NEWS
ニュース

脂性肌の気になる顔の臭い

スキンケア大学



頭皮、ワキ、足といった“ニオイの温床”としてよく知られているパーツは、ケアを入念にしている方も多いでしょう。けれど「顔からもニオイを放っているかもしれない」と聞いたら、意外に感じる方が多いのではないでしょうか。

というのも、酸化した皮脂がニオイを放つことがあるのです。特に脂性肌の方はその可能性が大!家庭で使う食用油が古くなると臭くなるように、皮脂も臭くなるのです。皮脂をまったくカットすることはできない中で、どうやってケアをするべきか。脂性肌の原因や特徴、基本的なスキンケア方法について解説します。

脂性肌とは

「顔の皮脂がにおう」という話の前に、におっている可能性が高い脂性肌について説明します。脂性肌とはその名の通り、皮脂が過剰に分泌される肌のこと。いわゆる顔がテカっている状態です。では、皮脂を徹底的に取り除けばいいのかというと、そうでもないのが難しいところ。悪者のようにされる皮脂ですが、なくてはならない存在でもあるのです。

肌の表面は皮脂膜という薄い皮脂の膜で覆われており、刺激から肌を守っています。さらに、肌から水分の蒸発を防いでうるおいをキープしたり、弱酸性の状態を維持することで、雑菌が繁殖しにくい環境を整えているのです。

ただし、この皮脂がなんらかの原因によって過剰に分泌されると、テカって見た目が悪いだけでなく、吹き出物ができやすくなったり、酸化してニオイを発生したりするのです。

脂性肌の原因と、その対処方法

脂性肌の原因は、以下のものが挙げられます。

・男性ホルモン…男性ホルモンによって皮脂腺の分泌が刺激されて皮脂が出ます。男性が比較的テカりやすいのはこのためです。

・ストレス…ストレスによって男性ホルモンが分泌されやすくなるため、脂性肌の原因となります。

・偏った食事…脂肪分の多い食事は、そのまま肌にも現われます。また、糖質も摂りすぎると体内で脂肪に変換され、皮脂の原料となります。

・洗顔のしすぎ…皮脂膜が洗い流されると、新たに皮脂膜を作ろうと皮脂が大量に分泌されます。

・乾燥…皮膚の保湿力が低下すると、皮脂の本来の役割である“保湿”のために、皮脂を大量に分泌します。

皮脂が気になる場合は過剰に洗顔するのではなく、ティッシュでやさしくオフする程度にしましょう。また、洗顔後は化粧水をたっぷりと肌に与えます。ベタつくからといって乳液やクリームを使わない、というのは間違い。せっかく化粧水で与えた水分がすぐに蒸発してしまいます。フタをする役目である乳液、美容液、クリームは、こってりとしたテクスチャーのものよりも、比較的さらりとしたタイプのものがおすすめです。

同時に、生活習慣の見直しも必要です。ビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜を多めに取り、脂分の多い肉や、糖質を多く含んだ炭水化物の摂りすぎにご注意を。さらに、ストレスを溜め込みすぎないように、睡眠や休息をたっぷりとるようにしましょう。

皮脂の量が増える夏は、しっかりと対策を

皮脂はどうしても酸化してしまうので、多少のニオイは仕方がないもの。あまり気にしすぎてもストレスが溜まってしまいますが、できる限りの対策は打っておいて損はありません。特に夏は皮脂の分泌量が増えて、気温が高いために酸化もしやすい季節。顔のニオイが気になる時期です。適度な洗顔をしたうえで、しっかりと水分チャージをして、生活習慣にも注意するようにしましょう。

(この記事の監修: 四谷三丁目皮膚科 院長 / 山田美奈 先生)

【関連記事】
脂性肌の原因(生活習慣)
皮脂トラブルを悪化させる!間違いがちな脂性肌ケア
ニキビを悪化させる!脂性肌が陥りやすい間違ったニキビケア
憧れの卵肌へ!毛穴が開いてしまったときの正しいケア
紫外線だけじゃない!夏の肌トラブル危険因子
急な肌トラブルに注意!梅雨の”ゆらぎ肌”を克服しよう