NEWS
ニュース

そばかすは化粧品で改善できる?美白化粧品の選び方と注意点

スキンケア大学



そばかすは、化粧品を使うことにより改善や予防ができることもあるようです。そばかすケアができる化粧品の選び方と注意点について紹介します。

そばかすはどうしてできるの?

そばかすには、「先天性のもの」と「後天性のもの」があります。

「そばかす」は、比較的肌の白い人にできやすい茶褐色の斑点状のシミで、顔では鼻を中心に、身体では背中や胸のあたりに出現します。幼児期から思春期にできるそばかすは先天性のもので、思春期後に薄くなって消えることがあります。しかし、なぜ消えるのか、その理由はまだはっきりとわかっていません。

引用:スキンケア大学



大人になってからできるそばかすは後天性のもので、さまざまな原因が考えられます。

これは、紫外線や摩擦などの刺激、喫煙や飲酒、ストレスにより発生すると言われています。先天性のものとは違い、年を重ねると共に濃くなっていくという特徴があります。

引用:スキンケア大学

そばかすケアができる化粧品の選び方

そばかすを予防したいという方と、すでにできてしまっているそばかすケアをしたい場合では、化粧品の選び方が異なってきます。

「今はシミやくすみはないけれど、予防のために美白したい」という場合には、メラニン抑制効果のある美白成分を含んだ化粧品、「すでにできてしまっているシミやくすみを消したい」という場合には、還元効果のある美肌成分を含んだ化粧品を選びましょう。

引用:スキンケア大学



予防目的であれば「アルブチン」「ルシノール」「エラグ酸」「プラセンタエキス」「トラネキサム酸」などが配合されたものを、出来てしまったシミを消す目的であれば「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」が配合された化粧品を選ぶとよいでしょう。

そばかすケアができる化粧品の注意点

そばかすケア効果がある美白化粧品には、厚生労働省の認可を受けた医薬部外品のものが多いですが、注意点もあります。

医薬部外品の美白化粧品は、その美白効果が、誰にでも必ず認められるというものではなく、「効果が期待できる」という程度のものです。医薬品のようにその効果が完全に認められているわけではないのです。

引用:スキンケア大学

そばかすを化粧品でケアをしよう

そばかすは、化粧品で予防や改善効果が期待できるものもあります。自分のそばかすの症状に合う化粧品を選ぶことで、そばかすをケアしていくことができるでしょう。また、化粧品だけでなく、日ごろから紫外線を浴びないように気をつけることでそばかすケアをすることも大切です。



【関連記事】
“間違った常識”が悪化につながる。ストレスや睡眠不足でもなる「ニキビ」
すっぱいパワーでキラキラ女子に。美容と健康に役立つ「お酢」のチカラとは
気づいたら老け顔まっしぐら!?女子度をダウンさせる「くま」の対処法とは
お泊まりに!オイルと練りチークですっぴん風メイク
眠いズボラ女子に贈る!帰宅後1分でできちゃうメイクオフ&保湿ケア
それで、効果はどのくらい?「美白注射」の治療法とその実力