NEWS
ニュース

ケチるとこ違う!? 美容に「お金をかけるべきor節約可」ポイント3つ

美レンジャー


私たち女性は美容院にネイルサロン、まつ毛エクステに脱毛と、キレイになりたいと思えば思うほど、とにかくお金がかかりますよね! とはいえ、「これくらい必要経費よ!」な~んて言える余裕もないのがホンネ……。
限られた予算で美しさをキープするために、どこまでお金をかけていいのかが、悩むところ。
そこで今回は美容ライターである筆者が、“お金をかけるべきor節約すべき美ポイント”を3つ厳しくジャッジしていきます。
 
■1:ヘアサロンにネイルサロン、末端美容こそ「美の神髄」なり

いつもキレイにして見える人とそうではない人。どんな部分で差が出るのか、ふと疑問に思ったことはありませんか?
その答えは、ヘアカラーしてから数cmは伸びているプリン髪やジェルネイルの浮き、マニュキアの剥がれなど、“末端美容”にあります。
言い換えれば、髪や手元などは常に人目につきやすい部分であり、ここをケアできてないと一気に”お手入れを怠っている人”という印象を与えてしまう可能性があるのです。
毎回全体のヘアカラーはしなくとも、伸びてきた根本部分のリタッチはこまめに行う、ジェルやマニュキアの持ちをよくするために、しっかりオイルでハンドケアをするなど、少し意識するだけで美のメンテナンスはもちろん、自身のモチベーションも保つことができますよ。
 
■2:まつ毛パーマ派はセルフもアリ!1年で約82,560円節約も
実は筆者、ついこの間までは月に一度のペースで上下まつ毛パーマ(7,000円)に通っていたのですが、お気に入りのお店がなくなってしまったことからセルフ派へ移行。
不器用なので不安だったのですが、今は便利な“まつ毛パーマキット”が数多く存在。筆者もガイドを読みながら一度挑戦してみると、意外にもすんなり出来たのでビックリ!
さらに、驚くのがコスパのよさ。セルフケアは、なんと1回あたり約120円! 筆者の場合、月7,000円×12回行い、年間84,000円かかっていたので、セルフにしただけで、月120円×12回=1,440円になり、年間82,560円の節約が可能になりました。
器用な友人の場合、まつ毛パーマとまつ毛エクステまでセルフで行っていて、「自分の好みの通りにできるから、セルフの方が楽」なのだとか。もちろん、説明書に沿って、注意深く行ってくださいね。
 
■3:肌トラブルは放置すべからず!病院のお金はケチらない

「肌荒れしちゃって~何かいい化粧品ない?」と友人から相談を受け、まずは皮膚科等で専門医に診てもらうことを勧めると「病院は費用が勿体無い」、「面倒だから」という返事の多いこと多いこと……。
肌は美のバロメーターであり、年齢や印象までをも左右する重要なパーツ。トラブルを抱えた肌では、せっかく高い化粧品を使っても、誤魔化しきれません。
さらにこの時期は、厳しい乾燥から肌が炎症を起こしている場合もあります。自己判断でスキンケアを行うより、肌トラブルが起こったら、真っ先に皮膚科を受診することが美肌への近道ですよ。
 
今回ご紹介した3つのポイントを取り入れて、メリハリよく美容を楽しんでくださいね。今日から家計も美容も賢く見極めながら、賢く“美しさ”を手に入れましょう!
 
【関連記事】
モデルたちのリアル「節約ショッピング」事情!意外な購入場所とは…
【-10kg痩せた】夏太り解消!節約もできる「体重リセット食」
キッチンに眠る…●●で代用できちゃう!一石二鳥な「節約美容」テク
美容院代1回…節約できちゃう!ヘアカラーの色落ちを防ぐテク3つ
全米の節約主婦代表!マーサスチュワート流「お金が貯まる」生活術
 
【おすすめ記事(PR)】
※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ
老け見えする小ジワに!「ツラい冬の乾燥肌」にオイル美容がイイ理由
※ 海外セレブもはまった!バストのことも考えたスムージーダイエット
※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは
※ 「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?
※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ
 
【姉妹サイト】
※ あなたは何派?ポイントが貯まる「多忙女子ための電子マネー」比較

あわせて読みたい

隣の国でもけっこう違う!韓国で「美人認定」されるポイント3つ
毎日見るから効果大!体重も美肌も…「手帳でキレイになる」方法4つ
毎日の「アイシャドウ」がシミの原因に!? 見直したいNGな塗り方
「残す服or捨てる服」…見極めポイントは6つ!プロが教える整理術
やった人から冬でもうる肌!「入浴中に使いたい」保湿アイテム3つ