NEWS
ニュース

「鼻の黒ずみ毛穴」…そのケア、合ってる?正しい除去とメイク術!

スキンケア大学



ガンコな鼻の毛穴の黒ずみ。安易に、貼ってはがすシートなどで間違った除去をおこなってしまうと、角栓だけでなく周囲の角質もはがしてしまい、肌を傷つける原因になることもあります。正しい除去方法を知って毛穴レス美人を目指しましょう。

毛穴のケア間違っていませんか?



毛穴の黒ずみは、ホコリやメイクなどが皮脂と混ざって酸化することで黒ずみ毛穴になってしまうといわれています。毛穴に詰まった皮脂を落とすことは大切ですが、過度なケアは逆効果となることがありあります。

下記のようなケアは肌に負担をかけている可能性大です。2つ以上当てはまっている方は、そのケア自体が角栓を悪化させている原因かもしれません。

・肌をゴシゴシ擦るように洗顔している

・毛穴パックを1週間に1回以上使用している

・べたつくのが嫌だからと洗顔後は保湿していない

・毛穴に詰まりそうだからと日焼け止めを付けずに過ごしている

引用:スキンケア大学

毛穴黒ずみの正しい除去方法

クレンジングでメイクをきちんと落とし、蒸しタオルを当てて毛穴を開かせてから、洗顔を行うのがおすすめです。洗顔は、よく泡立てた洗顔料でしっかりと行いましょう。ゴシゴシと擦ってはいけません。また、洗顔後の保湿は必ず行いましょう。化粧水・美容液・乳液・クリームの順で行うのが基本です。化粧水は、ビタミンC誘導体が配合されたものが効果的だといわれています。

毛穴の汚れと角栓の除去には酵素洗顔料が効果的です。ただし、こちらも肌に負担をかける場合があるので、週に2〜3回程度の使用をオススメします。

ビタミンC誘導体には美白効果があるため、化粧水はビタミンC誘導体が配合されたものを使うと効果的です。メイクの前など、毛穴をすぐに引き締めたい時には、洗顔後のお手入れの一番最後に収れん化粧水をプラスしてみるのもいいでしょう。乱れたキメを整えて肌を引き締める効果があります。

引用:スキンケア大学

毛穴を隠すカバー方法



ファンデーションは厚塗りをせず、周りになじむように、鼻のうえにたたくように軽くのせ、コンシーラーは少し暗めの色を使用すると自然な仕上がりが期待できます。フェイスパウダーを仕上げに使う場合はパフがおすすめです。

黒ずみを完全にカバーするのは簡単ではありません。そのため黒ずみを完全に隠そうとすると厚塗りになり、逆に鼻が不自然に目立つことがあります。ファンデーション、コンシーラーは黒ずみが目立たなくなる程度に薄く塗ることを意識してください。

引用:スキンケア大学

毛穴は無理にこじ開けない!

毛穴ケアの基本は、毛穴を自然に開かせてあげること。毛穴パックなどで、無理にこじ開けたりは絶対にしないようにしましょう。メイクの際、毛穴を隠すカバーもやり過ぎは禁物です。優しく肌に負担をかけないように注意しましょう。



【関連記事】
みんな大好き!じゃがいもの簡単レシピと美容効果を教えます。
老けないからだはつくれる!エイジングケアの正しい方法を徹底調査
コラーゲンは"塗る・食べる"で増える?肌の「保水力」を本当に高める裏ワザ
まだまだ若く見られたい!フェイスエクササイズで「ほうれい線」知らずに
忙しい女性の救世主!オールインワン化粧品の基礎知識
【動画つき】ポイントはたった2つ!簡単おフェロメイクのポイント