NEWS
ニュース

日焼けで肌が痛いときの洗顔・スキンケア方法

スキンケア大学



日焼け後の洗顔・ケアについて解説します。

日焼け後の洗顔方法

日焼けは火傷の一種です。火傷は、I度、度、III度に分類されます。ピリピリして赤くなるのは、表皮が炎症を起こした状態で、度(軽度)の火傷と同じです。度になると真皮にまで炎症が及び、水疱ができることもあります。

日焼けでダメージを受けた肌は敏感になっているため、洗顔でこすったり、スクラブ入り洗顔料で刺激を与えたりしないように気をつけましょう。

軽度の場合は、当日から軽く洗顔しても大丈夫です。敏感肌用の洗顔料をよく泡立て、泡をつけたらぬるま湯ですぐ流すようにしましょう。もし、それでしみる場合は、重度の日焼けの場合と同じ対応が必要です。

重度の日焼けをした場合は、当日と翌日は洗顔料を使用した洗顔は避け、ぬるま湯で素洗いをするようにしてください。できるだけ迅速に皮膚科を受診し、投薬を受けましょう。3日目以降は軽度の場合と同様の洗顔をするとよいでしょう。

肌の状態が落ち着いてきたら、徐々に通常の洗顔方法に戻していきます。ただし、擦らずに落とすことのできる軽いメイクをするよう心がけてください。

日焼け後のスキンケア法のポイント

日焼けは火傷なので、冷やすのが基本です。まずは、冷たいシャワーをかけるか、水風呂に入ります。この際の注意点ですが、長時間冷たいシャワーを浴びたり、水風呂に入ったりすると体が冷えてしまうので気をつけてください。その後で、痛みの強い部分には氷袋、保冷材に薄手のハンカチなどを巻き、しっかりと冷やすようにしましょう。濡れタオルで冷やし続けると、肌のバリアが破壊されるので、水で冷やすのは始めだけの方が無難です。

軽い日焼けの場合は、美白作用や保湿効果に優れた成分が入っている基礎化粧品でしっかり保湿してください。

中等度の日焼けの場合は、洗顔後すぐにコットンを使わずに低刺激の化粧水をたっぷり塗ってください。このときの化粧水は、アルコールの入っていないものにしてください。アルコールが入っていると、肌を刺激し、皮膚の状態を悪化させてしまう場合があるので注意してください。

化粧水がしみる場合は、我慢せずにすぐに洗い流してください。

ひどい日焼けの場合、化粧水はしみるので塗らずに、消炎作用のある保湿クリームや軟膏を塗りましょう。それでもしみる場合は皮膚科を受診してください。

アフターケアの注意点

日焼けした肌は通常時より敏感になっています。刺激を極力減らすことがアフターケアの最重要ポイントと言えます。

お風呂はぬるめの温度(38〜39℃)に設定し、肌に触れる衣服は柔らかい素材のものを選び、皮膚に刺激を与えないようにしてください。また、早く治したいと思ってマッサーをする人がいますが、マッサージは刺激になり、肌のトラブルを引き起こす可能性があるので控えておきましょう。

炎症が落ち着くと皮がむけてきますが、無理やりはがすのはやめましょう。新しい皮膚の準備が整うと、不要な角層は自然に脱落します。軟膏を塗ってケアしながら、自然にはがれるのを待ちましょう。

日焼けした肌はダメージを受けやすくなっているので、さらなる日焼けには厳重注意です。帽子や日傘などを活用して、紫外線を直接浴びないように工夫してください。日焼け止めは、重度の日焼けの場合は、処方された外用剤で炎症が落ち着くまで避けた方が無難です。どうしても外出などで必要な場合は、紫外線吸収剤が入っていないものなど、肌に刺激の少ないタイプのものを選んで使用しましょう。

日焼け後は早く使いたくなる美白化粧品ですが、弱った肌には一部の有効成分が刺激となる場合があるため、日焼け直後の使用は控え、完全に痛みや赤みが引いてから使うようにしましょう。

ひとつ覚えておいていただきたいことは、日焼けで生じたダメージを回復させることは非常に困難で、抗酸化作用のある成分を後から摂ったり塗ったりしても、日焼けの害をなかったことすることは不可能です。予防こそが最大の攻撃と心得て、日焼けをしないように万全をつくしてください。

(この記事の監修: 銀座ケイスキンクリニック 院長 / 慶田朋子 先生)

【関連記事】
水ぶくれができる、真っ赤になる…ひどい日焼けの対処法
頭皮が日焼けしたときの対処法とシャンプー時のポイント
夏の”うっかり日焼け”に!ローションと手作りパックでケア
憧れの卵肌へ!毛穴が開いてしまったときの正しいケア
紫外線だけじゃない!夏の肌トラブル危険因子
急な肌トラブルに注意!梅雨の”ゆらぎ肌”を克服しよう