NEWS
ニュース

クリームパンか!パンパンな「脚のむくみ」カンタン解消法まとめ

美レンジャー


夕方になると脚がむくんでパンパン! パンプスがきつくなったり、脚がだるく重~く感じたり。そんな悩みを持つ多くの女性に向け、『美レンジャー』の過去記事からツライ“脚のむくみ”の解消法をまとめてご紹介します。

むくみ防止の心得5ヵ条
過去記事「梅雨は…むくむく“むくみ”がツライ!“老廃物を溜めない”心得5つ」では、むくみを防止する心得についてレクチャーしています。
(1)塩分を控える
梅雨の時期はいつも以上に気をつけて、インスタント食品やコンビニ弁当、レトルト食品やスナック菓子など、塩分の高い食事を控えましょう。
また、意識して調味料を減塩するのも効果アリ。塩分が高めな醤油やソースをポン酢やお酢に変えたり、ドレッシングを塩分が低めなマヨネーズで代用するのもおすすめです。
(2)適度な水分を摂る
一日に必要な飲水量は1~1.5Lだといわれています。とはいっても個人差があるので、喉が渇いたらこまめにお水を摂ること。
お水をガブ飲みしてしまうと体内に水を溜め込みすぎて、むくみの原因にもなります。一日に必要な飲水量をなるだけこまめに飲むようにしましょう。
(3)入浴する
発汗量が低下している梅雨は、毎日の入浴で老廃物を体から出すのがおすすめ。汗が出やすい半身浴やお風呂でのマッサージを行ってみて!
(4)軽い運動をする
運動をすることで血行が改善され、新陳代謝がアップします。ジメジメとした天気が気になりますが、頑張って軽い運動を一日20分以上してみましょう。
(5)マッサージをする
マッサージによる血流の改善が、老廃物を出しやすい体へと導いてくれます。

むくみに効く~!3STEP「マッサージ」
過去記事「下半身おデブに終止符!100円でできる“脚のむくみ”スッキリケア」では、ズッシリ重~いむくみ脚を速攻で解消するマッサージをご紹介しています。
STEP1:むくみを取るなら「足先」から!

(1)まず、手をグーにして、上画像のように足の指の間にのせます。足先から足の甲までゴリゴリと往復してください(上写真1参照)
(2)同じく、手をグーにし足首の両脇を挟みます。くるぶしの骨の上から、ふくらはぎの間を目安に、ゴリゴリと往復しましょう(上写真2参照)
片足が終わったら、反対側も同様に行ってください。
STEP2:「マシュマロふくらはぎ」をつくる

(1)脚の内側、くるぶしの骨の上に手の親指を置く
(2)そのまま、膝の方向に、お肉とふくらはぎの骨をはがすように、グーっと親指を押し上げる(上写真の白矢印を参照)。この動きを何回か繰り返す
片脚が終わったら、反対側も同様に押し上げてください。
STEP3:テニスボールを使って「お尻の筋肉」をほぐす

(1)仰向けになり、片方のお尻の下にテニスボールを置く
体重を適度にかけながら体を揺らし、お尻の筋肉をほぐしましょう。凝り固まっている方ほど痛みを感じるので、調節しながら行ってください。
(2)正座をして、片方の膝裏の間にテニスボールを挟む(上写真参照)
筋を痛めないように少しずつ体重をかけ、腰を下ろしていきましょう。膝裏の間~かかとくらいまで、テニスボールを移動させながら体重をかけていってください。
片方の足が終わったら、反対側も同様に挟みましょう。

日々のケアで、むくみを慢性化させないように心がけ、“スラリ美脚”を手に入れましょう!



あわせて読みたい

ゲッ…起きたらパンパン!「顔のむくみ解消&予防法」まとめ
モチ肌&スラリ脚に!万全な夏バディを作る「ボディケアコスメ」3選
足首どこいった!? パンパンむくみ脚は寝る前の「鋤のポーズ」で解消
ウサギになって…頭・顔もスッキリ!「百会」を刺激するヨガポーズ
揉むだけでスリム!エステティシャン直伝「むくみ解消マッサージ」