NEWS
ニュース

鬼太郎たちが『妖怪ウォッチ』に登場! 野沢雅子ボイスで蘇る

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から30年後の世界を舞台に描く最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』。この度、妖怪アニメの大先輩、「ゲゲゲの鬼太郎」から、鬼太郎を始めとするお馴染みの“鬼太郎ファミリー”が登場することが分かった。ジバニャンも「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!? まじヤバいニャン! これはもう見るしかないニャン!」と驚きのコメントが到着している。

登場人物はみな一新され、お馴染みの妖怪たちは驚きの姿で登場、さらに、これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観になっていく今回。そんな中、このほど新たに登場することが発表されたのは、鬼太郎だけではなく、目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男という、お馴染みの鬼太郎ファミリー。

瞬く間に妖怪ブームを巻き起こし、世に「妖怪」のイメージを浸透させた、水木しげるの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」。今回劇中では、ある危機を迎えたジバニャンたち一行。伝説の存在である「鬼太郎」に助けを求め、たどり着くのがあの「ゲゲゲの森」。そこで、大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、いま子どもたちを夢中にさせている妖怪たちが対面を果たすという。

そして鬼太郎役を演じるのは、1968年に初代鬼太郎役を演じた野沢雅子。「銀河鉄道999」「ドラゴンボール」シリーズなど数々の代表作を持つ野沢さんだが、当時これがアニメ初主演だったそうで、「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています」と話し、「妖怪ウォッチにおじゃますることになり、どんな風に受け入れられるのか、どんな歓待を受けるのか、いろいろ私なりに楽しみながら想像しています。いまから完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です」とコメントしている。

さらに、鬼太郎のようなジバニャンの姿、通称「鬼太ニャン」の姿も解禁! どうやら鬼太郎の妖気の影響を受けて変化した姿のよう…。また、劇中のどこかでこの「鬼太ニャン」も登場するようだ。

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は12月16日(土)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
【予告編】『映画 妖怪ウォッチ』新たな主人公やシャドウサイドのジバニャンも登場!
ジバニャンがリアルすぎ!?『映画 妖怪ウォッチ』最新作は30年後の世界!12月公開
『映画 妖怪ウォッチ』シリーズ3年連続初登場No.1を記録!
有村架純、コント初挑戦!「ひよっこ」×「LIFE!」コラボ実現
山田涼介、女性からの恋のお悩み相談に「恋って止められるものじゃない」