NEWS
ニュース

中条あやみ、監督へのラブレターを全力で否定「違います!」

MOVIE Collection

映画『覆面系ノイズ』の初日舞台挨拶が11月25日に新宿ピカデリーで行われ、主演の中条あやみをはじめ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、三木康一郎監督が登壇した。



『覆面系ノイズ』初日舞台挨拶、その他の画像



本作は、福山リョウコの同名人気コミックを、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督が実写映画化。“一度聴いたら忘れれらない声”の持ち主である女子高生のニノ(中条)と、その歌声に魅了されたユズ(志尊)とモモ(小関)が織り成す微妙な恋心を描いた青春ストーリー。



中条は「ちょうど1年前のこの日、(真野演じる)深桜と2人でジョギングするシーンの撮影でした。この映画は男女の関係がメインなのですが、その中で、私と真野ちゃんのシーンは、女の友情が描かれているので好きなんです」と振り返ると、「卒業式を迎えるお母さんのような気持ち」と独特な表現で公開初日を喜んだ。



中条にとって思い出に残っているジョギングシーンだが、三木監督が「あのシーンで怒った記憶がある」とつぶやくと、中条は思い出したように「そうです。真野ちゃんと2人で走っていたら、三木監督に私だけ呼び出されて『ちゃんと走れよ!』ってすごく怒られたんです。何でですか!」と訴える。



三木監督は「なんかペタペタ走っていて変だったんだよ」とバッサリ切り捨てつつ、「でも、撮影中に誕生日を迎えたのですが(中条から)ラブレターをもらったんですよ」と暴露。これに中条は大慌てで「ラブレターじゃないです」と否定したが、三木監督は続けて「いろいろと綴られた文の最後に『長生きしてくださいね』って書いてあったんです。俺は早死に前提か?」と逆に抗議し、中条は「日に日にやせていくって毎日文句を言っていたので、心配になったんです」と真意を明かす。そんな中条に「いつも文句ばっかり言っているキャラにしないでくれ!」と監督が突っ込み、漫才のような掛け合いを披露していた。



またこの日は、サッカー・スペイン1部リーグヘタフェ所属の柴崎岳選手との熱愛が一部で報道された真野も舞台挨拶に出席していたが、降壇時に報道陣から声をかけられたものの、真野は答えずに会場を後にした。(text&photo:磯部正和)



【関連記事】



[動画]中条あやみ、志尊淳、小関裕太、高校生に戻ったらどんな恋愛したい?

中条あやみ、志尊淳、小関裕太のサプライズ登場に女子中高生が大興奮!

[動画]志尊淳が中条あやみに突然ハグ!映画『覆面系ノイズ』特別映像

中条あやみのサプライズ登場に竹下通りがパニック!