NEWS
ニュース

木村拓哉&浅野忠信の手術シーンに感動の嵐!「A LIFE」最終回にネットの反応は?

シネマカフェ

Photo by cinemacafe.net
木村拓哉主演、竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博ら豪華キャストで“愛しい人の命”と“かけがえのない人生”を巡るヒューマンラブストーリーを描いた「A LIFE~愛しき人~」の最終回が3月19日昨夜放送された。

ドラマは木村さん演じる沖田一光と、竹内さん演じる「壇上記念病院」の院長の娘・壇上深冬、そして過去に2人の仲を引き裂いて深冬と結婚し病院の副院長になった浅野さん演じる壇上壮大の3人の関係を中心に展開。

そのほか、「壇上記念病院」の医師・井川颯太に松山さん、一流オペナース・柴田由紀に木村さん、外科部長・羽村圭吾に及川さん、病院の顧問弁護士で壮大の愛人の榊原実梨に菜々緒さん、病院の院長・壇上虎之助に柄本明といったキャストが共演した。

最終回では壮大が副院長を解任させられ行方をくらまし、沖田が深冬の手術に挑むが腫瘍を取り切ることができず再手術することになってしまう。沖田は壮大を探し出しお互いの気持ちをぶつけ合う。そして再手術の日、壮大も復帰し、2人が力を合わせた手術で見事腫瘍を取り除くことに成功。壮大は院長として理想の病院を作ることを決意、沖田はシアトルに戻っていく…というストーリーだった。

放送後からTwitterにはドラマに関するツイートが続々投稿。深冬の再手術のため壮大が病院に復帰するシーンではTwitter上に「まさおキターーーーーーーーーーー」「まさおが術着を着て廊下を歩いてきた途端に、私の目から水が流れてとまりませんでした」「良かった…二人で手術するんだ!」と感動の声があふれかえった。

また「オペシーン最高にクールだった」「沖田と壮大の手術シーンは本当に凄いね。本物の手術だったよ!」「沖田先生とのオペシーンが臨場感半端ない」「壮大が本物の脳外科医に見えた」など手術シーンのリアルさ、迫力に圧倒されたというコメントも多数。

沖田がシアトルに戻るラストについては「王道ラスト展開最高」「沖田はみんなを助けて一人で去っていく西部劇のヒーローのよう」という声の一方「沖田先生だけが割に合わない終わり方」「壮大の心は救われたけど、沖田先生の心は…」という意見も。

そして数多くの「アライフロス」のつぶやきと共に「2期はシアトル編かな?」「沖田先生 また日本に戻ってきてほしい」「たまたま井川先生の留学先に沖田先生がいたということで続編かスピンオフ求む」といった続編を希望する投稿も多数寄せられていた。

(笠緒)

■関連記事:
木村拓哉は竹内結子を救えるのか…ついにフィナーレ「A LIFE」最終回
浅野忠信、木村拓哉と抱き合い「やったぜ!」 「A LIFE」撮了にサプライズも
暴走する浅野忠信…竹内結子を巡り木村拓哉と深まる対立「A LIFE」第9話
木村拓哉、父親に手術を迫られ苦悩する…「A LIFE~愛しき人~」第8話
竹内結子の決意、そして前例のない患者が現れて…「A LIFE~愛しき人~」第7話