映像