りぼんっ子必見!可愛いが止まらない「りぼんふろくカフェ」に潜入♡ - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. グルメ
  3. りぼんっ子必見!可愛いが止まらない「りぼんふろくカフェ」に潜入♡

りぼんっ子必見!可愛いが止まらない「りぼんふろくカフェ」に潜入♡

集英社の少女まんが雑誌『りぼん』のふろくにスポットを当てたムック本、『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』(集英社)とコラボレーションしたカフェ・『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』with hontoが、2018年10月3日(水)から22日(月)まで東京・市ヶ谷のDNPプラザにオープン! さっそく行ってきたのでカフェの見どころを余すことなくご紹介しちゃいます。

「懐かしい!可愛い!」が止まらない♡ふろく展示が楽しめるカフェ

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ 1,944円(税込)』は、タイトルの文字通りふろくに特化した内容となっていて、ふろくとイラスト写真が800点以上を掲載。水沢めぐみ先生、吉住渉先生、矢沢あい先生、小花美穂先生ら錚々たる顔ぶれによる、ふろくトークや、組み立てふろく付きなど、『りぼん』読者にはたまらない1冊となっています。

(C)吉住渉/集英社

(C)池野恋/集英社

ちなみに、同店で購入するとここだけのオリジナル特典としてオリジナルポストカード2種類セットがGETできます(もちろん購入しました)。

展示されているふろくはなんと私物!

同書の世界観を堪能できるということで、浮かれながら訪れました。『りぼん』読者だった筆者は看板を見た瞬間に気分が高揚!

自然光が差し込む店内の壁には、1年分のふろくがまるっと見られちゃう大型パネルなどが飾られています。

テーブル席の手前には、実物のふろく約100点ほどを展示! ここにある付録は同書の構成を担当された方の自宅で保管されていたもの。段ボールに入れて取ってあったんだそうです……。

結構なスペースを取るのでは?と思いきや「組み立てる前は非常にコンパクトなので、そんなことないですよ」とのこと。そうでした! 漫画に挟まるくらいコンパクトなのに、組み立てればわくわくが瞬時に広がっていくところがふろくの魅力ですよね♡

シールのふろくを見つければ、「手に入れたその日にはペタペタとTVのリモコンやらノートに貼ったな」と懐かしくなり、ティッシュのふろくを見つければ「もったいなくて使ってなかったのに、親に勝手に使われたことがあったな~」とあの頃のなんともいえない感情を思い出したり、さまざまなシーンが蘇ってきます。青春を『りぼん』と歩んできたんだなとしみじみ。

ありがとう!ちびまる子ちゃん

元・りぼんふろく担当編集・U氏とさくらももこ先生との思い出ふろくコーナーも。とくに秀逸だったふろくの思い出話などがパネルで展示されており、裏話を知ることができます。ほかにも、同店でしか知ることができないこぼれ話が散りばめられているので、要チェックです。

こちらのコーナーで特に気になったふろくが、「まるちゃん ハッピータイム・ノート」。すごろくが描かれているのですが、「丸尾君と同じクラスになる。3歩戻る」という「ズバリ悲しすぎるでしょう!」なマスが……。ふろくのクオリティの高さに改めて感嘆。

来場者限定プレゼント&ワークショップも開催

(C)池野恋/集英社

会場来場者には、ムック本のとじ込みふろく「Mini ランゼ ハミング・ラック」の印刷前見本がプレゼントされます。通称白ダミーというのですが、こちらを使った組み立て&デコレーションのワークショップを館内のフォトスペースで実施。同書のふろくを組み立てる前に、練習してみてはいかがでしょうか?

写真は、水沢先生、吉住先生、矢沢先生、小花先生の作例。よーく見ると、えんぴつの下書きの跡があり、現物なんだそう。貴重すぎて思わず硬直。『りぼん』読者にとって、値段がつけられないほど価値のあるものですよね!

6杯飲むしかない!コラボドリンク

次ページでは、カフェメニューをご紹介!

1 / 2

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY