NEWS
ニュース

間違ったクレンジングによる、肌トラブルと正しいお手入れ方法

スキンケア大学



一番大事なのはクレンジング

クレンジングオイルは、洗浄力が高く、メイクの落ちやすいクレンジングです。しかし、ついその後に洗顔しすぎてしまうことで、乾燥肌をつくってしまいがちです。

間違ったクレンジング

化粧汚れが落ちない時は泡立てネットがおすすめです。細かい泡ができて、汚れを吸着してくれます。また、ゴシゴシ洗わず、泡で洗うので、肌のダメージも軽減できます。



ミルクやジェルタイプのクレンジングと比較すると、オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれている傾向があります。界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メイクとオイルをなじませるために重要なもの。洗浄力が強く刺激になるため、メイクが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です。


オイルクレンジングは、なめらかな感触で滑りやすく、指先に力をいれてしまいがちです。強くマッサージしたり、ゴシゴシとこすったりしていると、肌を傷つけてしまいます。さらに、必要な皮脂まで取ってしまい、肌が乾燥してしまったり、肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

オールインワンって結局どうなの?

全身使える美容オイル

保湿のために、化粧水をたっぷり使っている方いませんか?実はそれだけでは、十分な保湿とは言えません。そんなとき活躍するのが美容オイル。美容オイルは、美容液として使えるのはもちろん、マッサージをするときや、メイク直しのときにも使える便利なコスメのひとつなんです。



美容オイルを使うと肌がベタつきそうで怖いといって、化粧水しか使わない方も多いのですが、そんな方でも、化粧水のあとにオイルを1滴使うだけで、肌の保湿力が持続するため、過剰な皮脂をおさえることができます。


さまざまな場面で使える美容オイル。でも、肌だけでなく、髪や爪などの全身にも使えるので、一本持っておくと、とても重宝するでしょう。

肌トラブル!簡単腸内セルフチェック

パッティングは叩くのではなく練り込む

「パッティング」といっても、実際は叩くというよりも、化粧水や乳液などを、「練りこむ」ようなイメージで優しくケアしてください。

まずパッティングをする際の力が強い場合、そして押さえる回数が多い可能性があります。それらが肌への刺激となり、知らず知らずのうちに赤ら顔の原因をつくっているのです。



エッ!肌の乾燥は老化現象...!?

顔は紫外線を浴び化粧品などで毛穴に汚れが溜まります。夏はエアコン、冬になると暖房と一年中肌は乾燥しがちです。忙しい時でも毎日のお手入れをする事で化粧のりが変わってきます。すっぴん美人を目指して頑張っていきましょう!



【関連記事】
原因は仕事の疲れかも?顔にできたクマやくすみへの対処法とは
こわ~い眉間のシワにさようなら!仕事中でもできるシワ対策
日焼け対策は体の内側からも!紫外線に対抗するスムージーレシピ
しっかり寝ているのに「クマ」が…。“疲れ目女子”へのケアメソッドを伝授
食事は貴女のカラダの源。“真の美肌”を手にいれる「3大栄養素」レシピ
肌荒れ、赤み、かゆみの原因!?「バリア機能の低下」が引き起こすもの