NEWS
ニュース

ぽちゃ腹&大根足も!「椅子のポーズ」で夏までにスッキリ解消

美レンジャー


春は仕事で部署異動があったり引っ越ししたりと、これまでと違う環境に置かれている方も多いでしょう。慣れない生活のストレスから「食欲が増して食べて過ぎてしまう」、「お酒を飲み過ぎてしまう」といった悩みを持つ方もいるのでは?
そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、ボリュームアップした背中・お腹・脚に悩んでいる皆さんにオススメしたい“ボディーラインを整えるヨガポーズ”を紹介します。

背中・お腹・脚に効く「椅子のポーズ」
股関節・ひざを90度に曲げて腰を落とすのが“椅子のポーズ”。地味なポーズに見えますが、バランスを取って体を安定させながらキープをするため、さまざまなパーツに効いてきます。
上体を前傾させて腕を上げるため、特に背中~お腹(体幹部)、そして土台として体を安定させる脚のシェイプアップに効果的です。

椅子のポーズのやり方
では、椅子のポーズの取り方を説明します。
【椅子のポーズ・プロセス】
(1)床に足を揃えて直立し、胸の前で合掌する
(2)息を吸いながら合掌した手を天井に伸ばし、腕を肩幅に開く(写真下)

(3)息を吐きながら、股関節・ひざを90度に曲げる(お尻を後ろに引くようにする)
(4)上体を斜めに倒して、腕はその延長線上に伸ばし、鼻呼吸を5回繰り返す

実際に行う際は、下記の注意点を参考にしてみてくださいね。

「椅子のポーズ」の注意点
安全に、効果的にポーズを取るためにも、下記の注意点には気を付けましょう。
(1)ひざがつま先よりも前に出ないようにする

写真のようにひざが前に出過ぎると負担がかかり、痛める恐れがあります。ひざが出過ぎていたら、お尻を後ろに引いたり、屈曲を浅くしたりして調整しましょう。
(2)腰が反り過ぎないようにする

上の写真は、腰が反り過ぎている例です。腰が反り過ぎていると腰痛の原因になります。お腹を内側に引き入れるようにして、背中は自然な湾曲を保ちましょう。
(3)肩が上がらないようにする
肩に力が入って上がりやすいポーズでもあるので、首を長く保つ・肩と耳の距離を取るようにして、下にさげる意識を持ちましょう。
もし余裕があったら、つま先立ちになってみたり、片脚ずつ前に伸ばしたりすると、より効いてきますよ。
【つま先立ち】

【片脚ずつ前に伸ばす】


ストレスでついつい食べ過ぎて、背中・お腹・脚をスッキリさせたい方はぜひ、試してみてくださいね。



あわせて読みたい

夏まで3ヶ月!たぷたぷ二の腕に「エルボーサイドプランク」が効く
「朝ごはんの前or後」どっちが正解?朝ヨガをやるときの注意点4つ
どうしよう…「ヨガ中に体調が悪くなったら?」対処法を講師が指南
有名シェフが−14kg!TVで話題の「もち麦ダイエット」簡単レシピ
おなかズドーン…はヨガで緩和!「生理痛を和らげるポーズ」3つ