NEWS
ニュース

本田翼の透明感がお手本!ナチュラルメイクを極めてピュア肌ゲット

美レンジャー





ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系)にヒロイン役で出演中の、モデルで女優の本田翼。透明感があり、“自然体”という言葉がぴったりな女性ですよね。
少しでも本田翼に近づくためには……ナチュラルメイクの習得が必須! ですが、ただ薄くメイクをするだけでは、単に“化粧が手抜きな人”に見えてしまうかも。そこで今回は『美レンジャー』の過去記事より、ナチュラルメイクのポイントをご紹介します。

ベースメイクは「気になる部分」だけ!
ファンデーションをサッと塗れば自然な肌になるかというと、そうではありません。ナチュラルメイクだからこそ、肌はしっかりつくりこみましょう。過去記事「目指すは…カトパン!男子ウケ抜群“女子アナメイク”で清楚美人に」で、そのステップをご紹介しています。

まずピンク系の下地を顔全体に薄く伸ばし、コンシーラーでクマやシミなどを隠します。その後、顔の色ムラが気になる部分にだけリキッドファンデーションを伸ばして。
Tゾーンなど皮脂が多いところを中心にルースパウダーを叩き込んだら、最後に両手で顔を包んで、ベースメイクを馴染ませましょう。
“ファンデーションを顔全体につけない”ことが、透明感のある肌づくりのポイントです。

アイシャドウ&マスカラはブラウンで
アイホール全体にアイシャドウを使ってしまうと、化粧が濃い印象になってしまいます。過去記事「石原さとみ級の透明感ゲット! しっかりデカ目が叶う“抜け感”アイメイク術」より、ナチュラルでもデカ目になるアイシャドウの塗り方をご紹介します。
まず、上まぶたの黒目の上あたりから目尻にかけて、淡いブラウンを塗りましょう。まぶたに少し肌色を残すことで、アイメイクをしっかりしても抜け感を出すことができます。

締め色は、アイラインを引くように細く目のキワに引いていきます。こちらも目頭には塗らず、黒目の真ん中あたりから引いてください。下まぶたには、締め色に使ったアイシャドウを、目尻から1/3ほど(黒目にかかる程度まで)に引きます。
マスカラはブラウンを使うと、ナチュラルな印象になります。下まつ毛にも塗ってくださいね。

チークとリップは「同じ色」で血色よく

顔に色をのせすぎると“化粧している感”が出てしまいますが、血色が悪く見えるのは困りますよね。自然で健康的な顔色に見せるための方法を、過去記事「何もしていません…はウソでした!“究極のすっぴんメイク”の裏技」でご紹介しています。
チークとリップは、同じ“クリームチーク”を使いましょう。まずは指を使って頬にのせていき、同じクリームチークを使ってリップメイクも一緒に仕上げます。真っ赤なクリームチークを使うと自然な血色に見えますよ。
もしパウダータイプのチークしか持っていない場合は、ワセリンと混ぜればクリームチークのようになるので、試してみて。

ちゃんとメイクはしているけど、まるで素顔のような自然な印象……そんなナチュラルメイクをマスターできれば、“生まれつき美人”に見せることもできるかも! 本田翼をお手本に、ぜひ練習してみてくださいね。

【画像】
※ getty images



あわせて読みたい

刺激的な美しさ!ディオールの秋メイクはメタリック×マットの融合
ローラや安室奈美恵がお手本!小麦肌の魅力を引き出すメイク法まとめ
のせるだけ…って思ってない?私に似合う「チーク」の選び方&入れ方
似合わなそ…6位太眉!「流行ってるけど挑戦できないメイクTOP10」
【キレイをSPY!】一気にキラキラ女子!キャンメイクの「ラメだけシャドウ」が超使える