撮影裏に潜入!池田エライザの女優魂に監督も絶賛 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 撮影裏に潜入!池田エライザの女優魂に監督も絶賛

撮影裏に潜入!池田エライザの女優魂に監督も絶賛

elaiza_gw06
90年代、J-POPシーンの一時代を築きあげた「globe」。なんと2015年8月9日でデビュー20周年を迎えた。そんなglobeの楽曲は今もなお時代を越えて愛され続けている。

そして今回記念すべき節目の年を越えた今『globe デビュー20周年記念ミュージックビデオ・ドラマプロジェクト』が始動!「FACE」「DEPARTURES」などといった、大ヒットを記録したこの名曲たち。実はミュージックビデオ自体が存在していなかったのだ。

その一世を風靡したglobeの楽曲に、現在モデル・女優として活躍し多くの女の子たちから絶大な支持を得る、ティーンのカリスマ的アイコン達を主演女優として迎え、小室哲哉が描いた女性の持つ”強さ” “美しさ” “切なさ”が詰まったセンセーショナルな世界に新たな息を吹き込みます。
今回シリーズを通してMVの監督を努めるのは、数々のPVやCMなどを手がけてきた薮内省吾監督。globeの世界観を完璧なまでの演出でストーリーに閉じ込めました。

 

その貴重なMV撮影にgirlswalker.comが潜入!撮影の裏側を独占でお届けします♪

第一弾となるのは「FACE」。この楽曲の切なさや葛藤、ラストシーン心に強く宿す希望を体現したのは、CamCamの専属モデルとしてティーン層から圧倒的な人気を誇る池田エライザ。

人気モデルでもある彼女は、近頃女優としても目まぐるしい成長を遂げている。今回のMVでどんな顔を覗かしてくれるのでしょうか?

elaiza_gw01

撮影前のエライザさんをキャッチ!いまの心境は…?

■これから撮影ですが、意気込みをお願いします!

池田(以下・I):多くの人に愛されている曲なので、幅広い世代にこのMVの物語が伝わればいいなと思います。私と監督が連携して新たに作りあげるので、それをやってよかったと皆さんに思って貰えるようになればと思います。
■モデルと女優の仕事にはどんな違いがありますか?

I:モデルのお仕事は池田エライザとしてやらせていただくことが多く、映像では私というよりも体を貸す感覚でやっています。エライザの部分と、もう一つ他人にならないといけない部分。もう一つのエライザを憑依させてメッセージ性を理解しなきゃいけないなという意識はモデルと女優では少し違いますね。基本的にどちらも変わらないのは真っ直ぐ真面目にやっていることです!

 

■どんな人に観て欲しい?

I:たぶん同世代の女の子には、自分の考えに悶々としてる子がたくさんいると思うので、その子たちに変わって私が暴れようと思います。私自身も初めてちゃんと「FACE」の歌詞を見たのですが、世代が違うけど愛される曲はどの世代にも響くので素直に10代にMVと歌詞を見て欲しいなと思いました。とにかく思いを伝えられるように、頑張ります!

elaiza_gwp

 

「FACE」の舞台となったのは、雨が降りしきる冬の熱海。

3年前歌手を目指し東京へ出た女の子の物語。
エライザはレコード会社からデビューを果たすが、納得いく活動が出来ず歌を辞めて熱海の実家へ。
それから2年、彼女は母親が営むスナックで夜はアルバイトという、淡々とした日々を暮らしていた。
歌を諦めたわけではないのに、歌を辞めなければいけなくなった自分と日々戦っていた。

そんなある日、彼女はある決断をするーー

がむしゃらに、ひたむきに自分の人生と向き合い、戦い続ける女性の応援歌。

 

elaiza_gw04

日が落ちあたりが暗くなった頃、エライザさんがクランクイン!外のシーンからスタート。

雨に打たれながらも商店街でお母さんに頼まれた買い出しをするエライザさん。念入りに監督と打ち合わせをし、役への気持ちを作り撮影は順調に進みます。

エライザさんが出す虚ろで絶妙な雰囲気に、監督も最初のカットから“切なビューティー”を確信!

elaiza_gw03

撮影は順調に進み、最も難しい商店街の片隅で感情を爆発させるシーン。とても繊細でこの後の心情に変化をもたらす大事な場面を体現させなきゃいけないこの時ばかりは、スタッフも固唾を呑んでエライザさんを見守ります。

何度も繰り返される撮影。感情をむき出しにして挑むエライザさんの中に潜む、女優魂という熱く強いバネを垣間見ることが出来ました。

その演技に触発されたかのように、雨もだんだんと強くなり撮影クルーはずぶ濡れになりながらも撮影を続行。物語にいい表情をつけ最高の演出となり、MVの最大の見どころを撮り終えることが出来ました。

 

elaiza_gw02

撮影後半では、お母さんの経営するスナックでお店の手伝いをするシーンが続きます。ここでも監督の熱の入った指導が!

手のタイミングに目線のやり方、全てに意味がありそれがピッタリとあった時、言葉以上の感情が写し出されます。カメラに映るエライザさんからは、持ち前の雰囲気とセンスで見事に「FACE」らしいもどかしさが表現されていました。

 

elaiza_gw07
終盤の撮影で撮ったはじまりのシーン。このシーンにはセリフがあり、全ては自分のタイミング。エライザさんが話す1つ1つの言葉には、聞いているだけで鳥肌が立つようなくらい感情が入り交ざり、1人の女の子の葛藤がにじみ出ていました。

 

elaiza_gw08

そして、ついにクランクアップ!

当初の予定より5時間ほど押してのフィニッシュとなりましたが、エライザさんは一切疲れを見せずにこの笑顔!これだけの根性を発揮してくれた女優さんにスタッフからは大きな拍手が巻き起こりました。

監督からも、折れることなく納得のいく演技をやり通したエライザさんに惜しみない拍手が送られました。

この撮影でまたひとつ女優としての風格が増したエライザさんの今後が楽しみです!そして、完成した現代に贈る「FACE」の物語。ぜひ、チェックしてみてください♪

Information
『globe デビュー20周年記念ミュージックビデオ・ドラマプロジェクト』
#1「FACE」主演:池田エライザ

 

歌手を目指し東京へ出て行ったエライザは、レコード会社からデビューを果たすが、納得いく活動が出来ず、結果彼女は歌を辞めて熱海の実家に戻ってくる…。

それから2年、彼女は母親が営むスナックで夜はアルバイトという、淡々とした日々を暮らしていた。歌を諦めたわけではないのに、歌を辞めなければいけなくなった自分と日々戦っていた。自分のやりたい事をやれない日常、そんなどうしようもない人生…。本当の自分が死んでいく感覚…。いつかどこかでこのケジメはつけないといけないと思いながらも、日々は淡々と流れて行く。そしてある日。彼女はスナックを出て、買い物へ行く。そして、またスナックにもどってくるだけの時間の中に、彼女の人生の分岐点が存在した。
この日、彼女にとって、人生2回目の東京行きを決意する夜となった。誰しも決断し、その一歩を踏み出す。
本当の自分を見つめ、取り戻し、そして生きていく。“FACE”はそんな女性のための応援歌。がむしゃらに、ひたむきに自分の人生と向き合い、戦い続ける女性の応援歌。

 

■globe公式HP
http://avex.jp/globe/

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN