NEWS
ニュース

大人にも増えている、”アトピー”の原因とは

スキンケア大学



強いかゆみや湿疹、かぶれなどにおそわれる「アトピー性皮膚炎」。特に乳幼児に多い病気ですが、近年では大人のアトピーも増えています。アトピーになる原因は様々で、遺伝や食べ物、環境だけでなく、子どもと大人でも変わってきます。もちろんこれらの条件下においても、発症する方がいれば発症しない方もいます。

しかし、ここ近年では遺伝による要因よりも、戦後から変化している日本人の生活習慣や生活環境により体質そのものが変化していることによる原因もあげられます。

ダニやカビが原因となることが多い

アレルギーというと食べ物を思い浮かべやすいですが、アトピーの原因となるアレルギーで多いのはハウスダストやダニ、カビです。家の中のホコリ(ハウスダスト)には、ダニがいっぱい潜んでいるので、かゆみの原因として高い割合をしめています。

その他、注意するのはカビ。ここ最近でピティロスポルム(マラセチア)という菌に対して陽性反応を示す人が増えて注目されています。このカビは誰の皮膚にも存在するのですが、顔、首、上半身の皮膚の脂の分泌が多く、かゆみやフケを発生させます。

2〜3才までの子どもは食べ物にも注意を。

ハウスダストなどに比べると、食べ物によるアレルギー反応は少ないのですが、小さなお子さんの場合は違います。特に赤ちゃんや幼児は消化器の機能が未熟なため、アトピー性皮膚炎のアレルゲンとなる物質が大人に比べて反応しやすいと考えられています。

食べ物でアレルゲンとなりやすいのは卵、特に卵白です。他にも牛乳や乳製品、大豆や大豆製品、米、麦なども注意が必要です。小さいお子さんは3才を過ぎてくると消化器の機能が発達してくるので、食べ物によるアレルギー反応は少なくなります。

あらゆる刺激物が症状悪化の引きがねに…

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下している状態なので、あらゆる刺激物が症状を悪化させる原因になります。主な刺激物とは、石鹸、洗剤、化粧品などに含まれる化学成分、添加物、乾燥、汗やアカ、汚れなどです。

また、疲れや緊張、悩みなどのストレスもアトピー性皮膚炎悪化の要因として考えられます。受験から解放されたと同時に症状が改善されたり、環境が変わることによる変化も見られます。逆に新しい環境による緊張が、アトピー性皮膚炎の再発を引き起こす場合もあるようです。

(この記事の監修: 赤坂ビューティークリニック 院長 / 青山秀和 先生)

【関連記事】
程度によってケアが変わる、アトピーの症状
アトピーの人に起こりやすい咳?アトピー咳嗽(がいそう)とは
大人のアトピー性皮膚炎の原因と対策・ケア方法
憧れの卵肌へ!毛穴が開いてしまったときの正しいケア
紫外線だけじゃない!夏の肌トラブル危険因子
急な肌トラブルに注意!梅雨の”ゆらぎ肌”を克服しよう