NEWS
ニュース

世界の名匠を魅了し大胆なカミングアウトも!仏女優アデル・エネル

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
カンヌ国際映画祭で2度のパルムドールほか、数多くの賞を獲得しているジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督。異例の7作品連続、カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品となった彼らの最新作『午後8時の訪問者』が4月8日(土)より日本公開される。その主演を務めるのは、フランスきっての人気女優アデル・エネル。現在28歳にしてキャリア15年、“仏版アカデミー賞”セザール賞二冠の実力派。いま、大躍進中の彼女に注目した。

世界的名匠・ダルデンヌ兄弟の最新作『午後8時の訪問者』は、“名もなき少女”に何が起こったのかを探るミステリー。若き女医ジェニーは、診療時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに応じなかった。すると翌日、診療所の近くで身元不明の少女の遺体が発見される。ちょっとした判断の迷いから失ってしまった、“救えたかもしれない命”。「もしかして何かが変わったのではないか」と思わせる人生の転機はどこにでもある。その転機を探るうちに、意外な真相にたどり着く…。

■出演映画が5本公開! 実力派女優が花開いた2016年
主人公のジェニーを演じたアデル・エネルは、1989年1月1日生まれの28歳。13歳のとき、『クロエの棲む家』(’02)で映画初出演にして主演に抜擢され、「フランス映画祭」で来日も果たしている。18歳で出演した『水の中のつぼみ』(’07)で思春期の瑞々しさと危うさを兼ね備えた演技が評価され、セザール賞助演女優賞にノミネート。その後、性に奔放で自由に生きる姉を静かに支える妹を演じた『スザンヌ』(’13)で同賞助演女優賞を受賞。翌年には、軍への体験入隊をきっかけに惹かれあう男女を描いた『Les Combattants』(原題)で恋愛映画ながらアクションシーンなどもこなし、同・主演女優賞に輝いた。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、フランス最大の映画賞で女優賞を獲得したアデル。そこから彼女の快進撃は始まっていく。先日行われた「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」で上映されたレア・フェネール監督の半自伝的映画『旅芸人と怪物たち』(’15)では団員の子どもを身ごもる若き旅芸人のひとりを熱演。さらに2016年は、5本の映画に出演し、フランスで1、2位を争うほどの超人気者の女優に上り詰めた。記憶に新しいところでは、昨年の東京国際映画祭にてグランプリを受賞した『ブルーム・オヴ・イエスタデイ』。同作では、撮影前にひと言も話せなかったドイツ語を完璧にマスター! 劇中で流暢なドイツ語を披露している。

作品ごとに、印象をガラッと変化させるアデル。幼いころから映画界にいることで、脚本を読む能力に長け、並外れた演技力が人気の理由の1つとされる。また、彼女のもう1つの魅力は、容姿端麗なうえ、高身長で骨格も良く、“自立した女性”を演じるとぴたりとハマること。次世代のアイコンとして彼女に注目が集まることは必然といえる。

■「アメリカのエレン・ペイジ、フランスのアデル・エネル」大胆なカミングアウトで話題に!
また、アデルは18歳のとき、性に揺れる思春期の少女を演じた『水の中のつぼみ』でセザール賞有望女優賞にもノミネートされ、世界的に知られることになった。そして、『スザンヌ』で同・助演女優賞を受賞した際の生放送スピーチでは、『水の中のつぼみ』の監督であり、本年度アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされた『ズッキーニと呼ばれて(My Life as a Zucchini)』で脚本も担当している女性監督セリーヌ・シアマとの愛を告白。

2014年は、同世代のエレン・ペイジがレズビアンであることをカミングアウトしたこともあり、2人の人気女優たちのカミングアウトにLGBT界が湧くことになった。彼女たちの告白がなければ、2015年のクリステン・スチュワートをはじめ、数多くの女優・モデルたちが自身のセクシュアリティについて発言することはなかったかもしれない。アデル・エネルとエレン・ペイジは、1つの時代を切り開いたといえる。

■若手女優と世界的名匠監督が運命的に出会い、物語が変更!
そんなアデルと、パルムドール二冠のダルデンヌ兄弟がタッグを組んだ本作は、初お披露目となったカンヌ国際映画祭で話題をさらった。アデルは、もともとダルデンヌ兄弟のファンだったということもあり、本作の出演を快諾。実は当初、主人公の設定はもう少し年齢が上だったという。だが、ダルデンヌ兄弟もアデルと出会ったことで「純真無垢な表情を持つ彼女なら、出会う人たちが思わず自分の秘密を話してしまうように思った。だから年齢設定を変えたんです」と述懐、そこまでしてアデルを起用したことを明かしている。

また、アデルは175cmとモデル並みのスタイルでも知られる。彼女が本作で演じるジェニーは、医者として、患者に寄り添うように自身の身体を縮めるシーンが多数登場する。「高身長の彼女が行うその仕草に、より人間的な愛情を感じられるような気がした」とダルデンヌ兄弟は語る。そんな彼らについてアデルも、「社会の辺境に生きる人々や貧しい階級の人たちが今日の映画で取り上げられることは少ない。だからダルデンヌ兄弟のような監督たちがつねに彼らにスポットライトを当てるのは、とても大切なことだと思う」と称賛を贈る。

また、ダルデンヌ兄弟の前作『サンドラの週末』のマリオン・コティヤールに続き、本作も女性が主人公であることについては、「大切なのは、男性監督と女性監督という性別ではなく、その作られる内容。男性でも素晴らしい女性映画を作る監督もいるし、フェミニストもいる」と断言。「ただ、私が嫌なのは、男性が望むような型に自分を押し込めること。彼らの好むように自分の考えをねじ曲げることはしたくないだけ。その中で、彼らの作品に出演できたことは非常に励みになったわ」。そう語る彼女の演技について、仏のレザン キュプティブル誌は「彼女にふさわしい唯一の形容詞は『天才』だ!」と手放しで絶賛。

『サンドラの週末』のマリオンの演技を見てほれ込んだグザヴィエ・ドランが、自身の作品に起用することを強く熱望し、カンヌ・グランプリ受賞作『たかが世界の終わり』が生まれたように、本作を通して、アデルにも世界中の注目が集まっている。

『午後8時の訪問者』は4月8日(土)よりヒューマントラスシネ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
【インタビュー】マリオン・コティヤール、オスカー女優もときめくダルデンヌ兄弟の魅力
32年前のイザベル・ユペールをとらえた1枚…『パリが愛した写真家』
本年度カンヌでW受賞!イランの名匠の最新作『セールスマン』、6月公開へ
クリステン・スチュワート、その商品に触れてはならない…『パーソナル・ショッパー』特報
仏の大女優イザベル・ユペール主演『アスファルト』特典満載でDVD発売決定