NEWS
ニュース

『パイレーツ』ジャックの新しい仲間ヘンリー&カリーナとは?

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
ジョニー・デップ演じる海賊が、またもや壮大でエキサイティングな冒険を繰り広げる『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。本作を象徴するキャラクターである、ジョニー演じるジャック・スパロウは、つかみどころのない飄々とした人柄でユーモアにあふれているが、彼を取り囲むキャラクターも存在感たっぷり。本作でジャックの仲間として加わる2人の新キャラクターとジャックの関係性から、ストーリー展開が見えてくる。

まず、今年の注目男子の1人、ブレントン・スウェイツが演じるヘンリーは、フレッシュな若き水兵だ。ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子であり、呪いにかけられた父ウィルを救うべく、唯一その呪いを解くことができる“ポセイドンの槍”を探しながら旅をしている。そして旅の途中、父のかつての相棒であるジャックの助けを求めてやってくるのだ。

ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
先日解禁された予告編では、なぜか檻に閉じ込められたジャックの元にヘンリーがやってきて「死者の軍団が あんたを狙ってる 助かりたいなら“槍”が必要だ」とジャックに危険が迫っていることを警告しながら、“槍”探しを手伝うように懇願。危機から逃れるために、ジャックもやむなく“槍”探しを手伝うことになる。

そして、予告編でのヘンリーの台詞には「彼女の助けが必要だ」とあるが、その“彼女”というのがもう1人のメインキャラクターとなるカリーナだ。カリーナは、美しき天文学者。知性を持ち合わせた彼女は、父親が残したという“ガリレオの日記”を手掛かりに旅をしていたが、ジャックやヘンリーと行動を共にすることとなる。彼女の持つ“日記”もまた、ストーリーのキーアイテムとなるという。

カリーナ・スミス(カヤ・スコデラリオ)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
『メイズ・ランナー』シリーズで注目度急上昇中のカリーナ役カヤ・ステゴラリオは、カリーナとヘンリーについて、「2人が初めて出会ったとき、それぞれが自分の旅をしていたの。それぞれ使命をかかえていた。同時に2人はお互いの助けを必要としていた。それで、2人は連帯することになるの」と語っている。

さらに、「けれど2人はすべてに同意することができないの。彼女は科学者であるのに対し、彼は“スーパー・ナチュラル”を信じているような人で、2人の意見はたびたび衝突しがちなの。しかし旅をつづけていくうちに、その関係は変化し、共通の価値観が生まれていくのよ」と明かし、ストーリーの展開にもかかわる2人の関係性をにおわせている。



この2人がジャックと共に巻き起こす新しい旅に、期待が膨らむ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
ジョニー・デップ、6月に来日宣言!? 栗山千明&中川大志は和装でプレミア参加
ジョニデのジャック・スパロウ「俺がタダで死ぬと思うか?」 キャラポスター公開
中川大志&栗山千明『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作の吹替声優に!
ヒュー・ジャックマンの集大成!“老眼鏡”も登場「ローガン展」開催決定
リリー=ローズの超絶キュートな制服姿から元有名子役の激変ぶりまで!『コンビニ・ウォーズ』